変話§天地始粛~七十二候~処暑

処暑の次候“天地始粛(てんちはじめてさむし)”である。

8月もいよいよ終わりが近づいてきた。日の出は5時9分で、日没は
18時15分となり、世間は遅く明るくなり、ずいぶんと早く暮れるよう
になってしまう。

もうそろそろ照明なしで風呂に入るのも終わりである……もっとも、
18時早々に風呂に入ることなどはないのだけれど。

ちょっとうら寂しい季節が近づいてきてはいるが、暑さだけは相変わ
らずである。だからまだ、立食い蕎麦屋に入っても食べるのは冷した
ぬきで、これから先に温かい蕎麦に変わるのは10月に入ってのことに
なるだろう。

残暑は、なおも続くのだ。

《七十二候のトピックス一覧》

"変話§天地始粛~七十二候~処暑" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。