テーマ:

曖話§晴れ時々曇りところにより一時雨

特に雨が予想されるような時には、ネットで複数の天気予報をチェッ クする。当然ながら雨雲の動きも簡単に見ることができるようになっ たから、合わせて天気模様を把握することにしている。 そうして、ネットで眺める3つくらいの天気予報が、何というか微妙 に違っていて悩ましいものがあるのだ。 ある予報は曇りなのに、別の予報は雨が降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年8月7日付~

7月26日……自分的梅雨明け宣言をした。気象庁が、関東甲信地方の 梅雨明け宣言を出さなかったのは、26日に発生、たった30時間で消滅 した台風6号“ナーリー”の動向を見極めていたからだと思われる。 もっとも台風とは関係なく梅雨前線はなくなっていたから、さっさと 梅雨明け宣言を出してもよかったはずなのだが。 毎年毎度のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2019年7月の天気模様を振り返る

7月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認して、より詳細な気象状況をチェックできる。 気象庁が関東甲信地方の梅雨明けを宣言したのは7月29日。去年と比 べたら30日も長かったのだ。 旅行から帰ってきたのは2日のことで、旅行の最後に溜まった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§鷹乃学習~七十二候~小暑

小暑の末候“鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)”である。 連日の雨模様で、梅雨がなかなか明けてくれないではないか。東京の 天気予報を見ると、来週もまだ雨が降り続くのは間違いなさそうだ。 梅雨入りしたのは6月上旬のことだったから、既に一か月半近くにな る。去年の梅雨明けが6月中という早さだったのに比べれば何という 遅さだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2019年6月の天気模様を振り返る

6月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認して、より詳細な気象状況をチェックできる。 6月14日に日本を発って旅行に出てしまったので、月の後半についてはノーコメントだが、まあまあ梅雨らしい一か月だったのではなかろうか。 それにしても日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留話§一日一句~ヨーロッパの分水嶺~

季語は・・・緑雨 緑雨の瀬 瀬音は北へ ライン河 泊っているホテルの前を流れる小さな流れは、後にライン河に連なっ ていく。ホテルから東に車を一時間も走らせると、その先は分水嶺で 東へ向かう流れはドナウ河へと連なる。 川幅は狭く、だからちょっとでもまとまった雨が降ろうものなら、た ちどころに増水して、時には溢れてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~五月最終週~

5月も最終週となってしまった……一年も5か月が終わってしまう。 気持ちのいい季節も、6月に入れば梅雨が始まって、鬱陶しい湿気の 世界へと突入していく。 せっかく気持ちよく過ごしてきたのところを、おまけに梅雨寒という こともあるので、そんな天候不順も気にしなくてはならない。そして 梅雨が終われば、今年も猛暑の夏が待ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湿話§東京に雨が降らなくて

東京で最後に雨が降ったのは、去年の12月23日のことだった。以来、 1月上旬まで3週間ほども雨の降らない日が続いた。 冬期に雨が降らなかった最長記録は1956年12月10日から1957年1月1 日の23日間である。以下、21日、20日、19日……という記録なので、 悠々と記録の一端に並んだのだ。 そして1月12日、東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凍話§冬の雨

わざわざ言うまでもなく、冬の雨は冷たいうえに、寒さが上乗せされ たように感じられる。 2週間前、東京がこの冬の最低気温を記録した日の夕方から降り出し た雨は、まさに“氷雨”と呼ぶべきもので、その日の天気予報では、 しきりに北関東や東京の郊外でも降雪があるかもしれないと報じてい た。 となると、多摩丘陵の我が家である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継話§大雨時行~七十二候~大暑

大暑の末候“大雨時行(たいうときどきにふる)”である。 8月の長期予報を見ると、気温高めで降水量もそこそこあるようだ。 要するに高温多湿そのまんまである。 日中の暑さが厳しくても、午後から夕方にかけて、ザーっと30分から 1時間でも夕立が降ってくれれば、夜は快適なのにと思うのだが。 毎日とは言わないけれど、せめて一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2018年6月26日付~

6月5日……今年初めて枝豆を茹でた。だが初枝豆というわけではな い。腸の動きをよくする“おまじない”として、マーケットの総菜売 り場にある茹で枝豆を買って食べていたのだ。 というわけで、ここ3年来のとおりで水にお定まりの塩を入れ、莢の 両端を切った枝豆を3分ちょっと茹でて、ザルにあけて水分を切り、 しばし粗熱をとって食卓へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜消息~今さらながら“梅雨”~

梅雨がどんなものであるかは、とりあえずこのウィキペディアを見て もらうことにして。 このようにして梅雨が始まるのだと改めて思うのは……季節の移ろい なるものが、かくも人間の眼に現れないところで粛々と進んでいると いうことである。 いつも、5月の気持ちのいい天気模様と書いているが、そんな5月は またけっこう風が強い月だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more