過話§備忘録的な何か~2017年12月25日付~

【備忘録】

12月8日……ランチョン納め。この日の午後は、会社OB会の書類作
成をした。順調にこなし、2時間ほどで御役御免となった。事務局を
出た後、雑用をいくつか済ませたところで16時が過ぎたので、神様も
お目こぼししてくれるはずと勝手に一人決めてランチョンに入った。

画像

日没直前の、まだ十分に明るい世間を窓越しに眺めながら呑むアサヒ
のマルエフのうまさよ!……はて、こんなにうまかったかなと思った
が、考えてみればこのところ月一くらいでしか呑むチャンスがない。

会社で仕事をしていた時は、10日に一度くらいは顔を出していたから
ビールの味に慣れ切っていたに違いない。これこそがまさに過猶不及
(過ぎたるは猶及ばざるが如し)だと思った。

なので、ランチョンでの生おビールは2杯に留め納めておいた。よう
やく世間も暗くなったところで小腹が空いてきた。しかたがないので
2軒目は三幸園の納めだ。餃子一皿を注文しつつ、中生も忘れない。

画像

ようやく人心地ついたところで紹興酒を常温で1杯。締めに軽く半チ
ャーハンをいただいて、意気揚々と神保町を後にしたのである。

同じ日、同居人が電子レンジを使って蓄熱する“ゆたぽん”を就寝時
に使い始めた。

12月9日……我が家前の道路に並ぶ辛夷(コブシ)の枝に、小さな綿帽
子が芽を出しているのを見つけた。

画像

毎年、2月頃に綿帽子の存在に気づくが、はてさていつ頃から出てき
ているものかがわからなかった。今回こうして気がついたので、おお
よそ11月末には芽吹いているようだ。

辛夷の花が咲くのは、例年3月半ば頃くらいだから、晩秋に始まって
寒い冬を綿帽子の中で過ごしているのだ。

……年末に見つけた“春”である。

《私事のトピックス一覧》

"過話§備忘録的な何か~2017年12月25日付~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント