遙話§東京マラソン~高みの見物~

というわけで日曜日の花形歌舞伎昼の部と東京マラソンが重なってし
まった。

10時半前に銀座着。地下鉄から地下道に出ると、いつもの休日以上の
人出である。参加しているランナーの知人、友人、家族がないまぜの
応援団が、あっちへうろうろ、こっちへうろうろ。地上出口も規制さ
れているようで、ちょいとばかり混雑した地下道からデパ地下に入っ
てお昼の弁当を調達し、地上に出ないまま歌舞伎座に向かう。

歌舞伎座に入場した10時半過ぎは、スタートして1時間20分経過だっ
たので、トップグループは26km付近を走っていたと思われるので、ま
だまだ姿は見えなかったのだ。

その後、最初の幕間が12時過ぎから35分ほどの時に外を見ると、既に
一般ランナーが続々と通過しているようだった。その時間帯を走って
いたグループがサブ4(4時間切り)を目指すグループで、見た目はな
かなかに元気なフォームと足取りに思われた。

どうやらその頃に、会社関係の知り合い(女性)が通過していったらし
く、結果を聞くと3時間58分54秒で、10回目のフルマラソンという区
切りを見事サブ4でフィニッシュしたのである \(^o^)/

その後、2回の幕間休憩(13時半過ぎ、14時20分過ぎ)と、ランナーの
様子を観察していると、13時半時点では走っている中、ちらほらと歩
く参加者が見えるようになり、最後の休憩で観察すると過半数が歩い
ているように思われた。

歌舞伎座付近を通過する時間制限は6時間。終演時間は15時ちょいと
過ぎていたので、既に車の往来が始まっていた。あっという間に“祭
りの後”の東京に戻っていたのである。

《スポーツのトピックス一覧》

"遙話§東京マラソン~高みの見物~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント