筋話§牛丼屋の紅生姜・・・

ちょいと時間がなくてという時、立ち食い蕎麦屋とか牛丼屋などは、
手っ取り早くて重宝である。

それにしても不思議だなと思うのは、牛丼屋のカウンターにお約束の
紅生姜ボックスなのだ。

既にして何の疑問も感じずないままに、牛丼がやってくると唐辛子を
かけて、そこに紅生姜を思い思いにのせてかき込むという算段なのだ
が、誰が“牛丼に紅生姜”という組み合わせを思いついたのだろうか
と思う。

というわけで実は紅生姜好きだったりする。カレーの付け合わせにも
福神漬やらっきょうよりは紅生姜のほうが合っていると思っているく
らいで、もちろん焼きそばに紅生姜は当然過ぎて何を言えばいいのか
状態である。

さて、牛丼と紅生姜に話を戻す。このコンビネーションを形作るのは
煮込まれた牛肉の甘みと紅生姜の辛みが絶妙なハーモニーとなって、
口の中で踊りまくっているという仕組みなのだろう。

まさに先人の知恵の賜物というわけで牛丼が食べたくなってきてしま
った。久々に昼飯にでも行ってみようか。ちなみに“つゆだく”だと
か“ねぎだく”とかワザ物に興味はない。あえて言うなら、つゆは少
なめで白い飯が見えるくらいのほうがさっぱりと食べられるので好み
だったりするのだ。そしてもちろん紅生姜を少しばかり多めに。

《B級グルメのトピックス一覧》

"筋話§牛丼屋の紅生姜・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント