テーマ:法律

都話§退職代行サービス

そう言われてみれば確かにそのとおりで、とするならば体のいい“た だ働き”を強いられるだけではないかと思ったことがある。 会社を退職するにあたって、退職した後も当該業務の外部問い合わせ を受けさせる会社があるというのだ。それは何とも身勝手な話で、当 然ながら業務引継ぎなどは後の人間に行っての退職ではないのかと。 そうした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~弁護士懲戒請求に~

フェイク情報を妄信、自らもフェイクをばらまき続けた人たちが…… ……“真の社会の現実”に直面した時のうろたえ具合を興味深く観察 しているが、何とも意外なことに、そうした“ネトウヨ”を構成して いる大部分が四十代以上であると知って、このことだけで判断するの は早計ではあるにしても、若い世代がこうした愚行に走ることがなか った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪話§住所不定無職~警察の都合~

事件で逮捕された容疑者について、しばしば報道で“住所不定無職” という表現を見る機会がある。 無職というのは少なからずありそうかなとは思うが、世の中にそんな に多くのホームレスが存在しているのかと首を傾げ続けてン十年…… どうやら明らかに“警察の捜査の都合”で、保釈を認めないという方 便として使われているようなのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~窓硝子は共有物?~

分譲マンションの大規模修繕で各戸の窓ガラスを交換するという…… ……話が持ち上がっているのだが、現状において窓は共有物という扱 いになっていて、住民が勝手にどうこうできない物らしいのだが、例 えば強風で飛来物が窓ガラスを割ってしまった場合は、所有者である 住民負担で交換することになり、そうなると“専有物”ではないかと いう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永話§我が家近くで殺人事件が

先々週の土曜日『ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって 来る』を観た日のことである。 最寄り駅に着いたのは21時を過ぎていたので“大人の乗り物”を張り 込んで帰宅した。その道すがら、けたたましいサイレンを鳴らして覆 面パトカーがすれ違って行ったのだ。 一夜が明けて開いた朝刊社会面には、我が家からほど近いマンシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遵話§法律違反をする法律事務所?

テレビCMや電車内に頻繁に広告を貼ってPRに勤しんでいたA法律 事務所が消費者庁から景表法違反で指導を受けた。 “今だけ一か月着手金無料”というキャンペーンを何十か月も続けて いたんだそうな……アホな話である。 しかも件のA法律事務所は“景表法に強い”と言われているようで、 そんな事情に詳しい事務所が、どうしてそんな間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~失業手当~

1974年12月28日、雇用保険法公布 敗戦後の1947年に制定された失業保険法に変わって、雇用の促進を積 極的に行うことを目的に制定されたのが雇用保険法である。 相変わらず失業手当と雇用手当とどっちなのかわからなかったりして いるが、どうやら“求職者給付”というのを受け取っているようだ。 このご時勢にあって、30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教話§中央大学の都心回帰

1978年に多摩キャンパスに移転した中央大学文系学部のうち、法学部 と法科大学院が都心に戻ってくるというニュースを読んだ。ああ、や っぱりかという思いが強い。 38年前のちょうど今頃、先々月退職した会社の筆記試験を受けたが、 その会場が駿河台の中央大学校舎だった。当日、なぜか少しばかり寝 坊をして、受けに行こうかどうしよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~知らなかったから~

献金問題で辞任することになった農林水産大臣の不思議な言い訳…… ……「知らなかったから、違法ではない」という言い方に聞えてしま うわけだが、それは何とも都合のいい方便として使える居直りと思わ れて、違法だと知らなければ、人を殺しても、物を盗んでも、信号を 無視しても罪に問われないということでファイナルアンサーですか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再話§繰り返す!万引は立派な犯罪だ!

人権は護られるべきだと常日頃考えている人間だが、今回の“まんだ らけ”盗難事件については釈然としない対応だと感じているのだ。 一度書いたことだが、まずもって万引は立派な犯罪行為で、万引だか ら罪が軽いと考えるなら大間違いである。繰り返すが、万引は立派な 盗難、窃盗という犯罪である。 今回問題になったのは、まんだらけが盗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~米穀配給通帳~

[承前] 昭和が終わる頃には無用の長物ではあったが、なぜか廃止されないま まだったのが“米穀配給通帳(米穀通帳)”なるものである。一世帯に 必ず一冊あって、米を買う時に必要だというものだったが、実家で見 たことは一度もなかった。詳しいことはこのページを読んでほしい。 戦後においては配給米と、ほとんど黙認ともいえる“闇米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘話§特定機密保護法に断固反対である

その昔々、ロシアがソビエト連邦という名称だった頃の、かの国では “アネクドート”なる日本でいうところの小噺を一つ。 ★モスクワは赤の広場にて・・・ 酔っ払い「ブレジネフは大馬鹿だ!」 K.G.B「同志、静かにしたまえ。君を逮捕する」 酔っ払い「俺がなにをした。ああ、国家元首名誉毀損罪か?」 K.G.B「違…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

定話§本当の規制~本当の規制緩和

先月、用事があって国立市まで車を走らせた。レトロな三角屋根だっ たJRの駅舎がなくなってしまったのは残念だという以上の思いであ るが、駅前から南に真っ直ぐ伸びる道路の佇まいは健在なのだった。 その道を一橋大学から少し南に走らせると、右側に14階建てのマンシ ョンが見えた。例の“国立マンション訴訟”の建物である。紆余曲折 は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傷話§裁判員とトラウマ

公判中に証拠として提出された殺人事件の死体画像を眼にした裁判員 が、心的ストレスを抱えることになってしまったとして、損害賠償の 訴訟を起こすというニュースを読んだ。 これは何とかならないものかと思う。 最高裁のホームページの裁判員制度に関するQ&Aもあって、死体画 像についての記述もある。しかし、これだけでは拒否できる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浪話§文楽は難しいか~某軽薄市長恥言~

関西の某市長(名前すら書きたくない)が文楽を鑑賞して、無知からと しか思えない“苦言”とやらを呈したのだという。わからないのであ れば「もう少し勉強してみる」となぜ謙虚に言えないのか? この人、決定的に文化が何ぞやであるかということを知らないから、 このような発言をしても恬として恥じないところが本当に恐ろしい。 いきな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寸話§鯨尺~まさに杓子定規~

尺貫法が廃止されて、度量衡がメートル法に統一された頃に、お役所 仕事的に何でもかんでもメートル法でないものを罰則を作って排除し ようということがあった。罰則規定はいまだ生きているはずである。 例えば大工さん、例えば和裁といった、実際に尺貫法の世界で仕事を している人達が影響を受けた。街角で物差しなどを商う商店での売買 が禁…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

網話§インターネットの地平

グーグルが中国から撤退した。 グーグルがやっているすべてを肯定するつもりはなく、絶えず批判を 繰り返す必要はある。ではあるが、今回の件についてはネット情報を 国が管理するという実に危険な発想に対して、ネット企業が身を引い たということになる。 社会主義国であろうがなかろうが“お国”が情報管理をしたいという 意志がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘆話§いつになっても腹の立つこと

日本に都市景観(都市だけではないが)と呼べるものが存在するだろう かと絶望的な気分のままで生きてきた。こんなブログでいくら嘆いた ところで、日本の都市景観は永遠にこんな状態のままだろう。 それは、結局のところ景観に対する“決定的な意識の欠如”が、行政 の側にもそして個人にも存在しているからである。であるがゆえに、 まさに譲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記話§朝青龍への引退勧告書全文

以下は、横綱審議委員会が作成した朝青龍への初の引退勧告書全文。 朝青龍関引退勧告書  平成二十二年一月十六日未明に発生した横綱朝青龍関の一連の不祥 事は畏敬さるべき横綱の品格を著しく損なうものである。示談の成立 は当事者間の和解に過ぎない。横綱に対する国民の期待に背いた責任 を免れるものではない。  よって横綱審…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

童話§朝青龍~言い続けていたように~

俺には俺の相撲道があんだよ! ……と親方夫婦に暴力をふるった揚句、あっという間に“廃業”した 珍横綱がいたらしい……とは別に、大相撲界の困ったちゃんである。 格闘技を生業にしている人間が“厳に戒め”なくてはならないことに 一般人との争いがある。並以上の力を有している彼らが手を出したら どうなるのか……想像するまでもなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詮話§警視庁~東京都警?~

その昔、北海道警とか青森県警、京都府警はあるのに、どうして東京 都警がないのだろうと実に不思議に思っていたが、口にすることなど なかった。そんな“今さら口にできない疑問”ということである。 東京に出てきたある日、都の境を越える時にふと見た表示に“これよ り埼玉県警”とあり、振り向いてみると“この先警視庁管内”という ような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倫話§むかつくんですよね~裁判員~

先週の法廷での被告に対する裁判員の一言であるが、それでは傍聴席 からの不規則発言などと変わることがない。 法廷内において、裁判員という立場は被告に対して質問を発し、返答 などを総合的に検討するという役割を担っている。だから、そういう “個人的”な感想をぶつけるということは――気持ちはわからないで もないにしても――厳に控え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more