テーマ:クラシック

過話§備忘録的な何か~2019年1月3日付~

代わり映えのしない年末年始なので、年末4日と年始4日をまとめて の備忘録である。加えて年末の何日かも追加。 12月24日……年賀状を投函した。去年より一日早い。前日から文面は 印刷しておいたのに、例によって簡単手抜きの一行を添えて出来上が り。自分の名前で出したのは40枚だった。 12月25日……交換を伸ばし伸ばしにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睦話§2019年1月の予定あれこれ

まずは東京における一か月間の日の出&日没時刻を貼っておかねば。 毎年書いていることだが、日の出時刻は1月3日から12日まで最遅と なる。日没時刻は12月中旬から遅くなり始め、月末には17時台に入っ ている。なので17時半くらいまでは、ほの明るさが残っているのだ。 歌舞伎は、浅草と歌舞伎座に一回ずつ。浅草は15時開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命話§途絶えたベートーヴェン交響曲第5番

年末は第九のシーズンだが、ベートーヴェンの交響曲第5番の全曲を 初めて聴こうと目論んだ時のことをまとめておきたい。それは今から 半世紀前の話である。 たぶん中学校1年か2年の時、何を思ったか、父親がテープレコーダ ーを買ってきた。何とも気まぐれな買い物である。それで何を録音す るのかとか、何も考えていないことは明らかなこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公話§今年のパフォーマンスまとめ

今年出かけた演奏会、歌舞伎、スポーツといった、パフォーマンスが どのようなものだったか、まとめておきたい。 今年は合わせて【50回】のパフォーマンスを楽しんだ。下のとおり、 クラシックは29回、歌舞伎が17回、バレエとスポーツがそれぞれ2回 ずつである。 【クラシック……29回】 [内訳] オペラ……2 オーケス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心話§ブラームスの交響曲第4番第4楽章

初めての海外旅行は、1980年から1981年の年末年始を利用してのもの だった。ウィーンをベースに、ザルツブルクとミュンヘンそれぞれに 一泊して大晦日のウィーンに戻ってきたのである。 その当時はまだ、ブラームスの交響曲を聴いてはいなかったと思う。 せいぜい1番くらいではなかっただろうか。だが、あの時に聴こえた のは交響曲第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流話§第4回鶴クァルテット演奏会

2015年から年に一度のペースで行われている鶴クァルテットの演奏会 を聴いてきた。会場は、小田急線鶴川駅に近い和光大学ポプリホール 鶴川である。 シベリウス:弦楽四重奏曲 d-moll Op.56『親愛なる声』 **********************休憩********************** ベート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜消息~今年最後の演奏会~

今日の午後は、今年最後の演奏会に行ってくる。 ちょっとした縁でもって、今回で4回目となった鶴クァルテットの演 奏会は、シベリウスとベートーヴェンのラズモフスキーという選曲。 毎回、ある意味でまじめな……言い換えると面白みのない演奏なので かねがね、そこから脱却してくれればと思ってはいるのだけれども。 どうしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師話§2018年12月のあれこれ

東京の日の出と日没時刻は、一昨日アップしておいたので省略する。 さすがに押し詰まったこともあって、今月はほとんどお出かけをする 予定がない。 演奏会は一回だけ。年に一度、今年が4回目となる鶴クァルテットの コンサートで、今年はシベリウスとベートーヴェンのラズモフスキー 第1番。オーケストラとの片手間であることは承知しつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踊話§メータ&バイエルン放送交響楽団

ミューザ川崎、日曜日18時開演のズビン・メータ&バイエルン放送交 響楽団の演奏会を聴いてきた。 シューベルト:劇付随音楽『ロザムンデ』序曲 D797 シューベルト:交響曲第3番 D-Dur D200 **********************休憩********************** ストラヴィンスキー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜話§山形交響楽団『天地創造』の旅[帰]

[承前] 一泊の旅行で2度おいしい……そんな夜が明けてしまった。相変わら ず枕が変わると寝付きが悪く、眠っていたのか眼が覚めていたのかが わからない睡眠だったが、何となく7時過ぎまでベッドの中にいた。 身繕いをして8時にはチェックアウト。お名残りに山形市内中心部と 14世紀に築城が始まった霞城(かじょう)跡の今の様子な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜消息~バイエルン放送交響楽団~

今日は、マリス・ヤンソンスのキャンセルでズビン・メータの指揮に 代わったバイエルン放送交響楽団の演奏会に行ってくる。 演奏会のフライヤーも上のように変えられ、プログラムもドヴォルザ ークの第7交響曲が、シューベルトのロザムンデと第3交響曲に変わ った。 これでもし、メインである春の祭典が別プロに変わりでもしたら、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜話§山形交響楽団『天地創造』の旅[下]

[承前] というわけで、SNSメンバーが運転する車に乗せてもらって反省会 場へと向かう。山形テルサは西口だが、反省会場は東口の中心街にあ るのだ。 ↓山形おもてなしガイドのページから正面を 連れられて着いたところは“紅の蔵”という、紅花の商いで財を成し た商家の蔵屋敷を改装したイベントショップというところであるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜話§山形交響楽団『天地創造』の旅[中]

[承前] ちょっとばかりあたふたとしつつホテルを出たが、5分ほどでホール に到着した。右は、来年完成予定の多目的(たぶん)大ホールである。 ↓手前に山響トラックが ロビーに着くと、今しもロビー・コンサートが始まるところ。ピリオ ド楽器のトランペット、ホルン、トロンボーンとティンパニの演奏で ファンファーレとヘンデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜話§山形交響楽団『天地創造』の旅[上]

山形に行こうと考えたのは、今年の春先頃のことだったか。SNS繋 がりで知り合った山形在住のクラシック好きが3人いて、山形交響楽 団の定期演奏会を聴きがてらまとめて会おうと思ってのことである。 それで、どの定期演奏会を聴こうかと考えて決めたのが、11月の定期 演奏会……鈴木秀美指揮で演奏されるハイドンのオラトリオ『天地創 造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜消息~北へ行く~

今日はこれから、訳あって――そんなおおげさなものではないが―― 東京駅から新幹線に乗って北へと向かう。行き先などは後日改めて。 7月の尾瀬と今回と、どちらも同居人を伴わない“独り旅”である。 日頃“集団行動”多めの夫婦だが、たまにはそういうことがあっても いいだろう。 現地で予定を消化して一泊。明日には東京に戻ってきて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍵話§内田光子リサイタル~シューベルト~

一昨日の水曜日夜、内田光子のシューベルト・プログラムを聴いてき た。プログラムは以下のとおり。 ピアノ・ソナタ第4番 a-moll D537 ピアノ・ソナタ第15番 C-Dur D840 **********************休憩********************** ピアノ・ソナタ第21番 B-D…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

響話§NDRエルプフィル~サントリーホール~

いい演奏会を聴くことができた。プログラムは以下のとおりである。 指揮はアラン・ギルバート。 ワーグナー:『ローエングリン』第1幕への前奏曲 マーラー:交響曲第10番 Fis-Dur アダージョ **********************休憩********************** ブラームス:交響曲第4番 e…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜消息~NDRエルプフィル~

何だかんだで、ドイツ系オーケストラを聴く頻度が高いクラスタだ。 今日の午後は、アラン・ギルバート指揮のNDRエルプフィルをサン トリーホールで聴く。プログラムは以下のとおり。 ワーグナー: オペラ「ローエングリン」から 第1幕への前奏曲 マーラー: 交響曲第10番 Fis-Durから アダージョ ブラームス: 交響曲第4番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霜話§2018年11月のあれこれ

今年も残すところ2か月となった。月初めの恒例につき、当月東京の 日出&日没時刻を下に。 日の出は月末になると6時半まで遅くなり、16時台に入った日没時刻 は月末の16時28分をもって、一年で一番に早くなってしまう。 今月は盛り沢山である。まずはラグビー……日本代表がニュージーラ ンドの最強チームであるオールブラック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑話§バイロイト音楽祭のチケット

2019年バイロイト音楽祭のチケット申し込み用紙が届いたところで、 座席のカテゴリー分けが大幅に変わったと知ったので、エントリーと して記録しておく。 上のように変わった。下が今年までのカテゴリー分けである。 今年までは11あった平土間席のカテゴリーが7つに減った。大雑把に 言えば事実上の値上げということだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§ヴィオラ・デュオとバッハのカンタータ

【タベア・ツィンマーマン&アントワン・タメスティ】 2日続けて武蔵野と三鷹で聴いたコンサートを、簡単にまとめて一つ のエントリーとする。 凄いコンサートを聴いてしまった。10月20日、武蔵野市民文化会館小 ホールで行われたタベア・ツィンマーマンとアントワン・タメスティ によるヴィオラのデュオである。プログラムは以下のとおり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜消息~今日はバッハ~

今日は2012年以来一年おきに来日しているフライブルク・バロック・ オーケストラのコンサートが、三鷹市芸術文化センター風のホールで 行われるので聴いてくる。 毎回毎回、活き活きと新鮮な音楽を聴かせてくれるので楽しみにして いるが、今回もバッハ(と彼のはとこ)のプログラムで、ソプラノ独唱 によるカンタータが2曲演奏される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜消息~今日はヴィオラ~

今日は武蔵野市民文化会館小ホールで、アントワン・タメスティとタ ベア・ツィンマーマンのヴィオラ合戦を聴く。 長く聴いていても、オーケストラの中のヴィオラの動きが手に取るよ うにわかるとか、そんなことは全然なくて、むしろまったく聴き取れ ないと素直に白状するしかない。 辛うじて弦楽四重奏曲だったら、少しずつだが耳に入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漂話§旅は徒然[28]マイケル・ジャクソン

[承前] ミュンヘン中心部にある16世紀の作曲家オルランド・ディ・ラッソの 像周辺がおもしろいことになっていると、テレビ番組で紹介していた ので、それではと見物に出かけたのは滞在最終日のこと。 市内高級ホテルの一つであるバイエリッシャーホフの前、市電が行き 交う線路に挟まれた小公園の中にそれはあった。高さ数mはあろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嗜話§音楽好き嫌い~名前当てあり~

音楽が流れてくれずに、止まりそうとも感じられる演奏は好まない。 それに加えて、あまりクセが強い演奏も好きではない……LM氏とか LB氏が指揮する音楽の類である。 不思議なことにCK氏(カルヴァン・クライン氏にあらず)の音楽には そうしたことは感じない。音楽の自然な流れを感じるからだろうか。 SC氏が指揮した実演は2回ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漂話§旅は徒然[17]アポロとダフネ

[承前] インスブルック滞在も最終日……日付が変われば移動日である。 最終日は20時開演、古楽祭の野外オペラでフランチェスコ・カヴァッ リが1640年に作曲した『アポロとダフネ』が上演される。だが天気が 芳しくない。 ↓グーグルマップから拝借した野外オペラ会場 ホテルを少し早めに出ると、会場となるインスブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神話§2018年10月の予定あれこれ

というわけで、東京10月の日出&日没時刻を下に貼っておく……月末 には日の出時刻も6時台に入り、いよいよ日没時刻は16時台に突入。 寂しき秋の日々なのである。 今月は、十八世中村勘三郎七回忌追善と銘打たれた芸術祭十月大歌舞 伎に2回行く。それも昼夜ではなく、夜の部だけ2回行くという…… ちょっと贅沢ではあるけれど。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more