無話§風邪~インフルエンザ~の後遺症少し

風邪だと思ったらインフルエンザにもなってしまい、夫婦して意外に
も臥せる期間が長くなってしまった。症状そのものはタミフル処方の
おかげもあって、1月17日頃までには落ち着いたのだった。

落ち着きはしたものの、何となく風邪っぽさを引きずってしまって、
これがよく眠るのである。ひどい時には21時に床に入って、目覚めた
ら8時半に近かったという日もあったりして、眠れるのは健康な証拠
と思いつつ、ずいぶんだなあとも思ったのである。

こうなると、ここ10年ほどの老人性早起きもどこへやらとなって、本
当に起きないのである。時には夜中にトイレに起きるような状況が多
かったのが、ここのところは一度寝てしまったら、7時過ぎまでしっ
かり床に釘付けなのだ。

そこまではいいのだが、ちょっと困った後遺症を引きずっていて、そ
んな睡眠のおかげなのかどうか……頭が働かくなっているのである。

特にブログのテーマを思いつかなかったりして、ちょっと思考が休暇
中であるように感じてしまう。何というか、頭の中が空っぽのような
そんな気がするのだ。

本人はそんなつもりはなかったけれど、身体のほうが自主的に休むこ
とをしたのかもしれない。

《健康のトピックス一覧》

"無話§風邪~インフルエンザ~の後遺症少し" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント