アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「バレエ」のブログ記事

みんなの「バレエ」ブログ

タイトル 日 時
公話§今年のパフォーマンスまとめ
今年出かけた演奏会、歌舞伎、スポーツといった、パフォーマンスが どのようなものだったか、まとめておきたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/12/25 00:00
挙話§ノイマイヤー&ハンブルク・バレエ・ガラ
一昨日、ジョン・ノイマイヤー率いるハンブルク・バレエ団のガラ公 演を観てきた。プログラムの中身は前回と同じ。前回は18時30分開演 だったが、同じ平日なのに今回は19時開演で、終演は22時近かった。 なので帰宅時間を考えて、今回も我が家と東京文化会館を車で往復。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/09 00:00
如話§そして2月のあれこれ
如話§そして2月のあれこれ まずは月初めお約束の、東京一か月の日の出と日没時刻である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/01 00:00
詰話§パリ・オペラ座バレエ〜ワーグナー〜
詰話§パリ・オペラ座バレエ〜ワーグナー〜 いきなり書いておくが、久々に金ドブ(金をドブに落とす)なパフォー マンスを観てしまった。2012年に竣工したヒカリエ11階にあるシアタ ーオーブでは初めての鑑賞。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/16 00:00
睦話§1月のあれやこれや
睦話§1月のあれやこれや 世の憂い多々あれども、2018年は始まってしまったので、新年1月の 東京における日の出&日没時刻を貼っておく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/02 00:00
週話§日曜片々〜来年1月は〜
週話§日曜片々〜来年1月は〜 鬼に笑われてもかまわないが、来年の予定が少しずつ入りはじめてい る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/17 00:00
悼話§佐々木忠次さん(興行主)
日本舞台芸術振興会(NBS)、チャイコフスキー記念東京バレエ団の 代表者として、クラシックコンサートやオペラ、バレエの公演に辣腕 を振るった佐々木忠次(佐々忠)が亡くなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/12 00:00
痙話§ハンブルク・バレエ〜ガラ公演〜
“ジョン・ノイマイヤーの世界”というタイトルの公演である。ノイ マイヤー自身のダンス人生を俯瞰してみせてくれた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/18 00:00
舞話§ハンブルク・バレエのガラ公演へ
今日は、ジョン・ノイマイヤー率いるハンブルク・バレエ団のガラ公 演があるので観てくるのだ。2泊3日の京都旅行の翌日にしか行けな いので、ちょいとばかり強行日程になってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/09 00:00
訣話§ギエム〜ライフ・イン・プログレス〜
訣話§ギエム〜ライフ・イン・プログレス〜 シルヴィ・ギエムの引退公演『ライフ・イン・プログレス』最終日に 行ってきた。プログラムは以下のとおり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/23 00:00
詩話§一日一句〜シルヴィ・ギエム引退〜
季語は・・・冬の日 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/20 00:01
週話§日曜草々〜ギエムの見納め〜
1985年、新しいエトワールとして初来日したシルヴィ・ギエムの『白 鳥の湖』を観て度胆を抜かれて30年……ギエムの引退公演を観に行く 日である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/20 00:00
悠話§定年直前旅[21]オネーギン-下-
悠話§定年直前旅[21]オネーギン-下- [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/26 00:00
悠話§定年直前旅[20]オネーギン-上-
悠話§定年直前旅[20]オネーギン-上- [承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/24 00:00
顧話§今日の歴史〜ヌレエフが亡命〜
ソ連のバレエダンサーであるルドルフ・ヌレエフが亡命。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/16 00:00
星話§至高のエトワール〜ルテステュ〜
星話§至高のエトワール〜ルテステュ〜 パリ・オペラ座バレエ団のエトワール・ダンサーだったアニエス・ル テステュは、昨年10月にバレエ団を定年で引退した。今年3月には、 引退演目だった『椿姫』を踊って、我々に別れを告げたのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/18 00:00
舞話§ベジャール・第九交響曲・東京バレエ
ラグビーのテストマッチから一転して、モーリス・ベジャールがベー トーヴェンの交響曲第9番に振り付けた舞台をNHKホールで観た。 出演者は以下の通りだが、より詳細な出演者は、このリンクを参照。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/12 00:00
週話§土曜日乗〜本日ダブルヘッダー〜
諸事情あり……14時キックオフのラグビー・テストマッチを秩父宮で 観た後、NHKホールで19時開演の東京バレエ団公演で、モーリス・ ベジャールが振り付けのベートーヴェン『第九交響曲』を観るのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/08 00:00
踊話§東京バレエ団50周年〈祝祭ガラ〉
踊話§東京バレエ団50周年〈祝祭ガラ〉 久々のNHKホールで、東京バレエ団創立50周年のガラ公演を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/02 00:00
週話§土曜日乗〜東京バレエ団50周年〜
チャイコフスキー記念東京バレエ団は1964年8月に設立されたので、 今年が50周年という区切りの年を迎えた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/30 00:00
舞話§シルヴィ・ギエム引退
舞話§シルヴィ・ギエム引退 シルヴィ・ギエムの舞台を初めて観たのは1985年のこと。その前年の 1984年、19歳10か月でパリ・オペラ座のエトワールに昇格していた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/18 00:00
露話§バレエ・リュス展〜国立新美術館〜
露話§バレエ・リュス展〜国立新美術館〜 東京都心、日中の最高気温34.6度という、ちっとも年寄りには優しく なんかない気象状況の中、六本木の国立新美術館で“バレエ・リュス 展”を観てきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/30 00:00
諧話§一日一句〜バレエ・リュス展へ〜
季語は・・・日傘 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/26 00:01
化話§カルチャー様々絶賛体験してます
先週水曜日の藤村実穂子リサイタルに始まったカルチャー体験は、金 曜日の中村吉右衛門を経て、日曜日のアニエス・ルテステュまで、充 実しきったもので、凡夫たる自分の中では十全に取り込めないまま。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/27 00:00
舞話§椿姫〜パリ・オペラ座バレエ団〜
三連休最終日、パリ・オペラ座バレエ団今回の最終公演、ジョン・ノ イマイヤー振付・演出、ユルゲン・ローゼ美術・衣装による『椿姫』 プロローグ付全3幕を観てきた。配役は以下のとおり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/26 00:00
週話§日曜日乗〜オペラ座バレエの椿姫〜
去年10月に定年を迎えたパリ・オペラ座バレエのエトワールである、 アニエス・ルテステュが、オペラ座におけるさよなら公演と同じ『椿 姫』のマルグリットを踊る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/23 00:00
舞話§ドン・キホーテ〜パリ・オペラ座〜
余裕を見て車で家を出たのが16時頃。中央道に入っていきなり事故渋 滞のノロノロにつかまってしまい、上野に着いたのが18時。ちょうど よかったとはいえ、着くまではヒヤヒヤものだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/18 00:00
週話§土曜日乗〜パリ・オペラ座バレエ〜
すっかりバレエを観なくなってしまった。去年、シルヴィ・ギエムを 観ているがあれはバレエではない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/15 00:00
緩話§エピソードばかりで肝腎の中身が
テレビのスポーツ中継やニュース――ニュースショーというか――を 見ていて、しばしば気になることは、本質から離れた“エピソード” ばかりを話して悦にいってるアナウンサーが、特に民放に多くいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/05 00:00
眺話§シルヴィ・ギエム〜何処へ〜
眺話§シルヴィ・ギエム〜何処へ〜 先週土曜日に五反田ゆうぽうとホールで、シルヴィ・ギエム&&アク ラム・カーン・カンパニーの『聖なる怪物たち』を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/04 00:00
週話§土曜雑感〜シルヴィ・ギエム〜
週話§土曜雑感〜シルヴィ・ギエム〜 2011年11月にギエム自身が企画した東日本大震災支援パフォーマンス 以来で、2年ぶりの再会である。題してシルヴィ・ギエム&アクラム・ カーン・カンパニー『聖なる怪物たち』というもの。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/30 00:00
兆話§春の祭典初演から来年で100年
20世紀音楽の多くは“苦手”で逃げ回ってばかりいるのだが、いくつ かは食いついて離れず、あるいは好きであると言ってもおかしくない 音楽がいくつかあるのは、辛うじだったなあという感慨を持つのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/30 00:02
舞話§上野まで夜のドライブなど
火曜日、同居人が第13回世界バレエフェスティバルのBプログラムを 観るために上野の東京文化会館に出かけていった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/16 00:02
独話§シルヴィ・ギエム〜孤高〜
独話§シルヴィ・ギエム〜孤高〜 10月30日に東京文化会館で行われた『シルヴィ・ギエム・オン・ステ ージ2011』最終日に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/01 00:00
週話§日曜呟き〜シルヴィ・ギエム〜
シルヴィ・ギエムも気がつけば四十代半ばを過ぎていた。パリ・オペ ラ座に在籍していたら、とっくに定年を迎えてしたことになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/30 00:00
謝話§シルヴィ・ギエム〜HOPE JAPAN〜
謝話§シルヴィ・ギエム〜HOPE JAPAN〜 ダンサーのシルヴィ・ギエムが呼びかけて実現した東日本大震災復興 支援チャリティ・ガラに行ってきた。10月19日の東京文化会館でチケ ットは完売。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/21 00:00
悼話§ローラン・プティさん(振付家)
ほぼ同世代のモーリス・ベジャールと並んで、フランスを代表するバ レエ振付家として多くの作品を我々に残してくれた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/12 00:02
昼話§マチネー公演もすっかり定着
欧米からの引っ越し公演であれ、新国あたりの公演であれ、土日のオ ペラやバレエの上演をマチネーにというのがすっかり定着したような 気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/20 00:00
犠話§春の祭典を聴きながら・・・
一昨日4月6日はストラヴィンスキーが亡くなって40年という命日に あたっていた。それにちなんでというわけで……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/08 00:00
映話§新国立劇場への提案〜テレビ中継〜
いい加減、専属のオーケストラを設置すべきだということは、昔から 言っているので、今日の提案は以下のようなものであったりする…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/26 00:02
靴話§ベルリン国立バレエ『シンデレラ』
マラーホフ率いるベルリン国立バレエ団日本公演『シンデレラ』を観 てきた。先週土曜日のマチネーである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/18 00:00
週話§土曜呟き〜シンデレラ〜
今日の午後はベルリン国立バレエの『シンデレラ』を観る。去年観た バレエも『シンデレラ』の一回だけだった。今年も、これまでのとこ ろは、その後バレエの予定が入っていない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/15 00:00
共話§待降節独墺旅[24]バレエを観る
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/14 00:00
発話§同居人初めての独り旅[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/09 00:02
発話§同居人初めての独り旅[上]
1998年11月のことなので既に旧聞に属するが、同居人がドイツに一人 で旅立って行った時のことを書いてみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/05 00:02
美話§時分の花〜円熟との兼ね合い〜
“時分の花”と“円熟”とが何となくわかるようになったのは、歌舞 伎を観始めてからである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/06 00:00
舞話§『ボレロ』モーリス・ベジャール
ベジャールが振付けた『ボレロ』の舞台を初めて観たのは1982年のこ とだった。それに先立って『愛と哀しみのボレロ』なる映画でジョル ジュ・ドンが踊っているのを見てはいたりするが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/22 00:01
象話§ミュンヘン『ジゼル』なのだ[下]
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/01 00:00
象話§ミュンヘン『ジゼル』なのだ[上]
ミュンヘンに車で戻ってきたのは6月24日の昼頃のこと。この日は、 プリンツレゲンテン劇場でバレエを観ることになっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/30 00:02
韃話§ルドルフ・ヌレエフ〜演出は?〜
この前のパリ・オペラ座バレエの来日公演がいつだったのか、調べて みたら2006年4月のこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/18 07:02
灰話§オペラ座バレエ『シンデレラ』(下)
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/16 07:23
灰話§オペラ座バレエ『シンデレラ』(上)
1986年、ルドルフ・ヌレエフが制作した演出による、パリ・オペラ座 バレエ団の『シンデレラ』を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/16 07:19
週話§日曜悠々〜オペラ座バレエだ!〜
パリ・オペラ座のバレエを観るのは何年ぶりのことになるだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/14 08:11
板話§十二月大歌舞伎昼の部〜操三番叟〜
昼の部は、朝一番の『操三番叟』が観てよかったと思わせる一本。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/22 07:20
愉話§バイエルン放送交響楽団<下>
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/19 07:43
表話§人の顔を記憶すること
動くもの、あるいは立体的なものを記憶するのは苦手のようである。 逆に同居人は、踊りの振り付けのようなものを覚えるのがいくらかは 得意だったりするようなのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/31 07:47
拜話§バイロイト初詣[27]舞台の崩壊w
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/29 07:05
拜話§バイロイト初詣[26]嵐のヴェローナ
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/28 07:30
拜話§バイロイト初詣[25]ヴェローナの宿
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/27 07:33
醍話§五月大歌舞伎〜つらね〜
余裕がある時は、頑張って花道が見渡せる席を取ることにしている。 一等席はお値段が……なのと、花道を見るにはずいぶんと体をひねる 必要があるので、一階の二等席が好都合でよろしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/13 07:58
膝話§二人旅一回目[25]眠りの森の美女
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/13 07:52
週話§気まぐれ週末〜双眼鏡ケース〜
今日は朝から晴れである。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/21 09:34
迷話§タモリ倶楽部 vs.ベジャール
・・・困ってしまった。今夜のETV芸術劇場が、モーリス・ベジャ ール追悼特集で、日付が変わる0時45分まで放送されるのをタイマー 録画してしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/20 22:02
膝話§二人旅一回目[8]ドン・キホーテ
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/18 08:06
膝話§二人旅一回目[7]シュテファン経由
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/17 08:12
芝話§平成中村座『忠臣蔵』Bプロ<U>
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/17 09:02
舞話§ジーン・ケリー『雨に唄えば』
なぜかわからぬが、先週の水曜日のBSで『雨に唄えば』放映されて いた。いったい何度テレビ放映されていることか……。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/22 12:03
悼話§N・ベススメルトノワさん(バレリーナ)
以前は“ベスメルトノワ”と言われていたような気がする。ボリショ イのバレエ監督だったユーリ・グリゴローヴィチは夫である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/21 12:04
顧話§楽しい『コッペリア』の音楽
『コッペリア』が楽しいのは、理屈ぬきに華やかで元気のいい音楽に そのほとんどを負うているからであろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/18 12:01
踏話§コッペリア〜吉田都のスワニルダ〜
祝日だった14日、バーミンガム・ロイヤルバレエ団『コッペリア』の 追加公演に行ってきた。5時開演で休憩2回を挟んで終演が7時半。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/16 12:02
操話§吉田都で『コッペリア』連休最終日
それにしても昨日から今朝にかけて、東京の寒さはいかにも冬だった が、複層ガラスのおかげなのかどうか、以前ほど室内で寒さを感じず にいられる。それでも窓枠の結露はいつもより多い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/14 09:36
舞話§モーリス・ベジャールへ[U]
《承前》 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/03 12:02
舞話§モーリス・ベジャールへ[T]
悼話から話を続ける。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/27 12:01
悼話§モーリス・ベジャールさん(振付家)
バレエの、それもモダンバレエへの眼を開かせてくれた巨人である。 あれやこれやは連休明けから書く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/23 17:11
悼話§土居甫さん(振付家)
表舞台で見かけたことはほとんどなかったが、テレビのヴァラエティ 番組のクレジットで見かけないことはなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/18 12:01
舞話§マニュエル・ルグリ
パリ・オペラ座のエトワールとしてはおそらく日本最後の舞台になる 『白鳥の湖』のジークフリート王子を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/23 12:02
警話§開演に先立ちましてお客様に
〜開演に先立ちまして、お客様に以下のことをお願い申し上げます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/16 12:02
踏話§マニュエル・ルグリと仲間達
過密日程のせいか、さすがのルグリもお疲れの様子と見受けられた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/14 12:02
愚話§遂に俄(にわか)は諸事を亡ぼす
人が群がってブームが起き、ブームが去ると禿山の如くという体たら くの日本国である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/07 12:01
踊話§熊川哲也の負傷キャンセル
若くて才能のある踊り手がまた受難である。Kバレエの熊川哲也が、 膝の靱帯を損傷して休演を余儀なくされている。復帰までには相当に 時間がかかるだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/21 12:02
金話§ゴールデンウィーク四日目(05/01)
天気が芳しくないということだったので、予定通り自宅に引き籠って ビデオからDVDへのダビング作業とケースのラベル作成に精を出し た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/02 09:42
金話§ゴールデンウィーク一日目(04/28)
例によって大したことはしていない。午後から外出するつもりだった が、雨の予報で少し逡巡することになった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/29 10:38
舞話§『ザ・カブキ』モーリス・ベジャール
1986年にモーリス・ベジャールが東京バレエ団のために振付けたのが 『ザ・カブキ』である。実はというかこの初演を観てから、歌舞伎の 御本体を観るまでに20年近い月日が流れているのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/20 11:09
導話§ルグリのスーパーバレエレッスン
パリ・オペラ座のエトワールダンサーであるマニュエル・ルグリが、 オペラ座の若手ダンサーにレッスンをつけるという企画がETVで放 映されている。これがおもしろい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/22 12:26
即話§世界バレエフェスティバルAプロ…第四部
************第四部************ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/09 12:24
即話§世界バレエフェスティバルAプロ…第三部
************第三部************ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/08 12:31
即話§世界バレエフェスティバルAプロ…第二部
今回気がついたことは……たぶん前回もそうだったと思われ る……黒鳥であるとかドンキとかテクニック系は“若手”に まかせて、ベテランの皆さんは、どちらかというと地味めと も思えるような演目を持ってきたりしていた。当然、今後も そういう流れで推移していくと思われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/08 12:00
即話§世界バレエフェスティバルAプロ…第一部
3年に一度のお楽しみ“第11回世界バレエフェスティバル” に行ってきた。今年が30周年である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/07 12:21
舞話§中村勘太郎の怪我
先週の博多座、勘三郎襲名公演で『雨乞狐』を踊っている時 に勘太郎が靱帯を切ってしまったという。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/26 17:53
踊話§モーリス・ベジャール&20世紀バレエ
曖昧な記憶だが、初めて彼の振付けを知ったのは40年も前の ことだと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/31 12:48
劇話§新橋演舞場“五月大歌舞伎”
吉右衛門演じる団七九郎兵衛が見たくて『夏祭浪花鑑』が出 る昼の部に行った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/10 12:40
金話§明日から長いお休み
バレエを一つと歌舞伎を2回観に行く以外に、出歩く予定は ない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/28 12:34
舞話§パリ・オペラ座バレエ『白鳥の湖』……3
演出の続きに関連して衣装について少し書いて、最後に主役 について書いてまとめたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/24 12:42
舞話§パリ・オペラ座バレエ『白鳥の湖』……2
気絶しそうなヌレエフの振付け演出について書く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/24 12:25
舞話§パリ・オペラ座バレエ『白鳥の湖』…1
今時まだ、バレエがお嬢様芸で軟弱なものだと思っている輩 など存在しないとは思うが、昨日の『白鳥の湖』を観ていて 心底驚嘆したのだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/24 12:00
測話§トリノ冬季五輪が終わって……
ニュースを読むアナウンサーが「トリノ・オリンピック」と 言うのに、多くの視聴者は「鳥のオリンピック」としか聞こ えていないだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/10 12:27
踊話§シルヴィ・ギエム『ボレロ』の舞い納め
ギエムが『ボレロ』の舞い納めというので上野に観に行って きた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/22 12:36
観話§顧・クラシック、オペラ、バレエ、歌舞伎
数年前までのクラシック音楽主体のお出かけが、このところ ずいぶんと変容していて、その変わりようには我ながら苦笑 ものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/16 12:25
撲話§名伯楽・佐渡ヶ嶽親方の定年
本日の朝日朝刊に、今場所で65歳の定年を迎える佐渡ヶ嶽親 方についての記事が掲載されていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/11 12:25
踏話§疾走する“リバーダンス”の鼓動
かねがね一度は実演を観たいと思っていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/10/14 12:57
芸話§芸術が“芸術”として成熟するには…1
バイロイトの大植英次の挫折から始まって、いったい芸術を 芸術たらせるものは何なのかと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/09/08 12:07
踊話§バレエ『ニーベルングの指環』…5
さてと、まとめである。が、大体書いた気もするので、落穂 拾い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/05 12:01
踊話§バレエ『ニーベルングの指環』…4
今回のベルリン・バレエ版『リング』で最も納得がいかなか った部分は、幕切れ近くで劫火に飛び込んだブリュンヒルデ が、ローゲと延々踊る場面だった。1990年でもこんなに長く 踊っていたのか、記憶が途絶えていて定かではない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/01 12:46
踊話§バレエ『ニーベルングの指環』…3
2001年から4年がかりで新国立劇場で上演されたおかげで、 今回のバレエ版も劇と音楽のかなり細部まで追いかけること ができた。公演を観て3日経ち、自分の中にこの公演に対す るいくぶんか批判的な思いも芽生えてきている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/06/29 12:37
踊話§バレエ『ニーベルングの指環』…2
さて、四夜15時間を超える長大な作品を、どうにかこうにか 4時間半にダイジェストしたために、観客の側の予習が前提 であったように思うが、一部のワーグナー愛好者であればと もかく、あそこまで錯綜した筋を把握することは絶望的では なかったろうか。さらに舞台を複雑にしていたのが、3人も 登場したヴォータンや、2人のジークフリートだったように 思う(1990年でもそう思った)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/06/28 12:38
踊話§バレエ『ニーベルングの指環』…1
ドイツ語タイトルは“RING UM DEN RING”で、訳せば『指環 をめぐる指環』とでもなるか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/06/27 12:04

トップへ | みんなの「バレエ」ブログ

     
ひだまりのお話 バレエのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる