テーマ:天気

週話§土曜諸相~梅雨が明けない~

7月に入ってこのかた雨続きで気温も25度に達した日はなかった。 先月旅行していた間は超が付くような猛暑の日々で、これが北緯48度 の世界なのかとうんざりしつつ過ごしていたのだ。 それが、10日前に帰ってきたら、滞在していたベルリンもオーストリ ア・アルプスの端っこも涼しい気候が戻ってきて、そんなタイミング で旅行したか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2019年6月の天気模様を振り返る

6月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認して、より詳細な気象状況をチェックできる。 6月14日に日本を発って旅行に出てしまったので、月の後半についてはノーコメントだが、まあまあ梅雨らしい一か月だったのではなかろうか。 それにしても日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年7月4日付~

6月4日……超久々に床屋で髪を切ってきた。最後に行ったのが2月上旬のことで、何と4か月ぶりのこととなった。これまでの最長記録なのだ。 髪の伸びが遅くなったとは前にも書いたことだが、五十代半ば頃までは一か月おきの床屋通いだったのが、六十代になる頃には、すっかり伸びが遅くなって、3か月に一度くらいでも困らないペースになっていたのである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§菖蒲華~七十二候~夏至

夏至の次候“菖蒲華(あやめはなさく)”である。 北緯50度に迫ろうかというエリアを旅行しているが、6月か8月に予 定されている年に一度の旅行の時は、このところ猛暑の大当たりなの だ。 当然ながら現地の人間もそのことに気がついていて、彼らが着ている 夏服も、20年前に比べれば、さらにさらにカジュアル度が上がってき てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留話§一日一句~ヨーロッパも暑い~

季語は・・・夏衣 彼の国も 地球温暖 夏衣 地球温暖化が顕著になってきて、ヨーロッパは猛暑続きとなってしま った。 そうなると四の五の文句を言えなくなって、ホテルを予約する時には エアコンが付いていることを条件に加えるようになったのだ。 今、滞在しているアルプス端っこの小さなホテルにエアコンはなく、 時に暑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§腐草為蛍~七十二候~芒種

芒種の次候“腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)”である。 東南アジアのスポンジに水を含んだような湿気満点の空気の中に生き て“じめじめしている”とか“鬱陶しい”とか愚痴をこぼすと、罰が 当たるよなあと思うのは、ドイツあたりの乾燥気候の洗礼を受けた時 だったりする。 ドイツにニベアが厳然と存在し続けている理由こそが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2019年5月の天気模様を振り返る

5月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認 して、より詳細な気象状況をチェックできる。 ううむ……つい先月のことだが記憶がない。夏日は13日あったし、 最高気温30度超の真夏日も5日あったから、すっかり夏なのだが、 何となく肌寒い日も少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~水無月六月~

今年も半分が過ぎようとしている。6月がやってきてしまった。当月 の具体的な予定は次のエントリーに書いておくが、それ以外の情緒的 感慨のようなものを書き記しておく。 季節はすっかり夏となった。真夏の猛暑とは違うけれど、それでも暑 さはと東南アジアのさらなる湿気は、すべての人に満遍なく容赦なく 蔽い被さってくる。 定年退…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年5月31日付~

5月4日……14時半を過ぎた頃から、我が家あたりでゲリラ豪雨が襲 来した。土砂降りを通り越したような猛烈な雨に混じってパチンコ玉 くらいの大きさの雹(ひょう)が、バラバラと降りかかってきたのだ。 夕方出かける用事があったので、我が家近くの歩道脇に積もっていた 雹の写真を撮っておいたのが上である。60年以上生きていて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~五月最終週~

5月も最終週となってしまった……一年も5か月が終わってしまう。 気持ちのいい季節も、6月に入れば梅雨が始まって、鬱陶しい湿気の 世界へと突入していく。 せっかく気持ちよく過ごしてきたのところを、おまけに梅雨寒という こともあるので、そんな天候不順も気にしなくてはならない。そして 梅雨が終われば、今年も猛暑の夏が待ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生話§五月も下旬・・・・・・ですね

時間の進み具合があまりにも早く目まぐるしくて、追いつくのが骨と 感じてしまう。 4月末から5月へと暦が変わっても、肌寒い日となって、せっかく冬 物から夏物へとクローゼットの中身を替えはしたものの、元気に半袖 を着ようと思っても、ちょっとためらうような外気温が続いたのだ。 とはいえ、徐々に夏めいていけば、毎日がビール日和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年5月23日付~

4月28日……この日5時頃、府中アメダスの最低気温が3.3度を記録し た。実は当日のアメダスでは最低気温2.5度と記録があったのだが。 4月終わりで、最低気温が一けたの、それも限りなく0度に近づいた というケースはさすがに珍しいのではないだろうか。 その前夜、ひょっとしたらと同居人がキッチンの換気扇を冬の時期と 同じく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§蚯蚓出~七十二候~立夏

立夏の次候“蚯蚓出(みみずいずる)”である。 順調に夏への階段を上がっている。天気はおおよそ上天気といえるだ ろうが、この時期に特有な強い風の吹く日が多い。 洗濯物は午後になれば乾いてくれるのはありがたいが、洗濯物が風に 飛ばされることのないようにと、同居人があれこれ工夫をしている。 もう少しすれば、日々着るものも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年5月9日付~

4月12日……この日の夜も結露防止の換気扇を回した。翌13日朝の最 低外気温は3度まで下がったので、結露発生の目安としている5度を 切っていたのだ。 4月第2週になっても花冷えの日々が続いたので、就寝前にキッチン の換気扇を回すのは励行していた。ようやく寒さが緩んだのは、14日 の日曜日のことである。3週目16日には最高気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年5月3日付~

4月3日……この日の未明、グーグルプラス(G+)が、一般ユーザー 向けのサービスを終了した。告知では4月2日に終了とあったが、ア メリカの時間だったようだ。 ↓4月3日の朝には終了の画面が グループの構成メンバーに向けて発信できるという、比較的内輪向け なSNSで、使い勝手がよく重宝していたのだが、グーグル的にはあ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酵話§食パンの出来不出来

昨今話題になっている食パン専門店の一軒が我が家から車でちょっと のところに店を開けているのを見つけて買い始めたのが半年くらい前 のことだっただろうか。 それまでは、近くのスーパーマーケットのパンコーナーで買っていた が、それと比べると“もちもち”とした高密度で歯ごたえのある味わ いに、すっかり朝のトーストとして定着したのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2019年4月の天気模様を振り返る

4月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認 して、より詳細な気象状況をチェックできる。 上旬は比較的晴れの日が多かったが中旬以降はピリッとせず、雲がち で最低気温が一けた台ということも珍しくなかった。 そのおかげかどうか、桜は開花し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚話§天気予報が当たらない

このところ、天気予報の精度が芳しくないと感じている。 晴れだと思ったらぐずついた曇りならまだしも、雨までしっかり降っ てみたり、特に4月初めに日本列島を襲った“寒気”などは、完全に 予想外の事態だったのではないか。 何より、各地でけっこうな降雪に見舞われてしまい、あちこちで車が 立ち往生することになった。もう大丈夫だろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§霜止出苗~七十二候~穀雨

穀雨の次候“霜止出苗(しもやんでなえいずる)”である。 4月に入った瞬間に、花冷えが何日も続いた。駐車場の車の屋根には 白い霜がびっしりと降りて寒さを物語っていたのだ。我が家から一番 近い府中アメダスの最低気温は、連日1度とか2度とかを記録した。 さすがにちょっと、ここまで冷え込んだ4月の始まりは記憶にない。 41年前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年4月24日付~

4月1日……窓にまさかの結露を生じていた。我が家の場合、外気温 がおおよそ5度以下で結露が発生する。 それを見越してキッチンの換気扇を最弱で回し、結露を回避している のだが、3月が終わる前日の夜は、換気扇を回さずに寝てしまった。 そうしたら、まさかの結露が発生していた4月1日の府中アメダスを チェックしたら6時前に2.7度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§虹始見~七十二候~清明

清明の末候“虹始見(にじはじめてあらわるる)”である。 尾瀬ヶ原では“白い虹”が見られるという。大学時代の夏休み2年間 を尾瀬ヶ原の山小屋でアルバイトしたが、一度も白い虹を見ることは なかった。たぶんおそらく、中田代あたりでは見られて、下田代では あまり発生しないのではないか。 霧が白い虹を生み出すのだが、霧の水粒は普…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2019年3月の天気模様を振り返る

3月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認 して、より詳細な気象状況をチェックできる。 3月の東京もまた、どことなくぐずついていた日々だったと感じる。 3月下旬に桜は開花したが花冷えの日が多く、夜中の最低気温が5度 を切ることもあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more