交話§東急電鉄におけるターミナル喪失

先週、東急東横線が副都心線と相互乗り入れを開始したことで、東急
の路線で、都心(ここでは山手線を指す)における、いわゆるターミナ
ル駅は池上線終点の五反田を残すのみとなってしまった。

山手線と接続している私鉄でターミナル駅でなくなったところはとい
うと、京浜急行の品川駅が早々と都営地下鉄と相互乗り入れを始めて
いるが、京王井の頭線渋谷駅、京王線と小田急線の新宿駅、西武新宿
線新宿駅、西武池袋線と東武東上線の池袋駅、そして京成線上野駅と
いった駅達は頭端式ホームでターミナルの面目を保っている。

京王線は都営地下鉄新宿線と相互乗り入れをしているが、新線を乗り
入れ用としているし、小田急線は代々木上原で千代田線に逃がすとい
う運用をし、西武池袋線と東武東上線もターミナルに入れずに手前で
副都心線に逃がしているのだ。

そういう意味で、ターミナルでなくなった東急渋谷駅は、巨大な相互
乗り入れの中の主要な駅ではあっても、前後に行き先のある通過駅と
いう立場になってしまった。

そうなったことを一番強く実感しているのは、これまでに渋谷駅ター
ミナルで日常の乗降をしていて、それがつい先日に高架から地下へと
潜らされてしまった人たちであろう。

あまつさえ帰宅ラッシュ時の渋谷始発が数本となってしまったことで
その思いは倍加することに違いない。

《京王線のトピックス一覧》

"交話§東急電鉄におけるターミナル喪失" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント