季話§桃始笑~七十二候~啓蟄

啓蟄の次候“桃始笑(ももはじめてさく)”である。

春の季語に“山笑う”というのがあって好きな言葉の一つだが、日本
人の言語表現には、自然に感情があるかのような使い方をすることが
ある。

春の頃に古人が、様々な花が咲き出したり木々の緑が芽吹いたりする
様子を“笑う”と見立てた、その感性に拍手をしたい。

気候は相変わらず一進一退で、毎朝毎朝何を着て行ったらいいのかと
悩ましい限りである。

《天気のトピックス一覧》

"季話§桃始笑~七十二候~啓蟄" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント