季話§鴻鴈北~七十二候~清明

清明の次候“鴻鴈北(こうがんかえる)”である。

春先のこととて天気は不安定で、気温も上がったり下がったりで何を
着て外出したらいいものかと悩ましい毎日だが、自然界は順調に春の
装いに精を出している。

ついこの間も書いたように、この季節の若葉が好きだ。薄い緑が白が
かって見える……使い古した表現で言うならこれこそ“生命の息吹”
の象徴ではないだろうか。

今週の初め、ウグイスが“ホーホケキョ”と上手く鳴いてくれたのに
続いて、細かく“チュク チュク チュク!”と、久しく聞かなかった
鳴き声に近くの木を見上げたら、懐かしやメジロがおったのである。

最近は捕獲禁止で飼うことができなくなったメジロだが、もう50年も
前だったか、父親がメジロをもらってきて飼ったことがあったのだ。

細い木組みのかごに一羽、毎日父親が練った餌を与えていたが、つが
いではなかったので一年も経たないうちに死んでしまった。父親は、
2回か3回繰り返したところで飽きてしまい、次いで飼い始めたのは
“鈴虫”なのだった。

《七十二候のトピックス一覧》

"季話§鴻鴈北~七十二候~清明" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント