季話§天地始粛~七十二候~処暑

処暑の次候“天地始粛(てんちはじめてさむし)”である。

……寒いねえ。そりゃあ雨模様で涼しく過ごせた日もあったりはする
けれど、全体としてみれば“暑い”と言うしかないだろう。

それにしても、金曜日の雨は凄まじかった。ゲリラ豪雨ゲリラ豪雨と
呼んでいるが、ほとんど正規軍が猛スピードで大雨をもたらしたとし
か思えない降りっぷりだった。

おかげで帰宅の電車が10分近く遅れるというとばっちりも受けたのだ
が、明けて土曜日の昼頃に多摩川の鉄橋を渡ったら、水量は若干多い
という程度で、いかに短時間に集中して降ったかということが理会で
きたような気がしたのだ。

涼しいとか暑いとかを繰り返しながら、季節は粛々と秋へと移りゆく
のである。

《七十二候のトピックス一覧》

"季話§天地始粛~七十二候~処暑" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント