生話§旅は反省の繰り返しと経験の積み重ね

“旅は気まぐれ世は情け”とは言うものの、そうそう旅先で他人様の
力を借りるというわけにはいかず、可能な限りは自分の頭で考えて、
あれやこれやを乗り切っていかなくてはならない。

そこで必要なのが過去の旅行を反省して、そこから学ぶことである。

それはもう、およそ多岐にわたっていて、飛行機をはじめとした交通
関係から、宿泊のあれこれ、そして現地の気象状況……もちろん、そ
れ以外にもたくさんあって、いちいち挙げきれるものではない。

例えば現地の天気についてだが、これこそ侮るなかれな問題である。
いつぞや……20年ほど前のことだから、まだまだインターネット普及
前だった。9月はじめにベルリン旅行した時、3シーズンの三つ揃え
スーツを持って行ったら、これが暑かった。

これに懲りて、主に旅行する6月から9月にかけては、軽めのジャケ
ットにパンツというスタイルに決めた。それで、もしも寒かったら、
ジャケットの上から何かを着ることにしたのである。

そうして過去の、特に失敗したことを反省材料にして、次の旅行、そ
の次の旅行へと活かしていくのだ……“失敗から学ぶ何とやら”なの
だ。

そして今や、ネットの力に多くを負っての旅行という、新しい形態が
生まれたようで、前もって取り込める情報が、新鮮で豊富であること
はありがたいものの、デメリットとして“予定調和”が生じることも
また覚悟しなければならない。

《海外旅行のトピックス一覧》

"生話§旅は反省の繰り返しと経験の積み重ね" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。