悼話§桜井センリさん(ピアニスト)

桜井センリはクラシック音楽にも造詣が深く、一度か二度コンサート
会場で姿を見かけたような記憶がある。

背の高い石橋エータローと小柄な桜井による連弾ピアノに続くコント
のセンスのよさは子供心にも洒落てるなあと思った。後に続くドリフ
ターズなどと比べても、はるかに“品”のある上質なコメディを演じ
た“大人の集団”ではなかったか。

我がブログが始まって以降、植木等谷啓に続いて桜井センリも見送
ることになってしまった。

メンバーが7人のクレージーキャッツで最後に残ったのは、ベースを
担当していた犬塚弘の一人になってしまった。彼には少しでも長く生
きてもらいたいものである。

《追悼のトピックス一覧》

"悼話§桜井センリさん(ピアニスト)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント