週話§土曜閑居~三月中村座~

2月の新橋演舞場に引き続いて、六代目中村勘太郎の襲名披露公演は
中村座へと移るのである。

今日観るのは夜の部。仁左衛門が浮世又平を演じる『傾城反魂香』と
口上に続いて『御所五郎蔵』では勘九郎が五郎蔵を受け持つ。最後の
『元禄花見踊』は、二十歳前の若手による舞台。

新橋では『土蜘』と『鏡獅子』の舞踊で目覚しい境地を見せてくれた
勘九郎が、昼の部で中村屋得意の『一條大蔵譚』の長成をどのように
演じるものか、日々刻々の成長を楽しみにしているのだ。という昼の
部は再来週に出かけることになっている。

【去年の今日】判話§ラグビーのジャッジメント

"週話§土曜閑居~三月中村座~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント