惜話§夏季休暇~ドレスデン即オペラ~

[承前]

フライトのチェックインを済ませ、ボディチェックを受けて搭乗エリ
アへ。そこで軽くランチをしたのが13時頃のことで、ミュンヘンから
ドレスデンへは15時過ぎ離陸予定。

飛んでくれる飛行機は数十人乗りのボンバルディア小型ジェットで、
フィンガーから客室ではなく、久々の“沖留め”につき、しばしバス
に揺られての道行。

およそ定刻に飛び立って一時間足らずの16時頃には5年ぶりのドレス
デン空港に着いていた。荷物をピックアップしてタクシー乗り場に。
20分ほどで新市街の、これも5年ぶりとなるホテルに到着した。

5年前までの宿泊料金は身分不相応だったのが、今回は半額以下とい
う値付けに、ホテルが増えているであろう観光都市ドレスデンの競争
を想像したのである。

いつもよりは小ぶりな部屋が提供されたが、二人だったら十分すぎる
スペースで問題はない。荷解きをして衣類をクローゼットに、グルー
ミングを洗面所になどと雑用をやっているうちに時間は緩やかに過ぎ
ていき……ドレスデンに到着して3時間後に開演するオペラに出かけ
る時間が近づいてきた。

この日の公演は『フィガロの結婚』で、チケットはとっくの昔に確
保してあるので、さくさくと身支度して18時頃にはホテルを出てゼン
パーオパーへ。ホテルから歩いても10分ほどだが、不精をして停留所
一つだけ市電に乗っていく。切符を買って待つこと数分、トコトコと
やってきた市電に乗ったのだ。
                            [続く]

《オペラのトピックス一覧》

"惜話§夏季休暇~ドレスデン即オペラ~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント