季話§乃東枯~七十二候~夏至

夏至の初候“乃東枯(なつかれくさかる)”である。

ドイツやオーストリア……もっと大雑把にヨーロッパの人達に向かっ
て“日本は数日ごとに季節が移ろっていく”と言っても、何のことか
理解してもらえないだろうと思う。

この日から8泊するオーストリア・アルプス端っこの山村は、酪農が
盛んで乳製品が売り物の地域である。空気はヨーロッパのそれで乾燥
してはいるが、それでもいくぶんかであるにしても、湿り気の存在ら
しきものを感じることができる。

どうやら、うまいチーズ作りに必要なバクテリアが生きるのに必要な
空気がこの地域にあって、それは日々低くたなびく白い雲や、朝夕の
霧に育まれるということのようだ。

一週間ちょっとだが、せいぜいチーズの味を覚え、そして堪能して日
本に帰ってくることにしよう。

《七十二候のトピックス一覧》

"季話§乃東枯~七十二候~夏至" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント