テーマ:ドイツ映画

乖話§『赤い点』~ドイツ映画祭~<下>

[承前] 言いがかりはもう少し続く。 我が家は電気釜でご飯を炊かなくなって久しい。最初はフィスラー、 今は伊賀焼の土鍋である。それでわかるのだが、彼女が深鍋を借りて “ピクニック”のための米を炊きだした時は驚いた。生温い研ぎ方も ずいぶんだが、彼女が日本で電気釜で米を炊いている日常だったら、 炊き方も含めて相当に無理…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

乖話§『赤い点』~ドイツ映画祭~<中>

[承前] 何とかドイツに旅立っていった彼女は、ノイシュヴァンシュタイン城 の麓にたどり着き、そこから目的地へと向かうわけだが“なぜか?” 訪問した警察で18年前の具体的な状況を尋ねようとしない。 18年前の、ましてや日本人家族3人が死亡した交通事故の状況など、 地元の警察で尋ねれば誰かしら覚えているのは当然のことである…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

乖話§『赤い点』~ドイツ映画祭~<上>

先週末、新宿で開催されていたドイツ映画祭の中の一本、宮山麻里枝 監督作品『赤い点-Der rote Punkt-』を観てきた。以下は、これ全編 言いがかりの極辛口覚え書きなのでスルー推奨しておく・・・。 要するに入場料を払っているから、書きたいことを書いてみるという ことである。正直に言ってしまえば、30分で“退屈”であると…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

週話§気まぐれ週末~ドイツ映画鑑賞~

映画を観る機会が実に少ない。腰が重くて、このところ年に一度とか 観ているかどうかである。もっとも今年の冬だったかは渋谷のユーロ スペースでベルリンフィルとフルトヴェングラーの映画を観ている。 今日は午後から新宿まで映画を観に行く。ドイツ文化センターなどが 主催して行なわれる“ドイツ映画祭2009”である。 【去年の今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more