テーマ:立夏

変話§蛙始鳴~七十二候~立夏

立夏の初候“蛙始鳴(かえるはじめてなく)”である。 世間では十連休が終わりを迎えるようだ。あちこちへせっせと遊んで きた人たちは、今頃どっと疲れが来ているのではないだろうか。 確かに、爽やかな気候に日々が続く今の季節は、人がすすんで外へと 出ていくわけで、時にそのタイミングに出くわすと“人が多いなあ” と思い知らされる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継話§蛙始鳴~七十二候~立夏

立夏の初候“蛙始鳴(かえるはじめてなく)”である。 夏が来た。何がうれしいかといえば、Tシャツやハーフパンツで日々 を過ごせることである。 会社時代でもスーツにネクタイで勤めることはなかったが、さすがに Tシャツやハーフパンツで仕事をするわけにはいかなかった。ここに きて、気楽な定年ライフの中、そんな姿でいられるのはあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環話§蛙始鳴~七十二候~立夏

立夏の初候“蛙始鳴(かえるはじめてなく)”である。 体感的にはゴールデンウィークのタイミングで半袖物を着始めるのが 例年のことである。着た初日は外気に晒された腕が肌寒かったりする けれど、翌日には感覚が戻って日常化しているのだ。 立夏の前後から最高気温が20度を下回ることはないので、半袖でも十 分に日常を送ることができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移話§蛙始鳴~七十二候~立夏

立夏の初候“蛙始鳴(かえるはじめてなく)”である。 今日で世間のゴールデンウィークが終わる。ただ、明日6日は金曜日 なので、休んでしまえという人も少なからずいるに違いない。仕事を していた時、よほどのことがない限りは有休を消化することにしてい た……今年でいうなら、2日と6日を休んで10連休にしたのは間違い ところである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

化話§竹笋生~七十二候~立夏

立夏の末候“竹笋生(たけのこしょうず)”である。 天気予報では東京都心も30度にという御託宣だったが、木曜日も金曜 日もぎりぎりで30度に届くことはなかった。それでも各地で30度超は 記録しているようで、本格的な暑さが訪れるのも遠いことではないだ ろう。 ところで“たけのこしょうず”という時候は、とっくに過ぎてしまっ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

化話§蚯蚓出~七十二候~立夏

立夏の次候“蚯蚓出(みみずいずる)”である。 あっという間に5月も中旬に突入した……ゴールデンウィークが半分 以上を占めた上旬だからしかたがないといえばそれまでのことだが、 天気模様も、夏日となる25度前後をうろうろしつつも、順調に夏への 階段を昇っているようだ。 一か月前は、桜が盛りを過ぎはしたけれど、若葉がようやく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW話§黄金週間草枕~2015.05.06~團菊

[承前] 八連休最終日となった6日朝5時過ぎの外気温は17.2度、快晴でゴー ルデンウィークが締めくくられた。 そんな連休最終日のお出かけは、2日に幕を開けた五月大歌舞伎團菊 祭昼の部観劇である。 出し物は『摂州合邦辻』から“合邦庵室の場”と『天一坊大岡政談』 の通し。摂州合邦は、一度はと思いながらも、なかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

化話§蛙始鳴~七十二候~立夏

立夏の初候“蛙始鳴(かえるはじめてなく)”である。 というわけで夏が立ってしまった。同じく“立”の字が付く立春、立 秋、立冬という中にあって、立夏という言葉が持つ勢いのようなもの は、やっぱり先々のまぶしい太陽に引っ張られてのことなのだろう。 そういえば蛙の声を久しく聞いていない。30年ちょっと前、初めて入 居したニュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW話§黄金週間草枕~2015.05.05~鯉幟

[承前] 5時過ぎに目覚めた……外気温は17.2度、明日が立夏というのに、涼 しい日になってしまった感がある。 午前中はどんよりとした雲に覆われていたが、午後になると雲がすっ かり払われて、こどもの日らしく気持ちのいい五月晴れとなったので ある。 今日もやることはないので一日家にいて、せいぜいマーケットに食料 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more