テーマ:チーズ

起話§時差ボケ絶賛継続中・・・

10日間の夏休みを終えて成田に到着したのが日曜日の8時前。順調に 9時過ぎのリムジンバスに乗って自宅に戻ったのは12時前だった。 早い午後に夫婦して軽くシャワーを浴び、荷解きをして洗濯したり、 夕食の買出しに行ったりして、時差ボケの眠気を意識して押さえる努 力をしていたのだ。 何とか持ちこたえて夕食に突入。久々のヱビス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諧話§一日一句~チーズうま!~2012.09.04

季語は・・・秋の宿 秋の宿 グラスワインと 山チーズ ちょっとした演奏会に出かけて、車で戻ってくるのは22時過ぎ。その まま部屋に入ってしまうこともあるが、2日に一回くらいは宿の1階 にある“居酒屋”に入って軽食と酒を注文する。 酒はビールかワイン、軽食はチーズの盛り合わせとかソーセージサラ ダといったつまみ類、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墺話§牛が里に下りる頃・・・

9月初めに夏休みを過したことで、毎年のように通っているアルプス 端っこの村々では、山の上の牧草地で夏を過ごした牛達を里に下ろす 行列を見ることができた。 夏の時季を山の上で過ごすことで、乳牛が出すミルクの質が高くなる というのは地元の人が教えてくれたこと。やはり環境が生産物の品質 を向上してくれるのだ。 そんな夏の間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~6Pチーズ~

[承前] 多くの日本人にチーズの概念を植え付けた最大の存在こそ“6Pチー ズ”であると言っていいだろう。 その昔、日本には“プロセスチーズ”という、いわば工業製品の均一 化されたチーズしかなく、それこそナチュラルチーズを口にしたのは ずいぶんと年月が過ぎてのかなり後になってのことである。 別にチーズが嫌いとか好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旨話§チーズと地酒を買ってきて・・・

いくらか円高の恩恵に与った今回の旅行では、例によってお山の中の 小さな食料品店のチーズ蔵に入り込んで、3種類のチーズを買い込ん できた。下がその成果である。 ベルクケーゼと呼ばれる18か月ものを中心に、やや新しめのベルクケ ーゼと、表面が黒いのはワインで表面を洗って熟成させたワインケー ゼと呼ばれている一品で、薄くスラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§不在つぶやき[6]ではあるが~

旅行の楽しみの大きな部分としてはビールやワインを楽しむというこ とがある。 山の中の小さな安ホテルだが、夜の21時過ぎとかに戻って来て小腹が 空いていると迷わず食堂に行く。同居人は温かいスープにパン、こち とらはビールとチーズの盛り合わせを注文。それで十分だ。 その程度であれば日本食が・・・という禁断症状は出ないでくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[33]チーズに蜂蜜を

[承前] いくらうまいとはいえ大量にガバガバ食べるわけではないから、まだ ゴーダチーズが残っている。 それでふと、気取った店で出てきたチーズの盛り合わせの中に蜂蜜を トッピングしたものがあったことを思い出して、ゴーダチーズでどう かなと考えたのだ。 なぜか蜂蜜“だけ!”はうるさい我が家に今あるのは山形産の蕎麦蜂 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[32]ゴーダチーズ

[承前] マツヤ銀座のデパ地下でよく買うのはチーズ。なかなかに充実してい て、いつもはサイコロ状にカットしたミモレットを買っているのだが 歌舞伎座閉場式の日に買ったのはオランダ産ゴーダチーズの塊で、こ れが直径20cmほどを四分割して1680円というお得な値段に迷わず財布 の紐を緩めた。 翌日から酒肴として食卓を賑わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[17]からすみ

[承前] からすみ(唐墨)ってボラの卵巣だったっけ。で、内臓系としては珍し く食べられたりする。 もっともデパートの食品街に麗々しく箱入りで飾られているのを買っ たことなどはなく――だって半端なく高い――ちょっと気の利いた呑 み屋にたまたま置いてあるのを、値段を確認して注文する。もっとも 足繁く通う呑み屋に麗々しい系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[16]ピザ

[承前] “冷めたピザ”などは食べる気に……ならんわなあ。 個人的に、ビールに合うのはクリスピーな薄焼きピザである。色々と 具がのっているのもいいが、トマトとチーズだけの“マルゲリータ” で十分に楽しめる。 翻って、初めてピザを食べたのはいつのことだっただろうと記憶をた どっているのだが、実家にいた頃だとすれば1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[6]デパ地下直送~

[承前] 言わずもがなだが、デパ地下であるとかの食料品街でおいしいところ を持ち帰って酒の肴にすることも少なくない。それをいくつか。 ミモレット……最近ごぶさただが、このところ一番愛用したチーズで はないか。好みとしてはソフトタイプよりはハードで塩味の効いたも のだから、ミモレットとは相性がいい。できるだけ薄く切るのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粉話§ピザはお好き?

物心ついて以降に知った食べ物がたくさんある。そんな世代に属して いるわけなのだ。 “ピザ”を知ったのはいつのことだろうかと記憶の地曳き網を手繰り 寄せてみると、どう思い出しても十代の後半のことで、ひょっとした ら東京に出てきて、ようやく初めて食べたのではなかろうかと……。 それでどのあたりの店だったかというと、渋谷の“…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§気まぐれ連休~09.05.02~お買物

午後になって沿線にあるアウトレットモールに出かけた。連休のこと とて当たり前だが買い物客でごった返していた。 軽いトレッキングまでできそうなウォーキングシューズを買うためで ある。数軒のスポーツ関連ショップを回って思ったような靴がないか 探してみた。中には用途のジャンル表示がされていない不親切な店も あった。明確な用途でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酪話§草を食む白い牛さん黒い牛さん

↑グヮラ~ン! でかいカウベルがアルプスの谷間にこだまする 6月頃、アルプスあたりの牛さんは山の上にいて、気持ち良さそうに 草を食んでいる。 けっこうな傾斜地だったりするのだが、バランスがいいのか用心して いるのか滑落するようなこともなく、目印にでかいカウベルをさげた だけで、どこかにいなくなってしまうなどというこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酪話§山奥のチーズ屋のチーズは

昨日で我が家用に買ってきたお土産チーズ2種類500gほどを食べ 終えた。 おいしかった。放っておくとけっこうな芳香を放つので、冷蔵庫に入 れてしっかり密封して保存、薄めにスライスしてビールのつまみに絶 妙であった。 一つは新しめのもので軽い風味。もう一つ、多めに切ってもらったの は20か月だかの熟成もので、色もやや濃…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

酪話§チーズとかケーゼとか-下-

さて教えてもらったのはいいが、どんなチーズをどう食べるのか、そ れがわからないときたもんだ。 とりあえずホテルの朝食のビュッフェに並んでいる数種類のチーズを 試してみることから始めてみた。日本でも既におなじみのカマンベー ルタイプや青黴タイプのものから、モッツァレラ以上に柔らかい出来 立ての山羊チーズ、それとハードタイプの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酪話§チーズとかケーゼとか-上-

「遅かりし由良之助」ではないが、この数年来チーズをレパートリー に入れるべく年に一度の手習いを敢行中。 我々のような世代にとってチーズといえば、Y印の6Pのような“プ ロセスチーズ”が味覚記憶の大部分を占めていて欧米の“正しいチー ズ”が視界に存在しない時代が長かったのだった。 曲りなりにヨーロッパを旅行するようになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粘話§納豆は無罪 罪は捏造した馬鹿者に

日曜日のスーパーマーケット、納豆騒動に一区切りついたからなのか 納豆のコーナーには“納豆が戻っていた”のでいそいそと購入した。 ご飯に納豆をのせる。混ぜ込んだのは鰹節、葱に和辛子だ。 マスコミが、自分の影響力を過信して犯した馬鹿馬鹿しくもお粗末な 一件である。何が問題かといえば“まず放送ありき”という態度で、 検証がロクに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醸話§ちょっと薄めのミモレット

このところミモレットをつまみにビールやワインを呑んでみている。 某元首相が“ひからびたチーズ”とか揶揄したことで、いくらか有名 になったらしく、そこそこの食料品を扱う店では簡単に見つけること ができる。 熟成期間の長さが値段に反映していて、24か月とか18か月といったも のはコクもあるが12か月物くらいだと味がまだすか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痩話§何を今更納豆などと

昨日の朝刊社会面下の広告欄に納豆“K”のお詫び告知が掲載されて いた。特に気に留めずにスルーしていたら、納豆ダイエットなる民放 番組のおかげで生産が追いつかないということを知った。 ココアがいいと聞けばココアが品切れになり、赤ワインがと聞けばウ イスキーから乗り換えてみたり……。勝手にやってなさいと言うしか ない馬鹿馬鹿し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食話§納豆をあれこれしておいしく食べる

豆腐、枝豆に続いて納豆である。炊き立てのご飯にかけて食 うのは幸せであるのだが、なかにはご飯なしで「かきまぜて 醤油、薬味を入れたのをそのまま掻き込む」という人がいて、 嗜好の不思議を思った。 納豆に入れる調味料、薬味であるが、これまで入れてみたも のを列挙してみる……醤油(当たり前だ)、長葱、大根おろし、 和辛子、鰹節…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more