テーマ:英語

臨話§旅先でのぐだぐだ英会話~経験値~

中学校の頃は英語が得意だった。やる気満々のままいけばよかったの だが途中で挫折した。 だが、何度か書いているように、中学英語の文法をきちんと把握して さえいれば、後はいかようにでもなるのである。それが、海外旅行と いう実地の場で徐々に発揮できるようになったのだが、それは経験の 積み重ねに拠るところも大きい。 つまり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喋話§旅の英語ですとか・・・・・・

相変わらずな英語をやり繰りして毎年旅行に出かけている。いわゆる “現場の英語”ってやつで、ほぼ同じようなやり取りばかりだから、 相手が何を言っているのか、個々の単語が聴き取れなくても、ざっく り理解できてしまうのである。 旅行中の交渉事は、ホテルのチェックインに始まり、ホテルのチェッ クアウト、そしてフライトのチェックイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮話§旅の恥は掻き捨て?

“旅の無知は掻き捨て”とも言うような気がする。日本人の中には、 無知は恥と考えない人もそれなりにいるようで、特に旅の空間で、そ のことが露呈しても恬として恥じない様子の人も多い。 そうなる原因の大半は語学力の欠如であることと、基本的な知識不足 からくるはずで、それでも旅行したいと思うことが不思議でならない のだが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~日本にやって来た!~

1966年6月29日、ザ・ビートルズ来日。 ビートルズの存在を知ったのは、東京オリンピックの年だから1964年 のことだったと記憶している。小学校の同級生が「イギリスにビート ルズって、男なのに髪の毛の長いグループがいるんだって」みたいな ことを話しているのを小耳に挟んだのが最初だった。 その後、写真を見たのだが、今思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喋話§ヨーロッパ圏の英語力

オランダで英語が十分に通じたところで、その他のヨーロッパ諸国の 英語力はいかなるものか……調べて出てきたのが、この地図である。 非英語圏ではダントツの90%。それにしても、イギリスの95%という のがよくわからないのだけれど、それはまあいい。 EU加盟国で50%を超えているのは、南からギリシャ、スロベニア、 オース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘭話§旅はなお[15]オランダ語

[承前] 当然のことながらオランダ語など一つもわからない。それでも問題な く旅行できたのは、国民の8割以上が英語を理解しているという国情 があったからである。ということは、ほとんどの成人に対して英語で 話が通じるということである。 スキポール国際空港に着いてタクシーに乗った時から英語でのやり取 りが始まり、ホテルのチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文話§手紙を書くことがなくなったが

インターネットのE-mailは頻繁にやり取りしているが、郵便で私信の やり取りというと、これはもう年賀状の時くらいのものでしかない。 それでも日本語の手紙ではなく、英語の手紙を書くことがある。相手 は旅先で知り合った80歳を超えるドイツ人女性で、建築設計の仕事を していたが、年齢的にはパソコンを使うことがなかったようで、ネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喋話§RとLの発音~英語で気にしても~

Relation……英語で“関係”を意味する名詞だが、さてこの単語に連 続して存在している“R”と“L”を正しく発音し分けられる日本人 が、どれほどいるだろうか。 英語を習い始めた中学生1年の時、RとLの発音は違うのだと学んだ が、頭の中ではわかっても実際にどう発音したらいいのか、教師にも わからなかったのではないかという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[31]スーパーバイザー

[承前] Supervisor……“V”だから、スーパーヴァイザーと表記するほうが よさそうだが、広く一般的には“スーパーバイザー”で通っている。 なので、ここでもスーパーバイザーを使わせてもらう。 4月から非常勤で週2日の仕事を始めたことは、何度も書いている。 5月に入って名刺ができあがった。その肩書が“パブリッシン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和話§ローマ字表記考~ヘボン式は?~

週2日の仕事を始めて2か月になろうとしている。ここでまた改めて ローマ字表記の問題点について考えてみることにした。 通っている地名は江東区大島である。これをヘボン式ローマ字表記す ると……Kotoku Ojimaとなる。このローマ字表記から、あえて漢字を 読み取ろうとするなら“古都区尾島”になってしまうように感じる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~FEN(極東放送)~

[承前] 日本語だと極東放送と呼ばれていたFEN(Far East Network)を聴い たのは、英語の勉強を始めた中学以降だから、厳密には昭和三十年代 の話ではないけれど、気にしないで書き進めてみる。 そんな英語放送の存在を知ったのは、中学入学よりは前だったのかも しれない。ラジオを聴くのが好きだったことが一番の理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土話§外国地名の表記と発音と・・・

もう30年ほども前、まだまだ海外旅行が頻繁にではなかった頃、ドイ ツやオーストリアでも英語で現地の人とコミュニケーションをしてい た。今でもドイツ語が話せるわけではない。 すると、会話の中で“ミューニック”という言葉が何度も出てきた。 最初は適当というか、いい加減な反応をしていたが、ずいぶん経った ところで文脈から“ミュン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

執話§外国語の会話が くどくどする件

母国語を使っていて、もちろん込み入った話をする時は別にしても、 省けるものは省いて会話をしているということは当然のことだろう。 ところが、これが慣れない外国語――自分の場合は英語だが――を使 って相手に理解してもらおうと試みている時は、日本語とは比べ物に ならないくらいに“論理的”になっていることに気がつく。 ドイツ語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~迷子の英語研修~

語学研修先のニューヨークの地下鉄で迷子になった某県高校生が…… ……2日間彷徨った揚句に発見されたというニュースを見て“語学研 修”が言葉を話すことだけではなく、コミュニケーション全般を意味 しているという……そのことを実地に生かせなかったという現実に、 本人は気がついているだろうかと思うのである。 《つぶやきのトピッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~タイプライター~

[承前] 昭和三十年代からは30年ほどこちらに近い時代の話である。 大学で教えている知り合いが講義の中でタイプライターについて学生 に聞いたところ、50人のクラスで英文タイプを使ったことのある人間 は1名だけ、実物を見たのが数名で、残りは“何それ?”という結果 だった。それを聞いて、さもありなんと思いつつ、今世紀初めで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唱話§英語の歌~初めて覚えた~

ふとしたはずみに数十年前の記憶が甦った。いったい脳というデータ ベースのどこにあって、それが表にでてくるものなのだろうか。 それは“Good morning to you!”で始まる簡単な歌詞で、メロディー は“ハッピーバースデー”のあれを使っている。これを保育園に入っ た時から2年間毎日歌っていたのだ――意味も何もわからず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

繋話§外国語でコミュニケーションとは

中学校や高校での英語の成績がいくらずば抜けていたりしても、それ ではイギリス人やアメリカ人とコミュニケーションを取ることができ るかといえば“否!”である。 学校で勉強する英語は、それがいくら新しい情報や用法が取り入れら れていたとしても、所詮は読解中心の受験対策用ツールでしかなく、 あれをもってコミュケーションせよと言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓄話§記憶力で勝負していた・・・

振り返れば、すべては“記憶力”頼みで生きてきた数十年であった。 記憶力頼みの過信が災いして、論理思考力の養成を怠ってしまったツ ケは、高校に入学して以降にしっかり回ってきてしまった。いまだに 論理的思考ができないのは、そういうことが原因なのだといえよう。 上には上が存在していることは百も二百も承知で、それでも二十代の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

技話§横文字遣いが下手くそ~パソコン~

どうにかこうにかパソコンを使っているように見えるが、実は根本的 なところの理解が完全に不足していることくらいは、自分自身がよく わかっている。 その最大の理由として、コンピューター用語の横文字系を理解してい ないことが挙げられるだろう。我がブログを一読されればわかるかと 思うが、徒に横文字言葉は使っていないのだ。それは、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

θ話§外国語の発音記号

中学校で英語を習い始めた時、教科書の本文上に初出の単語が列挙さ れている、それぞれの右横に見慣れない記号に気がついた。中1の頃 は何だかわからないままに終わってしまった。 英語の学習が好きになったかなと思ったのは中1の後半くらいからだ ったと思うが、その時点で発音記号がどういうものなのかは理解して いなかった記憶である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊話§休暇つぶやき~2011.09.07~

アメリカ人と話していて“湿気”という言葉に該当するヒューミディ ティ(Humidity)という言葉への反応が鈍いという気がしている。 湿気という言葉に該当しそうなのはモイスチャーあたりもそうなの だろうが、より湿気というニュアンスを伝えようと思って使っても 反応が悪い。 どうしてだろうと思いながら、最近になって気がつい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喋話§外国語会話はその気と気合

英語については、中学校の3年間の半端なく勉強したおかげもあって 文法の面では問題なく習得したという自信はある。 だが、そこから会話をするという道筋がつくまでには、長い年月を必 要としたのだった。それはなぜかというに、教科書の読み言葉として の英語から、どうやって話し言葉としての英語を導き出すかという作 業に苦労したのだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉話§翻訳をする 翻訳をされる

最近の自動翻訳サイトはかなり精度が上がってきたと感心している。 欧米系言語と日本語とでは、さすがにまだまだ感が強いままであるが ドイツ語から英語にという、同根といえるような言語同士ではかなり なレベルまで翻訳できることに驚かされるのだ。 だからまあ、ドイツ語あたりで読みたいニュースがあると、とりあえ ず英語は細々とわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交話§日本語を話す他の国の人

最近になって、他国の人と日本語の会話をという機会が増えてきた。 若干の瑕がある程度で、黙っていれば日本人が話しているのと同じく らいという人から、英語と日本語が交互にという開発途上の人まで、 相手によって程度は様々で、完璧に近い人は別にしても、開発途上の 人とどのように会話を組み立てていったらいいのだろうと思ってしま うこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~キーボード一応~

中学の時に英文タイプライター(オリヴェッティ)を買ってもらい…… ある程度打てるようになったおかげで、その後のワープロからパソコ ンに移行していっても、特に拒否反応もなく淡々とキーボードと仲良 くしていて、あまつさえワープロは富士通オアシスの親指シフトであ ったりしたのだ。 《つぶやきのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勉話§大学での一般教養なる講義

大学に入って驚いたのは、星の数ほどもある一般教養の講義の数々。 例えば『文学』という分野だけでも、西洋文学から日本文学、古典に 俳句まで。 そんな文系の講義の中に、ミッション系らしい『キリスト教』なるも のがあって、神学科の教授が遠藤周作の『沈黙』をテキストにしての “神の存在”なるテーマで進められたのだが、神の存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謝話§郷里の英語塾が解散

知ったのはつい昨日のことで、中学に入学した時から高校卒業までの 6年間お世話になった英語塾が解散したという。 その“塾”は我が郷里にあってなかなかにユニークな位置にあった。 事業形態がどうだったかというと、最初は街中に3か所ほど間借りを して英語を教えていたのだ。それは書店の2階であったり、ちょっと した商店の広間だったり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

字話§ヘボン式ローマ字表記に異議

個人的には、平仮名表記をそのままローマ字化したほうがいいのだと 考えている。だってどう見ても・・・“砂糖”も“里”も同じく…… sato ……と表記するのは変でしょ。“さとう”なら“satou”でしょ? 付け加えるなら“satoh”と“oh”遣いもナンセンスではないかと。 というわけで、個人的にはヘボン式表記に楯突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~英語そもそも~

どうして、小学校から英語を始める必要があるのか、基本的な議論を 重ねてきたというが、どうしても“そもそも論”に行き着いてしまう のは、中学校から始めた英語力の程度でもそれなりに使えてしまって いて、さらに早期教育をせなばならないという説得力がまったく感じ られないからなのである。 《つぶやきのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喋話§外国語会話で肝腎なのは・・・

多少――もしくはそれ以上――の文法上の誤りには眼を瞑って、さら に大切なことは、そのシチュエーションに必要な名詞の語彙がどれく らいあるかであると思っていて、それはもう確信に近い。 それに加えるなら間違いを恐れない“糞”度胸というところ。 去年のバイロイト詣の時がその典型で、隣り合った人達との会話は、 お互いの“ワグネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more