アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「シューベルト」のブログ記事

みんなの「シューベルト」ブログ

タイトル 日 時
鍵話§内田光子リサイタル〜シューベルト〜
鍵話§内田光子リサイタル〜シューベルト〜 一昨日の水曜日夜、内田光子のシューベルト・プログラムを聴いてき た。プログラムは以下のとおり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/09 00:00
興話§一日一句〜CDラックを探して〜
季語は・・・秋の声 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/28 00:02
週話§日曜消息〜ワルター・アウアー〜
今日の午後は武蔵野市民文化会館小ホールで行われるウィーンフィル 首席フルート奏者ワルター・アウアーの演奏会を聴く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/08 00:00
遊話§一日一句〜シューベルト『冬の旅』〜
季語は・・・枯野 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/14 00:02
鱗話§ウェールズ弦楽四重奏団〜第一生命〜
晩秋の台風22号“サオラー”が接近する中を、勝鬨橋に近い第一生命 ホールでウェールズ弦楽四重奏団の演奏会を聴いてきた。プログラム は以下のとおり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/31 00:01
遊話§一日一句〜秋に向かって〜
季語は・・・夏草 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/22 00:00
青話§冬の旅〜ユリアン・プレガルディエン〜
青話§冬の旅〜ユリアン・プレガルディエン〜 親子二代のテナー、クリストフの息子ユリアンが日本で『冬の旅』を 歌うというので紀尾井ホールに行ってきた。フォルテピアノで伴奏を するのは、これもBCJ監督鈴木雅明の息子優人である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/13 00:01
夭話§この年でようやくシューベルト
シューベルトが“歌曲の王”だなどと思ったことなど毛頭ないのだけ れど、ここにきて少しずつシューベルトが耳に入り込んできているの がわかる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/14 00:01
鄙話§冬の旅〜プレガルディエン〜室内楽
鄙話§冬の旅〜プレガルディエン〜室内楽 東京・春・音楽祭、クリストフ・プレガルディエンが歌う『冬の旅』の 室内楽版を聴いてきた……先週土曜日のことである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/08 00:01
週話§土曜些事〜プレガルディエン〜
桜とともに、東京・春・音楽祭の季節がやって来た。今年も一昨年、去 年に引き続いてメインはワーグナーの『ニーベルングの指環』四部作 演奏会形式で3年目は『ジークフリート』が上演される。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/02 00:00
眩話§ツィメルマンのシューベルト
東京に数cmの積雪があった月曜日の夜、武蔵野市民会館の小ホールで クリスチャン・ツィメルマンのオール・シューベルト・プログラムを 聴いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/20 00:01
叙話§ラドゥ・ルプーのシューベルト
叙話§ラドゥ・ルプーのシューベルト このところ家ではラドゥ・ルプーが弾くシューベルトのピアノ・ソナ タばかり聴いている。何というか、聴いていてしっくりし過ぎるくら いなのだ。第13番 A-Dur D664がそれである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/05 00:00
舒話§ダヌマン&ボストリッジ〜東京・春〜
東京・春・音楽祭千秋楽前日だった先週の土曜日、ソプラノのソフィ ー・ダヌマンとテナーのイアン・ボストリッジが歌うシューマンの歌 曲を聴いた。ピアノ伴奏はジュリアス・ドレイク。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/15 00:00
鍵話§内田光子ピアノ・リサイタル
鍵話§内田光子ピアノ・リサイタル 三連休中日の日曜日、今にも泣き出しそうな空の下をサントリーホー ルに向かった。内田光子のピアノ・リサイタルである。プログラムは 以下のようなもの。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/06 00:01
週話§日曜雑感〜内田光子リサイタル〜
今日の夜はサントリーホールで内田光子のピアノを聴くことにしてい る。プログラムは、モーツァルトに始まってシューマンとシューベル ト。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/03 00:00
調話§アンドレアス・ショル〜武蔵野〜
三連休の初日、武蔵野までカウンター・テナーのアンドレアス・ショ ルが歌うドイツリートを聴いてきた。レパートリーを広げていこうと いうショルの意欲的な試みである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/16 00:01
即話§シューベルト最後のピアノ・ソナタ
即話§シューベルト最後のピアノ・ソナタ 春分の日の午後遅く、特にすることもなかったので、シューベルトが 書いた最後のピアノ・ソナタ3曲をまとめて聴いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/22 00:00
僕話§マウロ・ペーター『水車屋の娘』
僕話§マウロ・ペーター『水車屋の娘』 1月28日に武蔵野市民会館小ホールで、1987年生まれの若手テナー歌 手マウロ・ペーターが歌うシューベルトの『美しき水車屋の娘』全曲 を聴いてきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/30 00:00
流話§『美しき水車屋の娘』はテナーで
シューマンの『女の愛と生涯』をマティアス・ゲルネが歌ったリサイ タルが日本でも行われたが、さすがに自分自身の中のイメージと合致 することはなく、聴きに行くことはなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/14 00:00
夭話§シューベルト再考
このところ、フランツ・シューベルトのことが頭の中を占めている。 ずうっとずうっと長いこと、遠いところから眺めていたのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/16 00:00
鍵話§内田光子リサイタル(2011.11.04)
モーツァルト:幻想曲 ニ短調 K.397 シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集 op.6 * シューベルト:ピアノ・ソナタ イ長調 D959 * アンコール/モーツァルト:ピアノ・ソナタ ハ長調 K.330 2楽章 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/07 00:00
道話§冬の旅〜すがりつく希望〜
シューベルトの『冬の旅』を聴くのは辛い。辛いのだが、時に聴かね ばならないとでもいう気持ちになった結果、聴いてしまう時もある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/31 00:00
練話§歌曲のオーケストラ伴奏・・・
個人的にあまり好きではないというものに、歌曲のピアノ伴奏をオー ケストラ編曲したというのがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/08 00:01
衰話§老化の揚幕〜霜置く髪〜
サブタイトルはシューベルトが作曲した『冬の旅』の中の一曲。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/11 07:50
寂話§ゴールドベルク変奏曲と『冬の旅』
たぶん、グレン・グールド最後の録音という意識で聴いているからと いうこともあるだろうが、この間1981年録音のゴールドベルク変奏曲 を聴きながら、シューベルトの『冬の旅』を思い出していた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/03 07:04
彷話§現世は どこに行こうが 仮住処
自分自身の意識の奥底には常に“希薄な居場所感”が存在している。 これではあまりにも漠然としていて理解しにくいかもしれないが…… ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/03 07:00
徨話§プレガルディエン『冬の旅』同行二人
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/11 08:34
彷話§プレガルディエン『冬の旅』ギースと
遠路、所沢まで遠征してプレガルディエンの『冬の旅』を聴いた。ピ アノ伴奏は、去年『水車屋』を伴奏したミヒャエル・ギース――ゲー スという表記が正しいのか――。【所沢マーキーホール 2009.3.7】 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2009/03/10 08:10
維話§交響曲第8(?)番『グレイト』
シューベルトの交響曲の番号は、相変わらず何が何だか訳若布……。 聴いたことがあるのは3番、4番“悲劇的”とか、5番、未完成にグ レイトというくらい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/15 12:01
憬話§このたびの旅[56]C.プレガルディエン
[承前] ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/11 12:02
憬話§このたびの旅[55]M.シャーデ
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/10 12:03
憬話§このたびの旅[54]クス・クァルテット
[承前] ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/10 12:01
憬話§このたびの旅[53]ミヒャエル・フォレ
憬話§このたびの旅[53]ミヒャエル・フォレ ↑バイロイトの書店で催されたサイン会にて ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/07 12:04
乍話§おや・・・シュベルトばい・・・?
ビールを呑みに行く神保町“L”の店内には、低い音でクラシックが 流れている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/18 12:03
喩話§メタファー?・・・『冬の旅』と娼館
ここの文章と写真を眺めていての、ふとした素人の思いつきである。 ドイツには公娼制度があって、その一つの建物の入口の文句が…… ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/14 12:32
歌話§ギター版『美しき水車屋の娘』
ペーター・シュライヤーとオーストリアのクラシック・ギタ リストのコンラート・ラゴスニックによる、ギター伴奏によ るシューベルトの『美しき水車屋の娘』の演奏がある。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 1

2006/02/21 12:06

トップへ | みんなの「シューベルト」ブログ

     
ひだまりのお話 シューベルトのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる