テーマ:立春

過話§備忘録的な何か~2019年2月22日付~

2月4日……立春のこの日に春一番が吹くかもしれないとは、前日あ たりの天気予報で期待まじりに述べられた御託宣だった。 残念ながら東京とその周辺では春一番とまでは至らずだったが、北陸 地方の新潟から福井にかけてで春一番が吹いたと宣言があったのみ。 下は2月3日から4日にかけての東京都心アメダスだが、日付が変わ る頃に4度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§東風解凍~七十二候~立春

立春の初候“東風解凍(はるかぜこおりをとく)”である。 あけましておめでとうございます……旧暦の新年ということですね。 そして、この一年の頭文字は“変”で続けます。 この日、日の出は6時39分で日の入は17時11分で、12月初めからする と、ずいぶん日が伸びたと感じられる。 だが、ここまでくれば安心などと思っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継話§東風解凍~七十二候~立春

立春の初候“東風解凍(はるかぜこおりをとく)”である。 春は名のみの風の寒さや谷のうぐいす歌は思えど……それほど親しん だわけでもないのに『早春賦』の歌詞が自然に口をついて出てくる。 それが立春の候なのである。 7年前、東日本大震災直後の4月に廃校となった我が家北側の小学校 のグラウンドでは、週末になると少年サッカーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜消息~立春来ました~

あまり予定のない、比較的のんびりした今年の如月二月である。 世知辛い話だが、どこかに出かけようとすれば、必要経費があれこれ かかってしまう。まずは交通費が大きな要素を締めているわけで、さ らに帰りが夜になれば、外食費も必要になるし、夜も遅くなれば、歩 いて帰るにはいささかなりと時間がかかるので、基本料金とはいえタ クシーを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環話§東風解凍~七十二候~立春

立春の初候“東風解凍(はるかぜこおりをとく)”である。 春が来た!とか諸手を挙げて喜んでいる人間などはいないと思うが、 ちなみに一年前の東京の最高気温は9.5度、最低気温は1.1度である。 まさに“春は名のみの……”なのだ。 しかも、東京の降雪は立春を過ぎてからが本番である。東京の豪雪地 帯に住む我々は、常に油断をする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

齧話§売れ残るコンビニの恵方巻

ネットで見たニュースの中に“コンビニの恵方巻が売れ残る”という 話題があった。業者は“売れ残りは去年とほぼ同じくらい”とコメン トしていたが、どこの地域で売れ残ったのかは記事になかったのだ。 恵方巻の存在を知ったのは30年くらい前のことだったと記憶している が、その当時も“そんな馬鹿なこと”とまじめに取り合うこともなく ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移話§東風解凍~七十二候~立春

立春の初候“東風解凍(はるかぜこおりをとく)”である。 寒々しいけど立春である。眼に映るもののすべては冬の装いだが、立 春だと言われてしまったら、俳句の季語は“春”のものを使わなくて はならない。あまり堅苦しく俳句のルールと付き合うつもりはないけ れど、少しくらいは縛られているほうが俳句らしということである。 一定のル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more