テーマ:桐生

懐話§昭和三十年代~市営遊園地~

[承前] 生まれ育った故郷の田舎町には、市営の遊園地があった。今のような アミューズメントパークほどの規模ではなく、用水のような川沿いに 電気ゴーカート、豆電車、観覧車、メリーゴーラウンド、飛行塔、回 転ボートといった施設が点在していたのだ。 遊園地には入場無料で誰でも入ることができ、切符売り場で1回10円 のチケッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~お地蔵様~

[承前] 正式には“日限地蔵尊観音院”なのだが、誰ひとりとして正式名称を 呼ぶことなく“お地蔵様”と呼んで親しまれている……そんな小さな お寺が生まれ故郷の通学区域の中にある。 親しまれる理由は至極単純で、毎月24日が縁日で参道に屋台が立ち並 ぶという、プチ祭りがあるからなのだ。 平日だったら学校が終わってから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~ドブ川~

[承前] 実家から路地を抜けて表通りに出る途中にドブ川が流れていた。幅は 1mもなかったが、昔はそんなドブ川が街のあちこちに姿を見せてい たのだ。 ドブの中には川の本流からきれいな水を染色工場に流し入れてという 織物産業の街ならではな役割もあったはずだが、多くは生活排水が流 れ込む、下水代わりの存在なのだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

獣話§ツキノワグマ市役所訪問顛末之記

我が実家のあった北関東の小都市の街中にツキノワグマが出現した。 あろうことか、市役所の敷地内をうろついていたところを発見され、 その後地元猟友会メンバーによって射殺となってしまった……合掌。 8年前の9月だったと記憶しているが、我が出身中学の正門すぐ横に ある洋菓子店に、イノシシが乱入し暴れまわったこともあったのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎話§我が生まれ故郷で山火事が

先週火曜日のこと、我が郷里の山林で大規模な山火事が発生した。 人口12万ほどの我が町は面積約270平方キロほどもあるが、山林の 割合が70%を占めていて、平坦な都市部は猫の額ほどの田舎町で、実 家暮らしをしていた40年以上前でもしばしば山火事は起きていたこと を思い出す。 今回の山火事は“日本国内で、この10年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~田舎の花見~

[承前] 小学校に入る前の毎年、家族で市内の大きい公園まで花見に出かけて いた。 弁当を誂えて起伏のある公園に行くと、入場無料の動物園も併設され ていて、それをさらに上っていった高台に見晴らしのいいスペースが 広がっている。そこに敷物を広げて家族で食事をして帰ってくる…… 単にどれだけのことだが、生まれ故郷の町に住ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more