テーマ:鉄道

軌話§京王線あれこれ[56]ダイヤ編成の件

[承前] 現役宮仕えだった頃は、ダイヤ改定に関して当然ながら敏感だった。 もちろん事細かに覚えるわけではないが、基本的な部分はしっかりと 押さえて対応していたのだ。 それが定年退職直後に行われた改定以来、上りはまだしも、下りの、 特に都営新宿線のダイヤに疎くなってしまって今に至っている。 新宿線内に急行は走ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~フランクフルト中央駅~

1888年の今日、ドイツのフランクフルト中央駅が開業している。 初めて海外旅行をした40年近く前、帰国便に乗るためにウィーンから フランクフルトまで電車に乗って移動した。駅前のホテルに一泊して 帰国便に乗ったが、その時にフランクフルト中央駅の偉容に接したの だった。 何より頭端式ホームがずらりと並んび、その上の巨大なか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年7月24日付~

7月19日……朝5時、変電所が火災を起こし、京王線と小田急線が動 かなくなってしまった。 ↓ニュース映像から、振り替えのバスを待つ人 本線や井の頭線は、発生から4時間ほどで運行再開したが、相模原線 の運行再開できず。当然ながら朝の通勤時間帯に丸かぶりの影響が出 て、他の交通機関に振り替えできる人はまだしも、振り替えられない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[14]お招ばれ

[承前] 夜にベルリンフィルの演奏会があった日の昼間、ベルリンのちょっと した知り合いから昼食に招かれた。この日もけっこうな猛暑だったが こうもしないと外出すらせずホテルの一室に籠ってしまうので、暑さ を怨みながら出かけたのである。 ベルリン中心部からSバーンで20分ほども走ると、そこはもうすっか り郊外である。あれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凭話§寄り添う人・・・・・・全然違!

都心に用事で出た帰り、ラッシュアワーに遭遇することは珍しいこと ではない。うまいこと席を見つけて座れればラッキーだが、そんな僥 倖は稀なことでしかない。 たいていは吊り革につかまって30分ほど修業に耐えるばかりなのだ。 ところがそうしてバランスを確保しているところを邪魔する輩がいる のだ。つかまろうと思えばつかまれるは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謝話§ご迷惑をおかけしています

生きるとは、他人様に迷惑をかけ続けるものだと見つけたりではあれ ども、それをできる限り少なく少なくと心がけたいものである。 身近なところでは同居人に対してがそうだし、ひとたび外出すれば、 多くの人に大なり小なり迷惑や面倒をかけているのは間違いないぞ。 ところが、そんな時に少しばかり鈍なるところがあって、同居人がそ れに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地話§丸ノ内線新車両に遭遇!

2月から運行が始まっている東京メトロ丸ノ内線の新車両に遭遇した のは3月初めのことだった。慌てて撮影した写真を下に貼っておくが ピンボケ御免! フロントの丸みを帯びたフォルムは下の京王ライナーと似通っている ようでもあるが、もちろんディテールは違う。珍しいなと思ったのは 車両の両端、優先シートのある位置の窓が真ん丸とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~いきなりダイヤ改定~

毎週、反原発連合の国会前金曜行動に参加するために丸ノ内線を…… ……利用しているのだが、ちょうどいい時刻に新宿始発が出ていて、 混雑もなく国会前まで行けたのに、2月に入ったタイミングで、突然 ダイヤが変わり、新宿始発が4分早まったと気がついたのは、2月も 3週目に入ってのこととて、駅構内にはダイヤを変えるとか何のお知 らせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~国鉄やJRは失敗する~

1971年3月7日、山手線の読み方を「やまのてせん」と統一。 国鉄時代のJRもピントがずれたことをしていたという……それが、 山手線を「やまのてせん」と呼ばせることだったが、当然ながら、今 に至るまでほとんどの人間が誰一人として律義に「やまのてせん」な どと読んではいない。100%「やまてせん」と呼んでいるはずだ。 ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈話§横浜市営地下鉄の新百合ヶ丘延伸

30年以上も多摩川の外側に暮らしているが、三多摩の特に南北の鉄道 網の貧弱さは何とかならないだろうかというのが実感である。 暮らし始めて以降に新設されたといえば多摩センターから立川の先ま で繋げた多摩モノレールくらいなもので、それ以外、多摩川と国道16 号線の間には南武線と横浜線くらいしか走っていない。その2つある JRの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§霞始靆~七十二候~雨水

雨水の次候“霞始靆(かすみはじめてたなびく)”である。 雨水とはあるが、少なくとも2月一杯の多摩丘陵は降雪要注意なので ある。 南岸低気圧が通過するようであれば、雪が降るのは必定で、それにし ても、ピンポイントで雪が降るようなコース取りをするものだと感心 してしまう。 つまりは、低気圧の発生に始まって、日本列島周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呆話§山手線新駅名“高輪ゲートウェイ”

2週間前のことである。2020年、山手線の田町と品川の間に40年ぶり に開業する新駅の駅名が発表されたが、それが何とも脱力ものの…… 高輪ゲートウェイ ……というのだ。 カタカナをつければおしゃれであろうという企図が見え透いていて、 ちっとも新鮮でないばかりか、むしろダサい!という手本のようだ。 そうして、長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜話§山形交響楽団『天地創造』の旅[帰]

[承前] 一泊の旅行で2度おいしい……そんな夜が明けてしまった。相変わら ず枕が変わると寝付きが悪く、眠っていたのか眼が覚めていたのかが わからない睡眠だったが、何となく7時過ぎまでベッドの中にいた。 身繕いをして8時にはチェックアウト。お名残りに山形市内中心部と 14世紀に築城が始まった霞城(かじょう)跡の今の様子な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漂話§旅は徒然[9]インスブルックの町

[承前] 一夜明けたインスブルックはまあまあな天気。朝食はホテル最上階の レストランで食べるが、そこからの眺望が見事なもので、すぐ眼前に 岩山が迫っている。そんな眺めのフロアで食べる朝食は……代わり映 えしない品揃えだが、何となくうまいと感じないこともなく。 ↓窓ガラスにレストランの照明が映り込んでしまった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漂話§旅は徒然[5]インスブルックへ

[承前] 途中アウトバーンで工事渋滞に引っかかったりしたが、後半は順調に 走って、第一の目的地インスブルックに到着したのは13時過ぎ。 アウトバーンの出口からホテルへのルートは、もちろんのことながら グーグルマップで周到に調べておいたので、まったく迷うこともなく ホテル指定の駐車場にゴール! チェックインしたもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸話§エンゲル係数より交通費

定年退職してこのかた、通勤定期券で色々と重宝していた時から変わ って、交通費の負担が増えているとは、一度ちょっと書いたことだ。 一か月で電車を利用しての外出は多くて10回前後。京王線で新宿まで はICカードで319円だが、切符を買っても320円で。さらに普通回数 券だったら10枚の値段で11枚買えるから。片道290円くらいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜消息~比較的穏やかに~

穏やかな日々である。 外出をしないわけではないが、お楽しみ的なものは数日前に出かけた 五月大歌舞伎くらいで、憲法集会やレインボーパレードなどなど数回 のデモに参加する以外は自宅付近をうろうろするくらいのものだ。 定年退職してこのかた、家計費における交通費の比率が増えているこ とに今さらながら気がつく。かつて、神保町まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~電車が動かない~

1992年3月27日、私鉄総連の春闘一斉ストライキ。 記憶をたどりつつあれこれ調べてみたら、関東と関西の私鉄9社によ る最後の一斉ストライキだった。 1970年代や80年代は、まだまだ鉄道会社の組合がストライキを行って いた時期で、当時の勤め人としては、ストの指定日に電車が動くかど うかというのは切実なことだったが、ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~まあるいみどりの~

1971年3月7日、山手線の読み方を「やまのてせん」に統一。 山手線の公式の読み方は“やまのてせん”ということだが、一般人で 公式名称を律義に発音する人はほとんどいないのではなかろうか。ま してや、公式名称が決められていたと知っている人がどれほどいるも のかと思う。 45年以上も昔に決められたことだったのかと今さら驚い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軌話§京王線あれこれ[55]初京王ライナー

[承前] 先週水曜日、四谷の紀尾井ホールで行われた藤村実穂子リサイタルが 終演したのは21時5分頃。四ツ谷駅から丸ノ内線で新宿に着いたのが 21時20分だった。 京王線改札口の手前に設置されている京王ライナーの座席券販売機の 表示が空席ありだったので、思わず21時30分発の7号橋本行きを買っ てしまった……そして発車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和四十年代~東京電環~

[承前] 東京で予備校通いを始めたのは昭和四十年代の終わり頃。一か月おき くらいに実家を行き来していた。利用していた当時は国鉄である。 片道2時間ちょっとだったから、日帰りで往復することができた。最 寄駅へは高崎線からも東北本線からも一度乗り換えて、どちらからも 似たような所要時間なのだった。 そして切符の券面に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軌話§京王線あれこれ[54]気づかなかった

[承前] 長年利用している京王相模原線だが、年が明けるまで気がつかなかっ たことが一つあったので、今さらながら書き留めておくことにした。 京王相模原線と小田急多摩線が唯一並走運行しているのが、永山駅と 多摩センター駅だが、同一区間であるにもかかわらず料金が違ってい たのだ。 ICカードの料金は、京王線の134…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軌話§京王線あれこれ[53]今だ5000系に

[承前] 同居人は既に先月、9月にデビューした新5000系の乗車を果たしてい るが、我が身はまだである……くやしい。 一週間に一度程度の京王線利用では、出合う確率も多いとは言えず、 早く見たいとは思っていたのに、どういうわけかタイミングが合って くれないままだった。 やっと遭遇はかなったのは12月上旬、池袋で『メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軌話§京王線あれこれ[52]小田急ダイヤ改正

[承前] 来春、小田急線が大幅なダイヤ改正を行うということである。我がニ ュータウン関係で大きな変化は、現状運行されている千代田線乗り入 れの多摩急行がなくなり、多摩線からは新宿行きの快速急行が新たに 運行を始める。本線の複々線工事が完了したことで、朝方の新宿行き 所要時間は、京王のそれよりも早いとのこと。 ではある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more