テーマ:報道

顧話§今日の歴史~報道の自由とは~

1946年7月23日、日本新聞協会設立 第二次世界大戦の敗戦から一年経たずして設立されたのが日本新聞協 会である。その当時を考えるなら、設立された趣旨は明確であろうと 思われる。 翻って“今”はどうなのか……報道の自由は、一歩どころか二歩、三 歩、いやそれ以上に後退してしまっているのが今の日本の現状だ。 政権にお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

報話§社会面から新聞を

新聞を読み始めたのは小学校5年生くらいだったかと記憶している。 その時から朝刊は社会面の方から読み進めていた。 当時読んでいたのは毎日新聞だったが、今はテレビ欄になっている最 終紙面は、その当時は地方版になっていて、自分にとっては身近な地 名などが登場していたので読み始めるにはよかったと思われるのだ。 それから社会面、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~恥のメディア~

卑しくもメディアで職を食む人間だったら、きちんとしたソースに…… ……確認することは“基本のき”であったにもかかわらず、沖縄の某 全国紙(と呼ぶには低レベルに過ぎる)支局長が、ネット右翼の言葉だ けで、裏付けもせずに書いた記事中において、沖縄県域2紙を批判し たものの、記事そのものの内容が虚偽であったことが判明し、某紙は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心話§1月ど真ん中に思うこと

元旦から15日が過ぎて16日は1月の真ん中である……もう半分が過ぎ たと思うか、まだ半分しか過ぎていないと思うか、それは人それぞれ の価値観によって違ってくる。 老い先が短くなった我々のような年回りの人間の多くが“もう半分” と考える組に入ってしまうのだろうが、それはしかたのないことだ。 そういえばネットのニュースだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜片々~世論調査の電話は~

ゴールデンウィーク前半のことだったと思うが、050で始まる番号 から電話がかかってきた。同居人が受話器を取ると、自動音声で都議 選に関しての世論調査と言うので、音声指示に従って回答したのだ。 何とも味気ないものだと思ったが、これで我が家にかかってきた世論 調査の電話は数回に及ぶが、留守中だったり、バタバタしていて思わ ず電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪話§住所不定無職~警察の都合~

事件で逮捕された容疑者について、しばしば報道で“住所不定無職” という表現を見る機会がある。 無職というのは少なからずありそうかなとは思うが、世の中にそんな に多くのホームレスが存在しているのかと首を傾げ続けてン十年…… どうやら明らかに“警察の捜査の都合”で、保釈を認めないという方 便として使われているようなのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝話§視聴者提供の“映像の世紀”

市井の人たちが撮影した動画や写真が、メディアやネットの中に溢れ るように存在している。既にテレビのニュースは、視聴者が撮影した リアルな映像なしには成り立ち得ないというのは大げさに過ぎるか。 最近でいうなら、アメリカのユナイテッド航空で定員オーバーとなっ た飛行機を離陸させるために、一人の乗客を無理矢理暴力的に降機さ せた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探話§朝日新聞の都民世論調査に

4月はじめ、朝日新聞が実施した都民対象の世論調査のやり方を読ん で、相変わらずだったのかと思った。それが以下のとおりである…… <調査方法>1、2の両日、コンピューターで無作為に作成した固定電話番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、東京都内の有権者を対象に調査した。 ……固定電話と携帯電話の所有比率については、このリンク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~電話の世論調査~

ふと思ったが、メディアが実施している各種世論調査なるものは…… ……ほとんどが無作為に電話を掛けて行われているものだが、それは 固定電話のみに掛けての調査であるものなのか、そのあたりは調べて みないとわからないけれど、これが固定電話に掛けただけでの調査で あるとして、現状を考えるならば相当に年齢分布にも偏りが生じる可 能性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金話§ゴールデンウィーク終了

テレビや新聞が、空港で日本に帰国した旅行者のインタビューや、高 速道路が渋滞している模様を空撮するという、お約束のニュースが流 れるのを毎年のように自宅で眺めているうちにゴールデンウィークが 終わる……これもお約束なのである。 そうして日本では年に3回……年末年始、ゴールデンウィーク、そし て盆と大移動の時期があり“どこを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~ヘッドライン詐欺~

先日行われた東京大学入学式の式辞の中で五神学長が語ったのは…… ヘッドラインだけでなく 記事の本文もきちんと読む習慣を 身に着けるべきです ……という内容であったにもかかわらず、讀賣新聞のヘッドラインは 「新聞を読もう」という、これまさにヘッドライン詐欺ともいうべき 見事なブーメラン現象をやらかして、軽薄かつ底の浅さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永話§我が家近くで殺人事件が

先々週の土曜日『ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって 来る』を観た日のことである。 最寄り駅に着いたのは21時を過ぎていたので“大人の乗り物”を張り 込んで帰宅した。その道すがら、けたたましいサイレンを鳴らして覆 面パトカーがすれ違って行ったのだ。 一夜が明けて開いた朝刊社会面には、我が家からほど近いマンシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捨話§放置ジャンボ機~持ち主は誰だ~

マレーシアはクアラルンプール国際空港にジャンボ旅客機が3機放置 されているというニュースである。これはまた、壮大な産業廃棄物と いうことであるか。 ご丁寧に機体からは、航空会社にまつわるマークの類は消去されてい る。ではあるが、所有云々に関しての様々な管理情報は、あちこちに 存在しているはずだから、所有者の特定は難しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

字話§新聞の見出しとローカリティ

下の写真を見ていただきたい……右が東京版で、左が大阪版である。 などと説明しなくても、マクドナルドをどう略すのかといえば、東京 が“マック”で大阪が“マクド”であると、多くの人はわかっている “そんなの常識じゃん”なレベルと言えるだろう。 これを見た時、見出しの付け方はそれぞれの地方版整理部に任されて いるのだとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~NO ヘイト!~

話は単純で、卑しくもマスコミに携わる人間達は、それが商売の…… ……ネタになるからといって、他国や他民族の差別を助長するような 著作物を刊行するようなことはやってはならず、それは自らを貶めて いるということを強く自覚するべきなのは当然のことであり、そうい う意味で、ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謝話§間違いなどないという間違い

某大新聞の誤報について、鬼の首を取った如くにライバル紙や、三流 (それ以下の)週刊誌が書き立てているのを見て、ほう!自分達はミス をしないのですかと冷ややかに眺めているのである。 ミスは誰でもする。ミスをしない人間もシステムも存在などしない。 問題は起こってしまったミスに対する対応をどうするかということで しかなく、当然な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胞話§笹井芳樹副センター長の自死

その心中は本人にしかわからない……最悪の流れが生じてしまった。 死んでしまえば、本人は現世の苦しみから解放されるということだろ うが、現世の人間にとっては検証しなければならないことが山積して いる中で、重要な立場の人間が消えてなくなってしまったら、検証不 可能な部分は小さくないはずである。 何だかこじれたトラブルが起き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪話§盲導犬を傷つける犯罪者

まずは下の新聞投書を読んでいただきたい。 盲導犬は、厳しい訓練で盲人の外出を支えるために“自我”を捨てる ことになる。だから盲導犬が鳴き声をあげることはない。ある意味で 動物愛護とは相容れない部分があるともいえる。 今回の出来事は、そんな盲導犬の習性を悪用して、吠えない盲導犬を 傷つけるという、卑怯以外のなにもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~幼児を車内放置~

無闇に、民度が低いからこういうことになるんだとは思いたくも…… ……ないのだけれど、結局は無知、無理解、無関心なエゴ人間のおか げで、犠牲になるのは、いたいけな乳幼児であるという、ニュースを 見るたびにやり切れない思いを抱くのである。 《つぶやきのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放話§ス卜口ンチウム? ストロンチウム!

東京電力の情報ページ中の文章は、OCRという……例えば紙に印刷 された文字を電子的に読み取ってパソコンの文字データに変換できる システムを使っているらしいが、誤判読を起こした結果、なぜか…… ┃物陰┃ωΦ) ジー ×・・・ス卜口ンチウム ○・・・ストロンチウム ……という摩訶不思議な単語となってしまった。見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~STAP細胞STOP~

STAP細胞に関する論文すべての取り下げが確定したようだが…… ……過去に起こった何例かの“論文捏造”事件が、何の教訓にもなっ ていないばかりか、捏造することで何をしたかったのかということが まったく理解できない実に非論理的な人間である。 《つぶやきのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚話§情熱大陸という超インフレ番組

テレビ番組が権威付けにならないという格好の例が『情熱大陸』なる 人物紹介ドキュメンタリーである。もっとも、もう数年以上見てはい ないので、かつての話ということにしておく。 我が家には“情熱大陸枠”という評価基準があって、あの番組に登場 した時点でアウト!ということになっているのだ。数少ない例外は別 にして、スポットライトを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改話§455議会からの「脱原発」意見書

3・11東日本大震災の直後から、455に及ぶ市町村議会や県議会が、 脱原発への国に対する意見書を議決していた。 脱原発へのムーブメントを掲載することに積極的でないと思われるマ スメディアではあるが、遅ればせでも朝刊一面で大きく取り上げたこ とは評価せねばならない。そして天声人語にも取り上げられている。 これら提出さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~尋ね人の時間~

[承前] 番組名は『尋ね人』だったが、誰彼なく『尋ね人の時間』と言ってい て、そのほうが似つかわしくすら思えるようなそんな番組があった。 番組は終戦の翌年から1962年(昭和37年)まで、16年の長きにわたって 続いたのだ。物心つく頃、ラジオから流れてくるアナウンサーが…… 旧満州国竜江省チチハル市の○○通りで鍛冶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮話§こんな世間など要らない!

出産についてあれこれと喧しかった先週のネット上を、一片の“詩” が流れて行った。ここでも紹介しておこう。 早く産んだら“若すぎる” 遅く産んだら“遅すぎる” 一人産んだら“一人だけ?” 沢山産んだら“やってける? 一人で産んだら“父親は?” 産まなかったら“かわいそう” とかくこの世は棲みにく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜雑感~週刊文春の人権感覚~

あるスポーツ選手が出産した件で、有名週刊誌のネットページが、出 産を支持するかどうかという“愚”以外の何物でもないようなアンケ ートを掲載していると知って反吐が出そうになった。 案の定、ネットでは批判の渦が巻き起こっているのだが、こんな馬鹿 なことをやっているということの根底に、昨日エントリーで取り上げ たブログの内容が大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呆話§日本経済新聞憂う~女性手帳に~

政権が変わって以来の何とも危ない雰囲気に、とうとう“あの”日本 経済新聞までが危惧を抱くようになった。 改憲にしろ歴史問題云々にしろ現政権の右寄り頑迷固陋な行き方が、 日経という自民寄り保守系報道機関のコラムにまで、先々を憂慮する 内容の記述が掲載されたのだ。まあ、自民所属の女性議員が揃いも揃 って女性の権利拡大を阻害して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高話§東京スカイツリー開場・・・

5月22日の大安の日は、朝からあいにくの雨模様となってしまったが 無事に東京スカイツリーが開業した。 これはこれは何ともなスタートなのだなと思っていたら、1958年に開 業した港区の大先輩もまた、雨の日の開業だったということを知った のである。 ↓東京タワーのゆるキャラも激励だ! というわけで、一昨日のオープニン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平話§岩波書店の縁故採用を考える

これを“縁故採用”と呼ぶことが適当なのかどうかはわからないが、 岩波書店が若干名の新卒採用をするにあたって、社員あるいは著者の 推薦状を求めるという話である。 数名の社員を採用するのに、第一次の筆記試験に集まるのが1000名に 及び、そのための会場確保等々のコストや時間的な手間を考えると、 いっそのことという気持ちは理解で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more