悼話§坂上二郎さん(コント55号)

コント55号である。我々のお笑いの大きな部分を占めている昭和の笑
いの中で、もちろん重要な位置を占めているのだ。

坂上二郎と萩本欽一が繰り広げた……漫才というよりは、コントの速
射砲は、後に続くお笑いの人間たちに大きな影響を与えているのは当
然のことである。まさにテレビの笑いの先兵ということができる。

彼らがテレビに登場した最初期、コントがエスカレートしていった揚
句、どちらかが絶句したりという……それまでの相当な部分を台本に
沿って演じられた漫才とは、別物のようなお笑いに驚かされたことを
鮮やかに思い出す。

地震に紛れてエントリーが遅れたが、坂上二郎という人となりを忘れ
ることはないだろう。

《追悼のトピックス一覧》

"悼話§坂上二郎さん(コント55号)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント