テーマ:夏休み

遊話§休暇つぶやき~2011.09.02~

今日から夏季休暇である。台風は気になっているが、飛んでしまえば こっちのものだ。 今回はマックブックエアーを持って行くことにして、滞在する付近の ネット接続ができるように手続きをしてみた。現地で実際に繋がって くれるかどうかは、お楽しみということである。 さすがに里心の度合いが高まって、旅先でも日本の情報を取り込みた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長話§とうとう9月になっちゃった

この月も半ばを過ぎると、夫婦して齢を一つずつ重ねることになる。 そういう意味で9月は、ある意味で12か月の中では少しだけ特別度が 高かったりする。 もっとも何か変わったことをするわけでもないのは、毎度のことだが 今年の9月は予定が詰まっている。明日から10日間の夏休みがスター トするし、月半ばには歌舞伎を2回観ることになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜呟き~ぼちぼち夏休みを~

何年かに一度の割合で9月の夏休みというスケジュールになることが ある。今年がそれにあたっていて、ぼちぼちと準備らしきものが始ま るという、そんな時期が近づいてきた。 目的地も、まさに十年一日の場所だし、何かを考える必要などもあま りなく、だから準備もぎりぎりになってからでも大丈夫なのである。 とはいっても、この土日と来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜呟き~夏祭り~

我が生まれ故郷の街でも、今日までの日程で夏祭りが行われている。 生意気盛りだった十代の半ば過ぎの頃には、学校の友人達と浴衣姿で 盆踊りの輪に加わったりした。せいぜい3日間の祭りであるにしても 夏休みの楽しみとして夜遅くまで踊りまくったという記憶だった。 県立の男子高という、何ともトホホな青春環境は、半ばやけっぱちで 通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季話§土潤溽暑~七十二候~大暑

大暑の次候“土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)”である。 暑さもたけなわで、しかもまだまだ2か月は優に続くから、悠長に暑 さを楽しむなどという気になど、とてもなれない。 まだまだ暑さなど屁のカッパだった少年時代の夏休み、プールに行っ て泳いでいるか、自転車に乗って飛び回っていた。草いきれする田舎 の道は陽炎がゆらゆら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜呟き~一年前は旅の空~

【去年の今日】で示したように、一年前の今頃は夏休みの旅行が始ま っていたのだった。ちょうど2010ワールドカップ第一次リーグと時を 同じくしての10日間の旅程。 時差のないリアルタイムでオランダ戦とデンマーク戦をテレビ観戦し たのもよき思い出である。 一年前の現地の天気は、さしずめ今年の東京の梅雨のようなといえば い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海話§氷川丸に泊まったことがあるのだ

すっかり昔話に属することだが、横浜港に繋留されて久しい氷川丸に 宿泊したことがある。 宿泊施設としては、ユースホステルの類だったかと記憶しているが、 なぜ泊まったのかというと、中学3年の時に市内の中学校に通ってい る3年生から一校あたり数人とかを選抜しての夏休み一泊旅行という ものがあり、たまたま選ばれたということだった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絲話§お蚕のお話~繭ができるまで~

絹織物が盛んだったこともある我が田舎町は、少し郊外に出ると桑畑 を見かけることが多いのだ。 そんな郊外に知り合いの農家が一軒あって、遊びに出かけることがあ った。ただ畑の中を走り回り、バッタやイナゴをつかまえたり、鶏舎 の鶏に餌をやって、ケージから産み落とした卵を集めたりしていた。 小学校高学年の春先に行ってみると、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~2学期始まる~

[承前] 東京あたりの小学校、中学校の夏休みは8月一杯あったりするが、我 が県全体かどうか、8月25日までだったりしたのだ。これはけっこう というかおもしろくないことで、東京あたりから祖父母の実家にきて いる同世代の人間から聞かされたりして、相当にうらやましかったと いう記憶。 たった6日と言うことなかれで、その6日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~ラジオ体操~

[承前] 夏休みのお約束に早朝ラジオ体操がある。夏休み前半の2週間くらい だったか、通っている小学校にもぞもぞと集まって、NHKのラジオ 体操放送に合わせて体を動かす・・・それだけのことである。 第一体操と第二とやっても10分ちょっとで解散。朝早くからわざわざ 集まってご苦労さんだが、出席簿があったりするのだ。はがき大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~水遊び~

[承前] 既にして斜陽に歯止めのかからない公営ギャンブルであるが、その昔 の華やかなりし頃は、しこたま稼いだ寺銭のおかげで潤ったところも あったのだ。 代表的なのが教育関連の施設。ギャンブル場のあった隣の自治体では 小学校と中学校の全教室にテレビが置かれていたという。隣よりは規 模の大きかった我が街ではそこまでの設備…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~朝顔&夏休み~

[承前] 夏休みが始まる前、梅雨の頃には朝顔の種をまいていた。朝顔は丈夫 なようで、別に肥料とかの心配をせずとも、放っておいて勝手にぐん ぐん伸びては毎朝のように花を咲かせてくれるのだった。 四コマ漫画あたりの夏休みネタで、朝顔の観察日記というのはお約束 みたいなものだが、小学校6年の間に朝顔を観察して日記をつけたこ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~夏休み中の部活~

[承前] 土日になると、我が家北側の小学校庭を使って地元の少年サッカーの 練習とか試合とかが行なわれている。それも朝から夕方までという。 先週末も灼熱の空の下、ボールを蹴りまくっていた。そんな光景を、 除湿の効いた部屋の中から眺めながら、そういえば中学生時代の夏休 みは部活に精を出していたことを思い出したのだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~夏祭りと浴衣~

[承前] 生まれ育った田舎町では、旧盆のタイミングで3日間ほどの夏祭りが 行なわれていた。川原での花火大会に始まって、神社から出た各町内 の神輿渡御が本通りを練り歩いたのだ。 夜は恒例の盆踊りである。大通りには町内ごとに櫓が立ち並んで賑や かに踊りの輪が伸びていったのだった。 往時は織物の産地として隆盛を極めた小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暇話§あなたがどこに行くかではなく

あなたがどこに行くかではなく あなたが誰に会うかです ……という某海外リゾートクラブの広告コピーがある。旅行の形は人 それぞれであるが、回数を重ねていくうちに形が変容していくのは、 ごく自然なことである。確かに、どこに行くというのは主要な目的で あるが、最近はそこに別の要素が加わりつつある。 ここ数年来、同じ地域に1週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降話§成田に着陸したものの・・・

6月最終日曜の9時半頃、夏期休暇を終えた我々を乗せたルフトハン ザ機が成田に着陸した。公式の到着時刻より30分以上早かったのだ。 しかも第一滑走路の北西側から着地……しめしめ、第一ターミナルの フィンガーまですぐじゃん、これは早いですよ……とほくそえんでい たら、ターミナルの一番端のフィンガーまで100mほどのところで 停…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜悠々~時差ボケ~

例によって時差ボケが解消していく過程の話である。 一週間前日曜の9時過ぎに成田に到着。その日は22時前にはベッドに もぐり込んだ。明け方一度眼が覚め、それから――眠いのに――しば し時間がかかって再び寝つけたものの、やはりというか朝の目覚めは ご機嫌斜めで、例年と変わらぬ休み明け初日の出勤となった。 2日目以降も状況は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図話§6月のPVグラフ~不審なり!~

6月のPVグラフである。5月のグラフはこちら。 後半は、夏休み特別エントリーになったためにアクセスは減ったが、 全体のアクセスは好調といってよかろう。ただ、その後半のアクセス もおよそ平均的なものだから、特に前半が好調だったわけである。 ただし、アクセスレポートを眺めていて気になったのは、商売してい るサイトからの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~また今日から~

夏休みは終わってしまったが、これから先が暑い暑い日本の夏の…… ……本番が控えているわけで、じゃあ夏休みをいつ取ったらいいのか というタイミングを考えても、真っ盛りの時季に取るべきなのか、一 段落する頃を見計らって取るべきなのか、結局のところ結論は出ず、 要するに自分自身が取ろうと思った時に休暇を取るしかないのだ。 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§不在つぶやき[10]西風に乗って~

27日の午前0時、我々は日本に戻る機中の人である。そろそろ夕食の サービスがという段取りのはずだが、期待しているのは“蕎麦”だけ だったりする。 飛行時間だが、このエントリーを公開した時点であと10時間あまり。 食事が済んだところで、できれば5時間、6時間と眠れればうれしい とは思っているのだが、さてどうなることか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§不在つぶやき[9]最後の晩だが~

都会に戻って来ての2日目が暮れようとしている。日付が土曜日へと 変われば日本へ御帰還である。 最終日、これから我々はオーケストラの演奏会に行く。プログラムは シューマン、ストラヴィンスキーにスペイン物……。ちょっとかなり 楽しみだったりする。 そろそろお出かけの仕度にかかるという時間が近づきつつある。とい うわけで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§不在つぶやき[8]ビアガーデン~

今日の昼は、天気が許せばビアガーデンに繰り出すことにしている。 いつものビアガーデンにするか新たに開拓するかは、気まぐれなお楽 しみだ。 間もなく年に一度“ささやかに”本場の1リットルジョッキを傾ける 幸福な時間がやってくる。去年や一昨年と同じく、枝豆や葱チャーシ ュー、それに寿司を持ち込んでみようかと思ってはいるが、さて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§不在つぶやき[5]既に休暇も~

気がつけば休暇も半ばである。 ここ数年、旅行の間に里心がつくこと毎度のことになってしまった。 明らかに年齢的な要素が大きいと思われるが、とにかく現地の食事を 食べていると日本の料理がぼんやりと浮かび上がってくるような錯覚 に陥ってしまう。 前に書いたのは、同居人が目覚める直前に鼻腔を蕎麦つゆの香りが通 り過ぎていった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§不在つぶやき[4]ヨハネ祭~

今日は夏至である。キリスト教国ではヨハネ祭とも呼ばれる。ワーグ ナーは、その日の様子を『ニュルンベルクのマイスタージンガー』と して描いたのだ。 この時季は、とにかく日が長い。今いる場所の6月21日の日没時間は 21時21分。ちなみに東京の日没は19時ちょうど。 日が沈んでも22時頃までは西の空に明るさが残っている。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§不在つぶやき[2]オランダ戦~

サッカーのワールドカップが行なわれる南アフリカと中央ヨーロッパ は時差がないので、土曜日の午後はホテルのテレビにかじりついての 観戦といきたいのだが……日本戦の放送は見られるだろうか。 相手がオランダだから、いくら何でもどこかのチャンネルで中継して いるとは思うが、そのチャンネルを見ることができるのかどうか、そ れがわから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§不在つぶやき[1]休暇始まる~

昨日より夏休みである。一年前とほぼ同時期にあたってしまった。 ブログの予約公開設定なるもので、6月18日の0時ちょうどに、この エントリーがアップされるが、当の本人はというと、あと30分ほどで 日本との時差マイナス7時間の空港に着陸する機内にいるはず。 というわけで本日から日本に戻るまでは、予約公開モードに仕込んで お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暇話§というわけで~本日より夏休み~

というわけで、本日これより超早い夏休みをいただきます。 例年、夏休みの間はブログもお休みなのだが、それでは申し訳ないと ――勝手に――思って、今回はちょっとした芸当をすることにした。 明日以降もお楽しみに待っていただければということで……。 iPod touchは携行するが、さすがにブログを書こうとは思わない。 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§気まぐれ週末~ちょうど一年前は~

ページビューからも世間がお盆休みだということが感じられる。通常 よりもいくぶんかアクセスが少ないのである。 あっという間に一年が経ってしまったが、25泊27日の大夏休み旅行を 敢行したのが去年のこの時期なのだ。この土曜日は到着した翌日で、 ドレスデンでの初日ということになっている。 ↓再建から3年、ようやく教会の真下に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§気まぐれ週末~一日お得~

一年で何日有給休暇を使っているかというと、たぶん10日ほどだと思 われる。月に一日も取っているわけではないなぁとは…… モッタイナイ! 仕事の一段落で取ろうとタイミングを推し量るわけだが、どこをどう つついても月曜から金曜まで細々とした何かしらが“やるべきこと” としてある。そこをエイヤッ!っと休みの届けを出すしかない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂話§アルプスの峠越え[下]峠にて

[承前] 少しばかりガスがかかっているが晴れていればなかなかな風景だろう というところに、何ともそっけなく…… Hochtannbergpaß    1675m ↓標識では1675mだが、ドイツ版ウィキペディアでは1676m ……という標識が立っていた。峠の前後の道は緩やかになっていて、 山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more