テーマ:チェロ

新話§エリック・マリア・クテュリエのチェロ

1972年生まれのエリック・マリア・クテュリエは22歳でパリ管弦楽団 に入り、その後アンサンブル・アンテルコンタンポランのメンバーに なった、現代音楽のスペシャリストと言っても間違いではなかろう。 バッハの無伴奏チェロ組曲が2曲聴けるからと、それ以外のプログラ ムは観ることもせず、何気なくチケットを買って行った武蔵野文化会 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§ニコラウス・アーノンクール引退

チェロ奏者から古楽器演奏の指揮を始め、さらにウィーン・フィルや ベルリン・フィルといったモダン・オーケストラの指揮まで手を広げ た御年86歳のニコラウス・アーノンクールが引退すると宣言をした。 彼の実演に接したのは1980年、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス を引き連れての初来日公演だったが、勇躍出かけた新宿文化セン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川話§ジャン=ギアン・ケラス~バッハ~

先週土曜日の午後、オペラシティ大ホールでジャン=ギアン・ケラスの チェロ独奏によるバッハの無伴奏チェロ組曲全曲演奏を聴いてきた。 2回の15分休憩を挟んでの曲順は以下の通り。 無伴奏チェロ組曲 第1番 G-Dur BWV1007  無伴奏チェロ組曲 第4番 Es-Dur BWV1010  ---休憩--- 無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜雑感~バッハ無伴奏チェロ組曲~

バッハが作曲した6曲の無伴奏チェロ組曲全曲を演奏するリサイタル に行ってくる。チェロ独奏はカナダ生まれのジャン=ギアン・ケラス。 20年くらい前に一度、ヨーヨー・マの全曲演奏会を聴いているが、こ れは演奏するほうも、聴くほうも“修行”をするがごとくという表現 そのものと言っていいくらいの濃密な時間なのである。 使い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流話§バッハ無伴奏チェロ組曲第5番

先週金曜日の昼30分ほど、神保町の岩波書店本社1階のホワイエで、 ウィーンフィルのソロ・チェロ奏者タマーシュ・ヴァルガのチャリテ ィ・ミニコンサートが行われた。 曲目はバッハの無伴奏チェロ組曲第5番。ヴァルガの淀みなく深々と した独奏を、ほんの数m足らずという間近で聴いたことで、バッハの 巨大さを否応もなく感じ取ることがで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more