孤話§盛岡でわんこそば・・・一度だけ

一度だけ盛岡で“わんこそば”を食べたことがある。30年以上前の独
身一人旅の途中で、盛岡に途中下車してのこと。行った店は、一応は
名前の通ったここである。結論をさっさと言ってしまうのならば……

一人わんこそばは やめておけ!

……ということになる。これは、まさに経験から出た深い教訓として
以下を読んでいただきたい。

休暇旅行で東北を周っての帰途、盛岡から特急で東京に戻るのは遅い
午後だったので、盛岡散策をしつつ腹ごしらえの候補として、わんこ
そばを食べてみようと考えていたのだ。

目指す店までは駅からぶらぶら歩きで30分ほど。店に入ると、平日の
せいかあっさり座敷に通されたが、その座敷にぽつんと一人というの
は何とも居心地が悪いものである。

でもって“わんこそば”を注文した。ややあってイクラとかもみ海苔
といった小鉢と、汁が飛ぶのを防ぐ前掛けなどが到着。仲居さんとの
一対一という……何とも気詰まりなわんこ大会が始まった。

画像

始まってすぐに気づいたのは、これはグループでやって来てワイワイ
騒ぎながら楽しくわんこするという、言うなれば娯楽というか遊びな
のだということだったのだ。

まあ、ちょこっちょこっと次々に椀に入れられる蕎麦を手繰りながら
手持ちぶたさな仲居さんと世間話をする有様は、ゐとをかしである。
腹は減っていたが気分がはずむことなく、結局のところ平らげた数は
32杯という体たらく。仲間とワイワイやれば勢いで数十杯いけるとは
後で聞いた話である。

《蕎麦のトピックス一覧》

"孤話§盛岡でわんこそば・・・一度だけ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント