節話§蟷螂生~七十二候~芒種

芒種の初候“蟷螂生(かまきりしょうず)”である。

7月の京都は祇園祭の中に、蟷螂山(とうろうやま)という山がある。
長いこと焼け山だったのが1980年代になって再建されて巡行にも参加
するようになったのだが、この山のシンボルがカマキリで、しかも山
の中に人が入ってカマキリを動かすという仕掛け付きなのだ。

残念ながら実物を見る機会がいまだになく、いずれは祇園祭を見物す
る中で出会ってみたいものである。

《七十二候のトピックス一覧》

"節話§蟷螂生~七十二候~芒種" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント