過話§備忘録的な何か~2018年5月21日付~

5月6日……夜、照明を点けずにキッチンでごそごそしていたら、床
に輪ゴムのようなものが落ちているのが見えたので、拾い上げようと
したその瞬間、チクリとした痛みが親指の先に走った。

何事ならんと照明を点けてみたら、床にいたのは“ムカデ”だった。
迂闊といえば迂闊な話だが、そもそもムカデが家の中にいるなどと、
誰が考えるだろうか。

「おまえはどこから来たんだ?」と問いかけても、ただ蠢いているだ
けの存在なので、丁重につまみ上げ、表へとお引き取り願ったのだ。

さて、その後はムカデに攻撃された指先の治療をせねばと、簡単に消
毒して、虫刺されの薬を塗ったが、調べてみたら45度くらいのお湯で
傷口を消毒し毒分を弱めるのがいいとあったので、しばし熱めにした
お湯で流してやり、その後もう一度虫刺されの薬を塗って治療完了。
翌朝には痛みが引いていたのでほっとした。

それにしても気になる侵入経路ではある。5月頃は親ムカデの活動期
なんだそうで、存在が明らかになった以上は、何らかの対策を施さね
ばならないと思うのだ。

緑豊かな環境の中で暮らしている以上は、様々な虫を眼にするわけで
そんな中には、あまりおつきあいしたくない虫もいるから、それなり
の方策を講じるだけのことである。

《私事のトピックス一覧》

"過話§備忘録的な何か~2018年5月21日付~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント