テーマ:宗教

呟話§一言つぶやき~のめり込む人~

淡泊というわけではなけれど、あれやこれやにのめり込むような…… ……質でないのは、自分自身がよくわかっているのだが、人それぞれ とは言えど、何かに取りつかれたように物事にのめり込む人を見てい ると、それもまたいささか宗教がかってしまっている様子に、さらに 醒めた視線を向けてしまいそうになる。 《つぶやきのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~貴乃花騒動~

いわゆる“貴乃花騒動”がようやく決着したらしいのが3月末の…… ……ことだと思われるが、長年大相撲を見ている人間にしてみれば、 相撲協会も問題が多いというのは、言うまでもないことではあるが、 それ以上に貴乃花に問題があったのは過去の行状からもはっきりして いることで、そうした一連の流れを知らない半可通が改革の旗手だな どと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祈話§神頼みの効能?

プロ野球ドラフト会議が行われたのは先々週のこと。違和感を覚えた のはクライマックスシリーズと日本シリーズ合間に行われたことで、 何というか“それはないだろう”という印象を抱いてしまった。 その件については後で書くことがあるかもしれないが、今回は抽選に まつわる神頼みというか験担ぎの話である。 それは、例の重複指名による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠話§小平霊園散策雑感

小平霊園で自分たちの“樹林型合葬埋蔵施設”を見た後、30分程だが 墓地を散策した。あらかじめ著名人の墓の位置を記した案内図を用意 していたのだ。 最初、目に立ったのはキリスト教の墓の多さで、考えてみれば教会に 墓地はなく、都営霊園のような公的墓地で何とかしなくてはならない のだ。下は三崎町教会(たぶん)の墓地で、信者が入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜片々~お釈迦様の誕生日は~

ベツレヘムに生を享けたキリスト教開祖の誕生日は盛大なものだが、 インドで生まれた仏教の開祖の誕生日には仏教徒ですら大きな関心を 寄せていないということがわかる。 我が家近くのスーパーマーケットは店の名称からして仏教と関わりが あるらしく、この日は店の入口に天と地を指さしている誕生したばか りの小さな釈迦像が花飾りされた小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~不安定な世界秩序~

1989年、東欧ドミノ革命が成功した頃に思ったのは、東西冷戦が…… ……終息することで、世界の秩序が安定に向かってくれるということ だったが、あれから四半世紀が過ぎて世界の不安定さは、さらに悪化 への道を進んで解決への糸口は見えず、無差別テロの増加を打開する のに強権の発動は何ら有効策とはならないまま、世界は底知れない混 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鷲話§今日は二の酉までで

今年は二の酉でおしまいである。計算してみたら、11月6日が酉であ るなら11月30日がぎりぎり酉にあたって、三の酉あるのだ。ちなみに 2017年がその暦で、しかも来年は酉年という巡り合わせなのである。 去年は大國魂神社の三の酉にお参りして、熊手をいただいてきた…… 子供の頃、実家のあったところでは恵比寿講として行われてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩話§一日一句~教会の墓地にて~

季語は・・・墓洗う 朝まだき 十字架の墓 洗う人 オーストリアなのでキリスト教でも、そのほとんどがカトリック信者 である。目と鼻の先の国境を越えればスイスだが、あちらはプロテス タント系が強い地域だったりする。 場所柄であるのかどうか敬虔な信者が多そうで、滞在しているホテル の目の前に建つ教会の裏手には小ぢんまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雅話§百人一首考[75]~ちぎりおきし~

[承前] 藤原基俊(ふじわらのもととし) 契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり 親バカの一首だそうである。僧職にある息子を興福寺維摩会の講師に なれるよう関白太政大臣藤原忠通に依頼したものの、結局は叶わなか ったことへの怨み言を詠んだ歌なのだそうだが……何だかなである。 そもそもそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜草々~酉の市始まった~

5日の木曜日が一の酉で、17日が二の酉、29日が三の酉である。三の 酉まである年は火事が多いというが、これからすると三の酉まである のは、一の酉が11月1日から6日までの年ということになる。 夫婦して人ごみが苦手なものだから、ついぞこういう催しに出かける ことは少ない。何年か前も、新宿花園神社のお酉さまに行ってはみた もの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雅話§百人一首考[66]~もろともに~

[承前] 前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん) もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし 修行僧時代の行尊が詠んだ一首である。平安時代ということを考える ならば、なかなかに厳しく、なかなかに寂しい修行環境だっただろう と想像する。 歌を詠むとは、自分の中のイマジネーションをフル稼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~自己中→自公中~

公明党を支える巨大宗教組織にあっても、信者内から戦争法案に…… ……反対の声を上げる人たちが出てきたことに、心強いものを感じる とともに、まだ眼を覚まそうとしない自民党と公明党の政治屋と支持 者に対しては、謹んで“自公中”という言葉を献じておきたい。 《つぶやきのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雅話§百人一首考[11]~わたのはら~

[承前] 参議篁(さんぎたかむら) わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟 なんとも豪快な一首であると長いこと思っていたのだが、参議篁と呼 ばれている小野篁(おののたかむら)は、遣唐使で渡航に失敗すること 2度、3度目の渡航の時は、遣唐大使とトラブルを起こして、渡航を 拒否したことで、篁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜日乗~七五三の日~

3歳の時は弟が生まれて1年ということもあって、おそらくは慌しい 中だったがゆえに、七五三はパスされてしまったのだろう。 5歳の七五三は、3歳の弟と一緒だった。物心つくかつかぬかという 頃だったから、親の為すがままに……だから“3歳をしてくれなかっ たんだね”などと恨み言を口にすることなど、あるはずもなかった。 記憶が正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~お地蔵様~

[承前] 正式には“日限地蔵尊観音院”なのだが、誰ひとりとして正式名称を 呼ぶことなく“お地蔵様”と呼んで親しまれている……そんな小さな お寺が生まれ故郷の通学区域の中にある。 親しまれる理由は至極単純で、毎月24日が縁日で参道に屋台が立ち並 ぶという、プチ祭りがあるからなのだ。 平日だったら学校が終わってから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝話§戦争をしない! 武器を輸出しない!

東京新聞の140字コラムを紹介しておく。ツイッターとちょうど同 じ字数というのが、おもしろい偶然か、あるいはツイッターを意識し てのことか。 あまりにもあたりまえのことが、軽々と破られてしまうことで、日本 という国は、戦争に荷担することを決めてしまおうとしている。あま つさえ武器輸出の容認など、間接的に人殺しをするとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§仁和寺の法師を笑えずや・・・

下の文章は兼好法師の『徒然草』第五十二段“仁和寺にある法師”の 件である。少なからぬ人は高校時代の古文で読んでいるはずなので、 ああ、あれかと思うであろう。 仁和寺にある法師、年よるまで石清水を拜まざりければ、心憂く覺えて、ある時思ひたちて、たゞ一人徒歩より詣でけり。極樂寺・高良などを拜みて、かばかりと心得て歸りにけり。さて傍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more