テーマ:弦楽四重奏

織話§ウェールズ弦楽四重奏団のベートーヴェン

ウェールズ弦楽四重奏団がベートーヴェンの弦楽四重奏曲全曲演奏を 始めるというので、第1回を聴いてきた。場所は第一生命ホール。 ベートーヴェン: 弦楽四重奏曲 第6番 B-Dur Op.18-6 **********************休憩********************** 弦楽四重奏曲 第13番 B-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚話§エベーヌ弦楽四重奏団のベートーヴェン

凄い演奏を聴いた。プログラムは、ベートーヴェンが2曲である…… 弦楽四重奏曲 第9番 C-Dur Op.59-3 『ラズモフスキー第3番』 **********************休憩********************** 弦楽四重奏曲 第13番 B-Dur Op.130 『大フーガ』付き 饒舌な表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発話§クス・クァルテットを聴く[2]

[承前] というわけで、5回にわたるベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲シリー ズのうち2回を聴いたわけだが、その2回目である。 ベートーヴェン: 弦楽四重奏曲第15番 a-moll Op.132 **********************休憩********************** 弦楽四重奏曲第13番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発話§クス・クァルテットを聴く[1]

2002年以来、できるだけ聴く機会を作っているクス・クァルテットが ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲を演奏するというので、サントリー の小ホールに行ってきた。 ベートーヴェン: 弦楽四重奏曲第7番 F-Dur Op.59-1『ラズモフスキー第1番』 弦楽四重奏曲第8番 e-moll Op.59-2『ラズモフスキー第2番』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羅話§アルカディア弦楽四重奏団を武蔵野で

オリジナル・メンバーは以下のとおりだったが、第一ヴァイオリンの アナ・トロークが病気で来日できず、このクァルテットと関係が深い というセバスティアン・テグゼジューにメンバー変更となった。 セバスティアン・テグゼジュー(第一ヴァイオリン)←アナ・トローク レスヴァン・ドゥミトル(第二ヴァイオリン) トライアン・ボアラ(ヴィオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絡話§ヴァン・カイック弦楽四重奏団

先週木曜日に武蔵野市民文化会館小ホールで、フランス出身の四人組 ヴァン・カイック弦楽四重奏団を聴いてきた。それにしては、第一ヴ ァイオリンのヴァン・カイックはオランダ由来の名前っぽいのだが。 モーツァルト:弦楽四重奏曲第15番 d-moll K.421 プーランク:3つの歌曲~セーの橋、愛の小径、花~ ******…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天話§ベルチャ弦楽四重奏団

オール・ベートーヴェンのプログラムで、ご丁寧にも前期、中期、後 期から1曲ずつという以下のような構成である。 弦楽四重奏曲第3番 D-Dur Op.18-3 弦楽四重奏曲第11番 f-moll Op.95『セリオーソ』 **********************休憩********************** …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合話§今日はベルチャ弦楽四重奏団

今夜は武蔵野市民文化会館小ホールでベルチャ弦楽四重奏団の演奏会 を聴く。今年のクラシック演奏会初めだ。 プログラムはオール・ベートーヴェンで、3番、11番、15番と何とも 重めである。 もちろん感想は可及的速やかにまとめるつもり。 《クラシックのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流話§第4回鶴クァルテット演奏会

2015年から年に一度のペースで行われている鶴クァルテットの演奏会 を聴いてきた。会場は、小田急線鶴川駅に近い和光大学ポプリホール 鶴川である。 シベリウス:弦楽四重奏曲 d-moll Op.56『親愛なる声』 **********************休憩********************** ベート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜消息~今年最後の演奏会~

今日の午後は、今年最後の演奏会に行ってくる。 ちょっとした縁でもって、今回で4回目となった鶴クァルテットの演 奏会は、シベリウスとベートーヴェンのラズモフスキーという選曲。 毎回、ある意味でまじめな……言い換えると面白みのない演奏なので かねがね、そこから脱却してくれればと思ってはいるのだけれども。 どうしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師話§2018年12月のあれこれ

東京の日の出と日没時刻は、一昨日アップしておいたので省略する。 さすがに押し詰まったこともあって、今月はほとんどお出かけをする 予定がない。 演奏会は一回だけ。年に一度、今年が4回目となる鶴クァルテットの コンサートで、今年はシベリウスとベートーヴェンのラズモフスキー 第1番。オーケストラとの片手間であることは承知しつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱話§カザルスホールがあった

主婦の友社が駿河台にカザルスホールを建てたのは1987年だから、お よそ30年前のことである。その前年にはサントリーホールがオープン していた。 室内楽専用ホールと謳われて、賑々しく行われた柿落とし公演の一つ に行っている。内田光子とイギリス室内管弦楽団(ECO)の管楽器メ ンバーによる室内楽コンサートである。 以来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

纒話§書きもらしたクラシック演奏会五本

3月20日、21日……ロータス弦楽四重奏団のベートーヴェン後期弦楽 四重奏曲全曲シリーズのうち、15番以外の2回を聴いてきた。会場は 武蔵野市民文化会館小ホール。 [3月20日] 弦楽四重奏曲第12番 Op.127 Es-Dur **********************休憩*********************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和話§ロータス弦楽四重奏団~20日、21日~

武蔵野市民文化会館で行われたロータス弦楽四重奏団によるベートー ヴェン後期弦楽四重奏曲連続演奏会3回のうちの2回を聴いてきた。 演奏する側にとっても大変だが、聴くほうも大変である。 【第1回】3月20日 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第12番 Es-Dur Op. 127 **********************休憩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鱗話§ウェールズ弦楽四重奏団~第一生命~

晩秋の台風22号“サオラー”が接近する中を、勝鬨橋に近い第一生命 ホールでウェールズ弦楽四重奏団の演奏会を聴いてきた。プログラム は以下のとおり。 ハイドン:弦楽四重奏曲 第41番 G-Dur Op.33-5 Hob.Ⅲ:41 ベルク:弦楽四重奏曲 Op.3 **********************休憩******…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜片々~ウェールズ弦楽四重奏団~

今日は、5月に聴いて気に入ったウェールズ弦楽四重奏団の演奏会に 行ってくる。 プログラムはハイドン、ベルク、シューベルトと、ウィーンの香りに 満たされているようだ。 というわけで感想は可及的速やかに。 《クラシックのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

搏話§鶴クァルテット第3回演奏会

台風21号“ラン”が接近、しかも衆議院議員選挙投票日という日曜日 の午後、和光大学ポプリホール鶴川で行われた鶴クァルテット第3回 演奏会に行ってきた。プログラムは以下のとおり。 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第1番 F-Dur Op.18-1 ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第1番 e-moll『クロイツェル・ソナタ』 *…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再話§エベーヌ弦楽四重奏団もう一丁!

10月7日に聴いた白寿ホールのエベーヌがよかったので、小金井宮地 楽器ホールで行われた最終公演に行ってきた。プログラムは以下のよ うなもので、クラシックとジャズの組み合わせは以前も聴いている。 モーツァルト:弦楽四重奏曲 第15番 d-moll Kv.421 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第11番 f-moll Op.95『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絡話§ドビュッシーQとエベーヌQ

【ドビュッシー弦楽四重奏団】 武蔵野市民文化会館小ホールでドビュッシー弦楽四重奏団を聴いた。 彼らを聴くのは初めてである。プログラムは以下のとおり。 ショスタコーヴィチ:アダージョ ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第11番 f-moll Op.95『セリオーソ』 ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲 第7番 fis-moll…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜片々~ウェールズ弦楽四重奏団~

一昨日、準地元と言ってもいい、八王子は南大沢にある文化会館で、 結成10年を迎えたウェールズ弦楽四重奏団の演奏会に行ってきたので 簡単に感想を書いておく。 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第2番 G-Dur Op.18-2 モーツァルト:弦楽四重奏曲第15番 d-moll Kv.421 ****************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憬話§このたびの旅[54]クス・クァルテット

[承前] 7月の紀尾井ホールで聴いた時にも同様なことを書いたが、これまで シャープで尖鋭的なヤナ・クスのヴァイオリンの音色に、しなやかさ とか優しさのようなものが加わって、より一層表現が深くなったよう に感じた。だから音楽に応じて尖がってみたり丸みを帯びさせてみた り、クス・クァルテット全体の表現の幅も広がったようである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憬話§このたびの旅[51]さよならハーゲンQ

[承前] 今回最初に行ったリサイタルはハーゲン・クァルテットである。2001 年に聴いてがっかりして以来2度目だが、その時に感じたことが正し かったのかどうか確認したくて聴きに出かけた。 Hagen Quartett 2008.08.30 Joseph Haydn:Streichquartett G-Dur op…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more