テーマ:ドイツ

券話§チケットの取り方[下]そしてネットへ

[承前] ドイツあたり、インターネット環境は日本より遅れているという話は よく聞くが、こと劇場やコンサートホールのチケット予約システムに 関する限りは、日本よりかなり先行していたと感じる。少なくとも、 それをサービスであると認識していたのは彼の国のほうなのだ。 21世紀に入り、インターネットが日常の存在となったことで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~ベルリンの壁崩壊三十年~

前日1989年11月9日、政治報道局長のシャボウスキーが誤って発した 一言が、翌日(10日)にかけての“ベルリンの壁崩壊”へと繋がった。 あれからあっという間に30年が経っていた。同じ年の初め、日本では 昭和が終わって平成が始まったが、30年後の今年の日本も平成が終わ って、元号が変わったのである。 6月にベルリンを訪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

活話§“ライブ”に行かない日本人?

テレビで見れば“それでよし”と思っているのかどうか……日本人は 特にスポーツの類を出かけていって観ることが少ないと感じる。 もちろん、プロ野球やサッカーのJリーグはそれなりの観客数を記録 してはいる。ラグビワールドカップも毎試合数万人の観客を集めての 日々だったが、問題はこの先であろう。 それで、ドイツあたりに旅行して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~ベルリンの壁崩壊に続き~

1990年10月3日、東西ドイツ再統一。 ちょうど30年前の1989年11月9日にベルリンの壁が崩壊し、それから 11か月後という迅速さでドイツが再統一された。 あまりにも劇的だった壁崩壊の時に比べて、もう少し時間をかけての 再統一が行われるかと思ったが、意外なほどに早かったという記憶で ある。 ついこの間のニュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~フランクフルト中央駅~

1888年の今日、ドイツのフランクフルト中央駅が開業している。 初めて海外旅行をした40年近く前、帰国便に乗るためにウィーンから フランクフルトまで電車に乗って移動した。駅前のホテルに一泊して 帰国便に乗ったが、その時にフランクフルト中央駅の偉容に接したの だった。 何より頭端式ホームがずらりと並んび、その上の巨大なか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酷話§ドイツのほうがはるかに暑い!

ここ数年の旅行は暑さとの戦いの日々だった。というか、とっくに降 伏して、おとなしく、じっとするようになってしまったのだけれど。 かつて、6月のヨーロッパといえば、湿気も少なくほどほどの気温で 気持ちよく旅行の日々を過ごせたのだったが、どっこいそうはいかな くなってしまった。 そんな暑さになってしまったことを顕著に感じる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[22]帰国する~下~

[承前] 無事にチェックインして、さっさとセキュリティチェックから出国審 査を済ませたところで、腹が……減った。とくれば、ここは昼ビール であろう。 ↓とはいえ軽く、軽く、だがぐびぐび! 搭乗予定時刻をちょっと過ぎて搭乗開始となったが、その先が長かっ た。出発時刻を過ぎても飛行機がフィンガーから離れてくれない。 ↓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[21]帰国する~上~

[承前] 帰国の日がやって来た。ベルリンに一週間、アルプス端っこに一週間 旅行日数は19日間だった。さすがに3週間21日まで滞在日数を伸ばす のはきついものがあるので、この先の旅行期間も、2週間ちょっとが 目安になるだろう。 オーストリア・アルプス端っこのホテルをチェックアウトして車を動 かし始めたのは9時半頃。アウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[4]ベルリン到着

[承前] ベルリンを訪れるのは2013年以来のことである……時差ぼけのおかげ で、けっこう早く目が覚めてしまい、11時発のフライトを前に、部屋 でぐだぐだすることになったが、2時間前にはさっさとチェックイン して、後は離陸を待つのみである。 ↓ミュンヘン空港で搭乗客を待つルフトハンザAirbus320 ベルリンまでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§梅子黄~七十二候~芒種

芒種の末候“梅子黄(うめのみきばむ)”である。 金曜日に羽田を発って3日目である。まだ時差ぼけは残っているが、 レンタカーを運転するのはもう少し先なので、そこは気が楽なのだ。 それにしても相変わらずな乾燥気候である。冗談でも何でもなく、ラ ンチに半リットルほどのビールを呑んでも、一時間しないうちに体内 から水分もアルコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊話§年に一度の旅行へ

というわけで、梅雨模様の日本からドライな空気のエリアへ束の間の 旅の空である。 昨今、この時期の北半球はおそらくどこに行っても暑さ暑さで、行動 的になれというほうが無理だったりして、今回もそうであるならば、 ホテルライフを楽しむという皮肉な滞在になるかもしれない。 そうは言っても、オペラやらコンサートの予定は入れてある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麥話§ビール純粋令五百三周年!

恐縮ながら、めでたくもドイツのビール純粋令が503周年を迎えた。 ドイツの特にミュンヘン付近のビール愛好者としては、年に一度でも 現地のビールが呑めることを楽しみにしていて、それが叶わなくなっ たら、旅行する意味などないというのは本当のことである。 ビールほど、土地柄を表しているアルコール飲料はないのではと思う …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疾話§アウトバーンの制限速度

地球温暖化対策とやらで、ドイツがアウトバーンの速度無制限区間を 廃止して、130km/hの速度制限を設ける提案がなされるのだそうだ。 ↓ミュンヘン郊外のアウトバーン……3車線 “速く走って何ぼ!”と思っているドイツ人が「はい、そうですか」 とすんなり受け容れるとは思われないのだが。ちなみに隣国オースト リアには130k…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独話§ドイツを旅行するのは・・・・・・

レンタカーを利用するようになって、間もなく20年になろうとしてい る。鉄道旅行も嫌いではないが、小回りは圧倒的に自動車による移動 に軍配が上がる。 とはいえ、ドイツをメインに旅行するようになってはみたものの、訪 問した都市は限られている……訪れて宿泊したことのある都市だけに 限ってみれば。 ミュンヘン、フランクフルト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心話§ブラームスの交響曲第4番第4楽章

初めての海外旅行は、1980年から1981年の年末年始を利用してのもの だった。ウィーンをベースに、ザルツブルクとミュンヘンそれぞれに 一泊して大晦日のウィーンに戻ってきたのである。 その当時はまだ、ブラームスの交響曲を聴いてはいなかったと思う。 せいぜい1番くらいではなかっただろうか。だが、あの時に聴こえた のは交響曲第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敬話§来訪神の無形文化遺産登録

秋田男鹿半島のナマハゲに代表されるのが“来訪神”と呼ばれる異形 な仮面の“神”である。 彼らがやって来るのは、大晦日、小正月、あるいは立春といった“変 わり目”がそのタイミングで、男鹿半島のナマハゲは1月15日の小正 月の行事だったのが、戦後は大晦日の行事となった。 子供のいる家々を襲って“悪い子はいねがー!”と、子供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼話§旅行の視野

“初めての場所”を訪れた時、自分の視野が極端に狭まっていること を強く感じる。これが体の生理的な反応なのか精神的なものなのかは わからない。 視野が狭まった最初の記憶は初海外旅行の時で、成田からモスクワを 経由してフランクフルトに到着した直後のことだった。飛行機を出て フィンガーを歩き空港の建物に入ったと同時に、周囲の風景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独話§ドイツ人と会食

ちょっと旧聞だが、先々週の火曜日に会食をした。同居人の知り合い でドイツ人と結婚した女性夫婦と4人である。 一年前、夫が外資系企業を定年退職してミュンヘンに戻っていたのが 年に一度の日本訪問ということで、一か月近い滞在の間に一度はと、 連絡を取り合って会うことになったのだ。 場所は神田の居酒屋。ドイツ人の夫は、人生の半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜消息~NDRエルプフィル~

何だかんだで、ドイツ系オーケストラを聴く頻度が高いクラスタだ。 今日の午後は、アラン・ギルバート指揮のNDRエルプフィルをサン トリーホールで聴く。プログラムは以下のとおり。 ワーグナー: オペラ「ローエングリン」から 第1幕への前奏曲 マーラー: 交響曲第10番 Fis-Durから アダージョ ブラームス: 交響曲第4番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漂話§旅は徒然[28]マイケル・ジャクソン

[承前] ミュンヘン中心部にある16世紀の作曲家オルランド・ディ・ラッソの 像周辺がおもしろいことになっていると、テレビ番組で紹介していた ので、それではと見物に出かけたのは滞在最終日のこと。 市内高級ホテルの一つであるバイエリッシャーホフの前、市電が行き 交う線路に挟まれた小公園の中にそれはあった。高さ数mはあろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜消息~オクトバーフェスト~

ミュンヘンでは昨日からオクトバーフェストが始まっている。期間は 10月7日までの16日間。数千席を擁する巨大テントの中で、日々大量 のフェストビアが胃の腑に納められるのである。 そして日本ではちゃっかりとオクトバーフェストの名前を拝借して、 季節を問わず何ちゃらなビール祭りが各地で行われているが、さすが にドイツ人から「オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

状話§今日から旅行ですが

というわけで、これから羽田空港国際線ターミナルまでレンタカーを 走らせてチェックインし、昼過ぎには羽田を出発してミュンヘンへ。 明日からレンタカーを運転して、オーストリアやらドイツでのんびり したいと目論んでいる。 初訪問の町もあって、毎年毎年が金太郎飴のような旅行のように見え ても、ほんのちょっとずつではあるが味わいは変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭話§一年前はミュンヘンのビアガーデン

ちょうど一年前は、ミュンヘンにいた。2週間ちょっとの旅の最後に 3泊して、オーケストラコンサートとオペラを一回ずつ……どちらも 不本意なものだったが。 そんな最終日、寿司屋で巻き寿司、稲荷寿司、それに枝豆をテイクア ウトして、遅い午後に中央駅近くのアウグスティナーケラーのビアガ ーデンに向かった。最後に訪れたのは2010年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§サバティカルなう!の人がいて

知人が、この4月から一年のサバティカルに入っている。滞在先は、 ドイツである。サバティカルとは、企業や大学などが、希望する人に 対して有給の長期休暇を認める制度のことである。 仕事をしていた会社には長期休暇制度はあったが、自己都合の場合は 無給だったと記憶していたのだが。 もしも有給でサバティカルが可能だとしたら、ある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麥話§ビール純粋令五百二周年!

何と言っても、この日はビールにおける最大の記念日なので、毎年忘 れずに書き記しておく。 そうして、今年も年に一度の旅行の目的地は変わらず、ビール純粋令 の世界である。旅行期間中は、せいぜいうまいビールに舌鼓を打つの だ。 日本のビールの多くは、米やコーンスターチといった混ぜ物が入って 醸造されている。ヱビスビールのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

包話§ドイツのパン~好みですとか~

ドイツやオーストリアを旅行していて思うのはパンのおいしいことで ある。 ホテルの朝食には、ゼンメルとかブレートヒェンと呼ばれる丸パンが お約束として出てくる。それ以外の種類のパンもあるが、多くの宿泊 客はゼンメルを手にするようだ。 そして、横半分に切ったところにバターやジャムを塗ったり、チーズ やハムを挟んだり、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2018年3月5日付~

2月6日……2018年のこの日、ベルリンの壁が崩壊してから10316日が 経過した。これで、1961年8月13日に壁が建設されてから、崩壊した 1989年11月9日までの日数と同じになったのだ。 ベルリンに壁が構築された時、小学1年だったが薄っすらとした記憶 として残っている。もちろんその時は、壁がどういう意味かわかって …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more