テーマ:天気

変話§禾乃登~七十二候~処暑

処暑の末候“禾乃登(こくものすなわちみのる)”である。 9月だからといって侮ってはいけない。あたりまえだが、まだまだ猛 暑日は続くと思わなくてはならない。 雨が多いと、水不足にはならないけれど、今度は日照不足で農産物の 生育を心配することになる。どちらもバランスよくというのはなかな か難しいことだ。 さらに、収穫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2019年8月の天気模様を振り返る

8月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認して、より詳細な気象状況をチェックできる。 下旬に入って急に秋めいてきたと感じたが、8月の猛暑日は10日間も あって、不要不急ではない外出は極力控えて体力温存に努めたのだ。 前半は晴れた日が多かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~八月最終日曜日~

もう、何度でも書いてしまうが、時の流れは速い……あっという間に 8月が終わろうとしている。 しかし相変わらず暑い。最寄り駅まで徒歩15分の道のりすら歩くには 暑過ぎて、身の安全を大きな名目にバスに乗ってしまうのだが、これ はもうしかたがない。この間など、小学生の兄弟が乗っていたが、一 家総出のお出かけだったから無理からぬこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~台風シーズン~

9月かと思っていたら、8月のほうが台風上陸数が多いと知った。 1951年から去年までがご覧のとおりである……4月に上陸した台風が あったというのも驚きではあるが。 つい先週も台風10号“クローサ”が、四国から中国地方を縦断してい った。関東地方は直接の影響を免れることはできたが、それでも木曜 日から金曜日にかけての風雨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曖話§晴れ時々曇りところにより一時雨

特に雨が予想されるような時には、ネットで複数の天気予報をチェッ クする。当然ながら雨雲の動きも簡単に見ることができるようになっ たから、合わせて天気模様を把握することにしている。 そうして、ネットで眺める3つくらいの天気予報が、何というか微妙 に違っていて悩ましいものがあるのだ。 ある予報は曇りなのに、別の予報は雨が降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

溺話§土用波は危ないという知識

先週、お盆休みに入ったタイミングで、海の事故が相次いでいる。 おまけに台風10号も近づいていたから、海水浴などはしないが吉だと 思っていたら、溺れて亡くなる人のニュースが引きも切らずだった。 我々のような世代は“土用を過ぎたら海に入るな”と教わったのだが 最近はそういった戒めを聞くことはないのだろうか。 テレビのニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酷話§ドイツのほうがはるかに暑い!

ここ数年の旅行は暑さとの戦いの日々だった。というか、とっくに降 伏して、おとなしく、じっとするようになってしまったのだけれど。 かつて、6月のヨーロッパといえば、湿気も少なくほどほどの気温で 気持ちよく旅行の日々を過ごせたのだったが、どっこいそうはいかな くなってしまった。 そんな暑さになってしまったことを顕著に感じる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年8月7日付~

7月26日……自分的梅雨明け宣言をした。気象庁が、関東甲信地方の 梅雨明け宣言を出さなかったのは、26日に発生、たった30時間で消滅 した台風6号“ナーリー”の動向を見極めていたからだと思われる。 もっとも台風とは関係なく梅雨前線はなくなっていたから、さっさと 梅雨明け宣言を出してもよかったはずなのだが。 毎年毎度のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2019年7月の天気模様を振り返る

7月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認して、より詳細な気象状況をチェックできる。 気象庁が関東甲信地方の梅雨明けを宣言したのは7月29日。去年と比 べたら30日も長かったのだ。 旅行から帰ってきたのは2日のことで、旅行の最後に溜まった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~なついあつ(違 ~

そして8月。なついあつ……もとい“暑い夏”はなおも続いていく。 もう50年も前、実家で生活していた時も暑かった。エアコンどころか 冷蔵庫が実家の台所に収まったのは中学に入ってからのことだった。 涼むツールは扇風機くらいなもので、それでもしのぐことができたの は、年齢的な要素が大きかったのと、冬でも隙間風が入ってくるよう …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§大雨時行~七十二候~大暑

大暑の末候“大雨時行(たいうときどきにふる)”である。 この候で夏が終わる。連日30度が続いているにもかかわらず、夏が終 わったと暦が宣うのである。 確かに8月に入ると、何がなし秋めいたと感じなくもないけれど、そ れは空の高さだったり、影の濃さといったあたりに現れるのだ。 だが、暑さだけは依然として変わることなく続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酷話§明日から八月・・・・・・ですか

先週末にはヨーロッパに熱波が再襲来して、ドイツ北西部でも40度超 という日本でも稀な気温を記録したようだ。 それに比べれば、東京の暑さはまだまだかわいいものだと思ってしま う。それに何より、エアコンが普及しているから、何とかかんとか暑 さをしのげるのである。 ヨーロッパの夏の暑さは、今世紀に入った頃から厳しさを増したと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[18]アルプスの日々

[承前] ここから先は、もう毎年同じことなので、ざーっと書いておしまいに するつもり。 ミュンヘン空港から、いつもと変わらぬアルプスの端っこへは、順番 にドライブすれば、途中のトイレ休憩一回を含めても3時間ちょっと で行ける。 だが今回は、途中で大きな交通事故が2件あったおかげで、到着が一 時間近く遅れてしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§土潤溽暑~七十二候~大暑

大暑の次候“土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)”である。 “土潤溽暑”とは、いかにも大暑の候にふさわしい候名ではないか。 土が湿りに湿って、空気がムシムシに蒸している……そうした様子を まざまざと思い浮かべることができるのだ。 まさに日本の夏である。水分をたっぷり含んだ空気のおかげで、肌が 守られていると改めて実感す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~七月終了~

あまり暑くならずに済んだ7月が終わる。天候不順と言えないことも なく、農作物への影響もあったはずだが、それでも暑くなかったのは ありがたい。雨も多かったので、今夏は水不足の心配もないだろう。 8月に入るなら、日は少しずつ徐々に短くなっていって、気がつけば 下旬になると、18時過ぎには暗くなってしまうのだ。もちろん、電気 照…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~梅雨が明けない~

7月に入ってこのかた雨続きで気温も25度に達した日はなかった。 先月旅行していた間は超が付くような猛暑の日々で、これが北緯48度 の世界なのかとうんざりしつつ過ごしていたのだ。 それが、10日前に帰ってきたら、滞在していたベルリンもオーストリ ア・アルプスの端っこも涼しい気候が戻ってきて、そんなタイミング で旅行したか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2019年6月の天気模様を振り返る

6月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認して、より詳細な気象状況をチェックできる。 6月14日に日本を発って旅行に出てしまったので、月の後半についてはノーコメントだが、まあまあ梅雨らしい一か月だったのではなかろうか。 それにしても日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年7月4日付~

6月4日……超久々に床屋で髪を切ってきた。最後に行ったのが2月上旬のことで、何と4か月ぶりのこととなった。これまでの最長記録なのだ。 髪の伸びが遅くなったとは前にも書いたことだが、五十代半ば頃までは一か月おきの床屋通いだったのが、六十代になる頃には、すっかり伸びが遅くなって、3か月に一度くらいでも困らないペースになっていたのである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§菖蒲華~七十二候~夏至

夏至の次候“菖蒲華(あやめはなさく)”である。 北緯50度に迫ろうかというエリアを旅行しているが、6月か8月に予 定されている年に一度の旅行の時は、このところ猛暑の大当たりなの だ。 当然ながら現地の人間もそのことに気がついていて、彼らが着ている 夏服も、20年前に比べれば、さらにさらにカジュアル度が上がってき てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留話§一日一句~ヨーロッパも暑い~

季語は・・・夏衣 彼の国も 地球温暖 夏衣 地球温暖化が顕著になってきて、ヨーロッパは猛暑続きとなってしま った。 そうなると四の五の文句を言えなくなって、ホテルを予約する時には エアコンが付いていることを条件に加えるようになったのだ。 今、滞在しているアルプス端っこの小さなホテルにエアコンはなく、 時に暑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§腐草為蛍~七十二候~芒種

芒種の次候“腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)”である。 東南アジアのスポンジに水を含んだような湿気満点の空気の中に生き て“じめじめしている”とか“鬱陶しい”とか愚痴をこぼすと、罰が 当たるよなあと思うのは、ドイツあたりの乾燥気候の洗礼を受けた時 だったりする。 ドイツにニベアが厳然と存在し続けている理由こそが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2019年5月の天気模様を振り返る

5月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認 して、より詳細な気象状況をチェックできる。 ううむ……つい先月のことだが記憶がない。夏日は13日あったし、 最高気温30度超の真夏日も5日あったから、すっかり夏なのだが、 何となく肌寒い日も少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~水無月六月~

今年も半分が過ぎようとしている。6月がやってきてしまった。当月 の具体的な予定は次のエントリーに書いておくが、それ以外の情緒的 感慨のようなものを書き記しておく。 季節はすっかり夏となった。真夏の猛暑とは違うけれど、それでも暑 さはと東南アジアのさらなる湿気は、すべての人に満遍なく容赦なく 蔽い被さってくる。 定年退…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more