麦話§普通のラーメン3種で満足

一か月ほど前に、ネットのグルメページで評判の高いラーメン屋に行
き、がっかりして店を出たおっさんはワタシです。

今回の経験でしみじみ自分はグルメでないことが再確認され、同時に
ラーメンの好みはこれ!というものが確定したのでお知らせしておき
たい。

要するに、いわゆる“中華そば”“味噌ラーメン”“野菜タンメン”
以上3種の普通のラーメンさえあれば満足できるということなのだ。

豚骨だの何ちゃらなWスープなんか要らない。昔ながらのスープで作
ってくれればそれで十分においしいではありませんか。

“グルメなラーメン”に血道を上げるのは、個人の嗜好だから一向に
かまわない。だが、世間がこぞってグルメなラーメン一辺倒になると
したら“ちょっと待て!”と押し留めたい。

逆に聞いてみたいのだが“普通でおいしいラーメン”ではいけないの
かと。そういうラーメンでは“仕事をしていることにならない”のか
と小一時間。そう考えると、昨今の“ラーメン・グルメ”の異様さが
際立ってくるような気がするのだ。

鶏ガラをメインに、ごくごく基本的な材料を使ってていねいにスープ
を作り、細打ちのちょっとチリチリした麵を茹で、どうってことのな
いチャーシュー、メンマ、ナルトにほうれん草を少し。

単純な醬油味の透明なスープの中華そばの、どこが手抜きかと思う。
味の工夫、新しいことへの挑戦は必要なことだとは思いつつ、上で挙
げた基本的なラーメンをないがしろにしてはいけないのである。

《ラーメンのトピックス一覧》

"麦話§普通のラーメン3種で満足" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント