アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「富士山」のブログ記事

みんなの「富士山」ブログ

タイトル 日 時
興話§一日一句〜同質の美〜
季語は・・・赤富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/30 00:02
興話§一日一句〜頭を雲の上に出し〜
季語は・・・雲海 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/04 00:02
興話§一日一句〜消え行く姿惜しみつつ〜
季語は・・・行く春 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/12 00:02
継話§桃始笑〜七十二候〜啓蟄
啓蟄の次候“桃始笑(ももはじめてさく)”である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/11 00:01
興話§一日一句〜水蒸気の中に〜
季語は・・・春富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/08 00:02
興話§一日一句〜神々しく聳えて〜
季語は・・・初富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/07 00:01
遊話§一日一句〜外は寒いよ〜
季語は・・・冬の朝 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/03 00:01
週話§日曜片々〜朝の気温〜
朝方の気温がコンスタントに一けた台を記録するようになってきた。 日々、西側にある洗面所の扉を開けて富士山の様子を眺めるのも、こ の季節ならではである……寒いけど。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/03 00:00
過話§備忘録的な何か〜2017年11月7日付〜
【備忘録】 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/07 00:00
遊話§一日一句〜空気も澄み切って〜
季語は・・・秋惜しむ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/04 00:01
遊話§一日一句〜晩秋にさしかかり〜
季語は・・・櫨(はぜ)の実 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/22 00:01
遊話§一日一句〜初冠雪はまだ〜
季語は・・・葉月尽 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/31 00:02
遊話§一日一句〜残雪も消えて〜
季語は・・・雲の嶺 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/29 00:01
遊話§一日一句〜残雪は八合目から上〜
季語は・・・雪解け富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/21 00:02
遊話§一日一句〜横山大観描くところの〜
季語は・・・皐月富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/16 00:02
週話§日曜片々〜4月おしまい〜
何とも……4月は過ぎ去るのが速かったが、明日は皐月5月である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/30 00:00
遊話§一日一句〜朧月に照らされて〜
季語は・・・春宵 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/15 00:02
残話§空の青が徐々に浅くなると
如月2月も今日限り、明日は弥生3月である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/28 00:00
環話§黄鶯なく〜七十二候〜立春
立春の次候“黄鶯睍v(うぐいすなく)”である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/08 00:01
遊話§一日一句〜ダイヤモンド富士の刻〜
季語は・・・冬富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/02 00:02
遊話§一日一句〜空気中の水分多めで〜
季語は・・・冬霞 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/12 00:02
遊話§一日一句〜より一層寒々しくて〜
季語は・・・寒の入 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/10 00:02
詩話§一日一句〜最寄り駅への道すがら〜
季語は・・・白富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/27 00:02
詩話§一日一句〜年の暮れにひときわの姿〜
季語は・・・冬富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/23 00:02
詩話§一日一句〜青空を背景に聳え〜
季語は・・・凍てつく ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/21 00:02
詩話§一日一句〜サッシ枠の緩みきて〜
季語は・・・隙間風 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/03 00:01
詩話§一日一句〜初冠雪の候となって〜
季語は・・・山粧う ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/04 00:02
詩話§一日一句〜冠雪なくて真っ黒く〜
詩話§一日一句〜冠雪なくて真っ黒く〜 季語は・・・秋の暮 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/23 00:02
顧話§今日の歴史〜曾我の五郎と十郎〜
1193年6月28日、曾我兄弟の仇討ち。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/28 00:00
詩話§一日一句〜早起きすれども〜
季語は・・・梅雨晴れ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/18 00:01
詩話§一日一句〜徐々に姿を隠して〜
季語は・・・皐月尽 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/31 00:02
遥話§こんなところから富士山が・・・・・・
遥話§こんなところから富士山が・・・・・・ 高いところから西の方向を眺めて富士山が見えるかどうか探すことは “習性”ようなものだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/26 00:01
詩話§一日一句〜春霞ぼうっと〜
季語は・・・卯月尽 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/30 00:02
師話§そうだ京都!〜また来るぜ〜
師話§そうだ京都!〜また来るぜ〜 [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/01 00:00
詩話§一日一句〜ぼうっとした姿が〜
季語は・・・春霞 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/25 00:02
週話§土曜些事〜春の陽気と富士山〜
我が家付近の10日間予報では、3月に入ると徐々に気温が上昇するこ とになっていて、今日も最高気温が15度近くまで上がるという御託宣 である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/05 00:00
詩話§一日一句〜富士山の姿おぼろに〜
季語は・・・地平線 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/22 00:02
詩話§一日一句〜PM2.5などと無粋なり〜
季語は・・・霾ぐもり ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/30 00:02
詩話§一日一句〜大陸からの黄砂飛来〜
季語は・・・霾天 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/27 00:02
詩話§一日一句〜我が家の開花は週末か〜
季語は・・・桜 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/26 00:02
詩話§一日一句〜そして一番星瞬いて〜
詩話§一日一句〜そして一番星瞬いて〜 季語は・・・春夕焼 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/02 00:02
雅話§百人一首考[4]〜たごのうらに〜
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/10 00:00
化話§黄鶯なく〜七十二候〜立春
立春の次候“黄鶯睍v(うぐいすなく)”である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/09 00:01
武話§東京奥座敷の山々
武話§東京奥座敷の山々 少しばかり曇り空だった水曜日、ホームから西の方を見やると、雪を かぶった奥多摩の山々が、くっきりと姿を現していた。電車が来るま でしばしの眼の保養である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/08 00:01
諧話§一日一句〜ダイヤモンド富士山〜
季語は・・・陽短く ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/07 00:02
気話§蟋蟀在戸〜七十二候〜寒露
気話§蟋蟀在戸〜七十二候〜寒露 寒露の末候“蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)”である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/18 00:01
諧話§一日一句〜里の雨は山の雪〜
季語は・・・初冠雪 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/17 00:02
野話§二週連続颱風始末之記
野話§二週連続颱風始末之記 台風18号、19号と、2週連続して月曜日の日本列島に襲来した。10月 としては珍しいことなのだそうだ……確かに記憶には残っていない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/16 00:01
諧話§一日一句〜台風一過の朝〜
季語は・・・秋晴れ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/15 00:02
諧話§一日一句〜目にはさやかに見え〜
季語は・・・立秋 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/07 00:02
週話§土曜日乗〜頭を雲の上に出し〜
富士山である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/02 00:00
諧話§一日一句〜富士山まだ残雪が〜
季語は・・・五月晴れ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/14 00:01
戯話§一日一句〜春の陽射しを浴びて〜
季語は・・・春富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/12 00:02
諧話§一日一句〜残雪の山容しばし〜
季語は・・・山笑う ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/22 00:01
諧話§一日一句〜時には遠くに視線を〜
季語は・・・冬富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/02 00:01
週話§日曜日乗〜来週は大寒〜
この水曜日くらいから気温がぐんぐんと下がって、木曜日頃は東京で も雪模様という予報だったが雪が降ることはなく、気温だけが下がっ たのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/12 00:00
諧話§一日一句〜快晴青空の下〜
季語は・・・年の瀬 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/29 00:01
軌話§京王線あれこれ[24]富士山と笹塚
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/04 00:01
諧話§一日一句〜朝の眠気も覚める〜
季語は・・・冬めく ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/15 00:02
諧話§一日一句〜昨日目覚めた外は〜
季語は・・・梅雨明け ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/08 00:02
週話§日曜雑感〜6月最終日〜
ああ、今年も半分が過ぎてしまったと思いながら、今年の元旦のエン トリーを眺めてしまった。1月1日から富士山が見えたとはめでたい 年の初めだったが、それも既に半年前のことで明日から7月である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/30 00:00
季話§霞始靆〜七十二候〜雨水
雨水の次候“霞始靆(かすみはじめてたなびく)”である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/23 00:01
諧話§一日一句〜地平線は水蒸気多め〜
季語は・・・春富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/22 00:02
軌話§京王線あれこれ[7]富士山を見る
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/21 00:00
諧話§一日一句〜名残りの姿しばし〜
季語は・・・春空 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/10 00:01
休話§年末年始日記[2013年1月1日(火)]
目覚めれば東京都下三多摩南部は、雲一つなく快晴の元旦。我が家の ベランダからはささやかではあるが富士山が怜悧な姿を見せてくれ、 これからの一年を寿いでくれた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/02 00:00
諧話§一日一句〜往く秋を〜
季語は・・・秋惜しむ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/30 00:01
週話§土曜閑居〜富士山冠雪〜
金曜日の朝、富士山が冠雪していた。前日からの雨模様と気温の低下 で、かなり標高の低いところまで降雪したようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/20 00:00
比話§高尾山より高い東京スカイツリー
ふと思うことがあって高尾山の標高を調べたら599mだと知った。 ……スカイツリーより135m低いのだ、お立ち会い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/29 00:00
凛話§富士山が夏の夕べに・・・
いつもの夏と同じような大気の状態ではないのかどうか、この夏は、 京王線の帰りに多摩川鉄橋付近で、影のようになった富士山のくっき りとした輪郭を見ることができる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/20 00:02
諧話§一日一句〜夏には珍しく〜
季語は・・・空高く ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/17 00:01
諧話§一日一句〜珍しく夏の車窓から〜
季語は・・・夏富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/02 00:01
霊話§我々の富士山・・・
数年前に逝去した指揮者の岩城宏之が書いたエッセーの中で……日本 に戻る飛行機が、本州に近づいたことが感じられたその瞬間から…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/10 00:00
諧話§一日一句〜しばしの別れ〜
春厳寒 玲瓏名残 遠見富士 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/14 00:01
節話§芹乃栄〜七十二候〜小寒
小寒の初候“芹乃栄(せりすなわちさかう)”である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/06 00:02
季話§楓蔦黄〜七十二候〜霜降
霜降の末候“楓蔦黄(もみじつたきばむ)”である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/03 00:01
週話§土曜呟き〜秋の夕陽に〜
今日の東京地方の日没は17時07分。12月上旬に16時28分という最速の 日没時間が近づいてきている。さすがにというか、寂しいものがある のは毎年この時期に感じることである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/15 00:00
週話§日曜呟き〜春めいた金曜日〜
さすがに2月も下旬が詰まってくると、陽気が突然に春めいてくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/27 00:00
季話§霞始靆〜七十二候〜雨水
雨水の次候“霞始靆(かすみはじめてたなびく)”である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/24 00:01
呟話§一言つぶやき〜寒の超戻り〜
今朝、我が家の外気温も測れる気温計の表示は2度とちょっとの…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/30 07:17
週話§気まぐれ祝日〜冬至を過ぎて〜
昨日が冬至ということだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/23 07:20
無話§冬の富士山の表情
真夏のシーズンでコンディションが良好であれば老若男女を問わず、 標高3776m、日本の最高峰である富士山の頂上にたどり着くことは可 能だが、冬季となると様相が激変する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/19 09:42
週話§気まぐれ祝日〜文化の日〜
文化の日である。ではあるが文化的な何かをする予定は・・・ない。 というか、こういう休日はのんびりと過ごすに限るのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/03 07:43
望話§富士山が山手線から見えな・・・
先々週のニュースで、山手線内から唯一か所だけ見えていた富士山が 建物ができたおかげで見えなくなってしまったということだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/26 07:16
週話§気まぐれ週末〜富士山久しぶり〜
今朝起きて浴室の窓から外を見たら、真っ白に冠雪した富士山の姿が 見えた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/11 08:18
休話§年末年始日記[2008年12月27日(土)]
朝から日没まで富士山がくっきりと見えた。特に夕方の影富士は、空 の色が見事なグラデーションになっていてしばし見とれてしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/28 10:08
曙話§四月 卯月・・・遊びをせむとや
3月は、冬の名残が強く感じられ、春を実感する心の余裕に乏しい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/01 12:01
週話§土日短信〜富士山と春霞〜
春霞の中、今朝も富士山が見えた。と思っているうち、昼前には霞の 中に埋もれてしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/22 11:40
週話§土日短信〜富士山は見えるか〜
2月も終わり、3月に突入した。雲ひとつない快晴の日であっても、 水蒸気が増えて春霞の出現が多くなる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/02 09:12
頂話§頭を雲の上に出し
年末から三が日、松の内までのほぼ毎日、我が家からも富士山を見る ことができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/08 12:04
休話§年末年始日記[2007年12月31日(月)]
昨日までで家の仕事の片がついたので、朝からのんびりとしていた。 快晴で風が強い。おかげで富士山がよく見えた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/01 07:46
偽話§偽 偽 偽 偽 偽 偽 偽 偽 偽 偽 偽
 偽 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/31 09:59
劣話§一段とへたれた筋肉を愁う
若い頃から非力なほうだった。今でもそうだから、うらなり瓢箪のよ うな十代、二十代の情けなさは、自分でも恥ずかしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/18 12:03
麗話§嵐と雷が明けて富士山
今朝は、この秋になって最高の富士山を望むことができた。丹沢山塊 から頭ひとつ抜け出た富士山は雪で真っ白、ひと際清冽な姿である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/12 12:57
読話§季節はずれ(?)の台風一過
子供の頃、ニュースを耳で聞いていて“台風一家”って何だと思った 経験は……そう記憶にはないが、何かの拍子に思い出す言葉である。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/30 12:02
果話§バナナの筋はいらんかね?
我々の世代にとってバナナは“高級品”だった。それは今の南方産フ ルーツの比ではない。場合によっては兄弟二人で半分づつでも満足し なくてはならなかったくらいである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/21 12:01
球話§選抜高校野球29年ぶり静岡勢の優勝に
優勝した常葉菊川の監督が、29年前に浜松商業が優勝した時の選手だ ということで、記憶が甦った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/05 12:03
揺話§能登半島震源の地震
戦前だったか、福井で大きな地震はあったはずだが、石川県あたりは 地震の空白区だと思いこんでいたら日曜の大地震である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/27 12:02
解話§数独……借金生活継続中
“激辛編の4”も50問をクリアしたのだが、そこまでに挫折した問題 が5問ほどもあり“借金”と呼んで、後回しにしてしまう。単純に消 しゴムできれいに消すのをサボっているだけなのだが……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/20 12:01
浅話§辛夷(こぶし)咲きこぼれる
ああっと思ったら辛夷が咲いていた。先週の雛祭の頃には、あちこち ところどころで白い花びらがこぼれていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/15 12:03
託話§東京暮らしも30年を超え
住まいの最寄の駅名をアルファベットで書く。Yに2年、Nに3年、 Oには7か月、Iに3年半、Tに14年、そして現在のNに移ってから 丸11年が経過した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/08 12:03
劇話§新橋演舞場『殿のちょんまげを切る女』
冬が戻ってきたような日曜日に行ってきた。千秋楽の昼の部。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2007/02/26 12:01
高話§223……今日は富士山の日
そんな記念日があるのかと思うが、1996年に制定されていて、日本記 念日協会にも登録されている……何だかなあ。というわけで今日は、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/23 12:03
独話§数独……同じ数字は2つまで
激辛編の4である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/15 12:04
怒話§厚生省で“在外被爆者”通達した役人
在外被爆者への未払い訴訟の被爆者側の“勝訴”が確定した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/07 12:02
弔話§念仏講と十三仏
不動明王、釈迦如来、文殊菩薩、普賢菩薩、地蔵菩薩、弥勒菩薩、薬 師如来、観世音菩薩、勢至菩薩、阿弥陀如来、阿閦如来、大日如来、 虚空蔵菩薩。以上が十三仏である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/05 12:37
仏話§喪中とか忌明けとかの解釈
宗教によってそれぞれ違うとは思うので、ここでは仏教のことだけ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/16 12:05
走話§第83回箱根駅伝始末之記〜山の神様〜
今年の箱根駅伝は優勝候補不在のような状態で、どこが抜け出すかと 思ったら、東海大学が往路を引っ張っていった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/11 12:01
悩話§数独を揉み解す
激辛編がようやく90問を超えた。もう人智の及ぶところではないのだ ……うそ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/09 12:05
劇話§週末は十二月大歌舞伎
今年の納めも歌舞伎座である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/20 12:01
苦話§にっちもさっちもいかない数独
数字を5つか6つ入れて、その先がウンともスンとも桝目から反応が ないことがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/27 12:04
物話§パソコンを買い換える……いよいよ
2000年の暮れに買ったPCであるが、いよいよというか既にガタがき ていて、例えば画面右上に3つあるボタンなどとっくに文字化けして いくらマニュアルを読んで修正を試みてもだめである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/16 12:05
迂話§財布を忘れて丸一日
占いとかをまったく見ないので、自分の昨日がどうだったのかは知ら ない。ともかく財布を家に忘れてしまったのだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/15 12:07
悲話§2000人以上が死に、権力者は生き残る
ヴェトナム戦争におけるアメリカ人戦死者は約5万8000人、今回のイ ラクでの戦死者は2000人を超えている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/14 12:03
刻話§とても正確な時計を使う
そんなものを使うほど……という野暮は言いっこなしで、電波時計を 買ってしまったのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/10 12:04
頂話§久々に遠く富士山を
昨日、北海道に竜巻で被害をもたらした低気圧は、東京あたりではフ ェーンで汗ばむような陽気を置いていった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/08 12:04
輪話§100kmちょっとの軽いドライブ
土曜日に用事を兼ねてドライブに出かけた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/24 12:06
山話§いつでも富士山を想うこと
急速に発達した低気圧が、けっこうな雨を風をもたらした。 徐々に晴れていく空の下、丹沢がはっきり見え、その背後に まぶしいばかりの新雪の富士山が姿を現していた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/17 12:32
振話§耐震偽装マンションと富士山
今日もくっきりと富士山が見えた。このところの寒気で積雪 が多いかと思っていたら、頂上付近は強風で雪が飛ばされて いるようだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/20 12:34
付話§富士山〜見えるか見えないか〜
今日から、駅に行き道の高台から富士山が見えたかどうかを 記録してみる。直線距離にして50〜100kmといった距離か らの観察である。特に今日はよく見えた。ということで…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/09 12:12
晴話§今日の東京と富士山
久々に気持ちよく、雲一つなく晴れた今日の東京の朝だった。 昨日の瞬間芸のような通り雨が、ぐずついて寒い、ちっとも 5月らしくない天気にカツを入れたのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/05/16 12:59

トップへ | みんなの「富士山」ブログ

     
ひだまりのお話 富士山のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる