テーマ:居酒屋

連話§ワタシの酒肴[106]豚キムチ炒め

[承前] 辛くて塩っ気があれば、いくらでもビールは呑める……そんなお手本 のような豚キムチ炒めである。 既に、キムチには味が付いているから、炒め物としても手早く簡単に 作れてしまうが、それでも立派な一品としての存在感は最強なのだ。 で、できれば多めに作ってもらって、酒の後のご飯のおかずとしても “ご飯がすすむ君”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜些事~久々に天狗で酒~

先週日曜日の夕方、本当に久々に居酒屋チェーンの天狗で酒食した。 我々夫婦にとって、結婚した直後のお財布の状況では実にありがたい お得な居酒屋で、初めて入った時のお勘定が2000円ちょっとだったこ とにびっくりして、その後ずいぶん長いこと贔屓にしていたのだ。 その後、20年以上はあちらこちらの天狗を愛用していたが、その後は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街話§神保巷塵[32]神保町という街(町)

[承前] 前にも書いたような気はするが……たぶんそうなるだろうと思ってい たら、退職後もしばしば神保町に足を運んでいる自分がいたのだ。 これがたとえば大手町や霞が関、日比谷といった官庁&オフィス街に 仕事場があったら、定年後も足を運ぶだろうかと思う。そういったと ころで仕事をしていた人たちが退社後に呑む場所は職場とは別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜些事~監事の引継ぎとか~

我が団地の管理組合理事会は、理事長以下監事2名を含めて10名によ って運営されていて、150世帯だから15年に一度回ってくる計算だ。 理事を2年以上連続して務めることはできないが、理事から監事へと いう流れは通例になっているので、前々年度と前年度の2年連続して 理事&監事を務めさせられたのである。 監事仕事は理事ほどに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師話§そうだ京都!~堺町筋の居酒屋~

[承前] 京都最終日の晩餐である。どんな店にしようか……ホテルに近くて、 気取らない居酒屋があればいいがなあと探していたら“こんな店”を 見つけて、いそいそと予約を入れた。 禁煙でしかもカウンター9席のみという小ぢんまりした居酒屋は、見 逃して通り過ぎそうな佇まいである。 そんな店は、いかにも京都の女将が和服姿で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[91]狂喜のバター醤油

[承前] 先日のこと、居酒屋で“新じゃがと浅蜊の煮物”を注文した……ちょ っと珍しい組み合わせかなと思ってのことで、ややあってテーブルに 届いたのは、やや濃い色の一品だった。 食べてみたらバター醤油の味付けになっていて、普通なら浅蜊バター であるところに醤油風味が加わっていたのである。そして、これが料 理に合うのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[90]おでん

[承前] この冬、我が家でおでん鍋を囲んだのは1回しかない。おでんの具は 竹輪、こんにゃく、薩摩揚げ、厚揚げ、茹で卵、大根、つみれにはん ぺんというものだが、ここまで入れたら鍋一杯になってしまうのだ。 それだけの具が入ったおかげで、それぞれからの出汁で大根や厚揚げ に味わいが出てくれるのがうれしい。 我々夫婦は、おで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[39]ドイツビールの店が

[承前] 2005年に初めて呑みに行って以来、10年超通っていた小川町のドイツ ビールの店が閉店するという話を聞いた。輸入の樽生ビールを呑ませ るということで割高なことは否めないけれど、店の人たちとも楽しく 会話できていたので残念なことである。 建物の内部もなかなかにユニークで、中2階を挟んだ変則三層構造に 加えて地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[19]会社同期会

[承前] 先週の水曜日、会社の同期会があった。銀座のというか数寄屋橋から 少し入ったビルの3階にある魚料理の気楽な居酒屋である。 およそ38年前に入社した時は、四大卒男子16名、女子10名と短大卒女 子10名で、この日集まったのは13名だった。何だかんだと退職してい った結果、定年という年齢まで残ったのは18名……四大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜些事~祝! 卒業六十年~

ふと気がつけば、再来年には大学を卒業して40年ということになるわ けだが、それよりも20年以上早く卒業した先輩がいる。 要するに、昨年卒業60周年を迎えたわけだが、現在お手伝いしている 地域校友会を立ち上げたのがその先輩で、そんな彼を祝うべくの酒宴 が今晩催されるのだ。 一言で60年と言っても想像すらつかないが、大雑把…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街話§神保巷塵[30]黄昏の街歩き

[承前] 退職して以来、週に一度くらいは神保町に出かけている。とりたてて 深い意味はなく、毎日毎日家にいて夫婦が顔を突き合わせ続けてるの も何だかなあということで、そのあたりは合意事項となっている。 でまあ、大手を振ってのお出かけをしているわけだが、神保町に着く のは、陽が傾いた15時前後あたりで、そもそも勤務していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜草々~お疲れさんの会とか~

お手伝いしている出身大学校友会幹事のみなさんが、定年退職を前に 労いの会を催してくれた。望外のことだったので驚き、感謝である。 幹事の中には退職した後、新しい組織を立ち上げて活躍しておられる 先輩もいて、酒呑み話の中で“もう52年になる”と言っていたのには 驚いた。 それじゃあ、自分も同じように続けてみたいかと問われれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[35]ソース焼きそば

[承前] 以前、ワタシの酒肴で書いたテーマだが、久々におもしろいネタを仕 入れたのでソース焼きそば再考してみたい。 神保町の“とある居酒屋”では18時半から1時間ごとにソース焼きそ ばを炒めるのだ。そのタイミングでないと焼きそばを注文することが できないというもの。 というわけでソース焼きそばに眼がない身とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW話§黄金週間草枕~2015.05.01~酒肴

[承前] 連休3日目だったというのに曜日の感覚がなくなって、はて何曜日だ ろうとカレンダーを眺めてしまったというわけで、5月1日は金曜日 なのだった。 まず、午前中は先々週誂えた眼鏡が出来上がったので取りに行った。 デパートに入っている眼鏡店で受け取ってさっさと帰宅。久しぶりの 新しいフレームである。 午後は2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街話§神保巷塵[22]さぼうる60年

[承前] 神保町の老舗喫茶店“さぼうる”が、4月15日に創業60年を迎える。 いわゆる昔ながらの喫茶店で、軽食を食べることもできれば、居酒屋 として酒肴とアルコール類を楽しめる店だったりもする。 そんな“さぼうる”だが、実は店に入ったことは一度くらいしかない ……そんな“神保町住民”がここにいるのだ。だから、名物の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[34]寄り道居酒屋の条件

[承前] チェーン系でない居酒屋を探そうにも、なかなか個人営業の居酒屋を 見つけることが難儀な御時勢になっているのは、しかたないことか。 ちなみに自宅最寄り駅に真っ当な居酒屋は存在していないと言っても 過言ではない。だから結局のところ神保町ばかりで呑む羽目にという 昨今である……まあ、何軒か確保しているので、いいことに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[86]オニオンスライス

[承前] 貧乏自炊の下宿暮らしをしていた大学生活の終わり頃の冬のある日、 大学の友人が下宿に遊びにやってきた。夜になってなけなしの酒など 出しての酒盛りを始めた時に“それじゃあ僕が……”と台所で何やら ゴソゴソとやり出して、作ってくれたのがオニオンスライスだった。 器用だったのか、なかなかの薄切りにしたスライスの玉葱を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[33]酒呑み話は忘却する

[承前] 気のおけない知り合いと酒を呑む機会があって、2時間とか3時間の 酒席で談論風発となることはいつものことで、別段珍しいことではな い。 それはいいのだが、なかなかに実のある会話をしていたはずなのに、 帰宅する頃には、会話の中身の大部分を忘れてしまってということも また珍しくなかったりする。 どうしてなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[85]山かけ

[承前] 居酒屋の定番“山かけ”である。山芋とろろの中にマグロぶつを入れ ただけのことで、さてさて誰がこんなものを考案したものかと思う。 同種と思われるものとしては“マグロ納豆”なんていうのもあるが、 ねばねば系にマグロを入れたという意図はどこにあったのだろうと考 え込んでしまうのだ。 マグロは刺身としては一番好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[32]居酒屋ブームだと?

[承前] 先週木曜日のNHK『クローズアップ現代』のテーマは“今夜ももう 一杯~酒場と日本人の新たな関係~”ということで、街場にある昔な がらの居酒屋に人が集まっていると報じていた。その影響というわけ でもあるまいが、安価なチェーン系居酒屋の凋落が激しいのである。 確かに、どの店に行っても似たような料理と酒の揃いで、安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[29]独り呑みとサシ呑み

[承前] この間の高校同期連中とは9名での呑み会だった。まあ、楽しければ いいこととして、それ以上野暮は言いたくないけれど、会話が楽しく 展開できるのはせいぜい4名どまりが上限ではないかと思っている。 それ以上となると、両端に座った人間同士では会話が成り立ちにくく なってしまう。だから独り呑みに始まって、サシ呑み、3人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more