テーマ:

変話§霞始靆~七十二候~雨水

雨水の次候“霞始靆(かすみはじめてたなびく)”である。 雨水とはあるが、少なくとも2月一杯の多摩丘陵は降雪要注意なので ある。 南岸低気圧が通過するようであれば、雪が降るのは必定で、それにし ても、ピンポイントで雪が降るようなコース取りをするものだと感心 してしまう。 つまりは、低気圧の発生に始まって、日本列島周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継話§水沢腹堅~七十二候~大寒

大寒の次候“水沢腹堅(さわみずこおりつめる)”である。 つい先日、湿度と雪の関係について知る機会があった。 湿度が低いと高めの気温でも降雪となり、湿度が高かったら気温が低 くても雪にはならないということだ。 例えば気温4度の場合、湿度が60%以下だったら雪に、70%以上だっ たら雨になってしまうのである。だから気温…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2018年4月4日付~

3月21日……我が家がある団地敷地内の桜が開花した。東京都内から 遅れること4日、我が家前の辛夷(コブシ)並木の開花から2週間後の ことである。 3月21日……同じ日、東京都下多摩丘陵は降雪に見舞われた。東京都 内はみぞれという記録になるが、例によって“豪雪地帯”の誉れ高い 地域なので、驚くにはあたらない。 驚きだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅話§深夜帰宅~ある大雪の日の記憶~

たぶん……20年以上前、当然ながら前世紀のことである。 その時も、東京にしては大雪だった。今のように午後早めに帰宅指示 などと行き届いたシステムもなければ、帰宅指示が出る頃に出社する ような勤務形態だったから、仕事を終えて帰宅するのは0時を回って いたのだ。 会社からタクシーに乗って運転手に行き先を告げると「お客さん、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~雪除けの連鎖秘話~

大雪に見舞われた先月、気がつくと積もり始めていた団地の中で…… ……既に雪除けせんと、スコップを手にした何人かが、道筋をつけて くれていたので、少し間隔を置いた2時間後にプラスチックシャベル を持って下りていけば、積雪はさらに増えたところで30分ほども除け れば、再び道は開いたので、これでしばらくはもってくれると油断を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2018年2月6日付~

1月22日……いわゆる“南岸低気圧”が太平洋側を通過、東京も降雪 の日となった。10時過ぎには早くも先陣が降り始め、午後は本降りと なったのである。 既にそんな予報を聞いていたから、前日の日曜日には雪に備えてこの 日の夕食分までを確保していたので、完全引き籠りの一日になった。 14時を過ぎる頃、我が家の周囲は真っ白な世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2018年1月の天気模様を振り返る

1月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認 して、より詳細な気象状況をチェックできる。 雨や雪が降ったのは数日程度だったが、22日に降った雪は都心で23cm を記録したが、多摩丘陵上に建つ我が家は当然ながらの30cmレベル。 下の写真を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環話§水沢腹堅~七十二候~大寒

大寒の次候“水沢腹堅(さわみずこおりつめる)”である。 一月も今日を入れて残り一週間となった。 日本海側地域のドカ雪だが、特に今年の降り方は尋常ではないと感じ る。ニュースやネットで見る映像の中には、車が一晩で埋まって見た 目“かまくら”のように真ん丸な球体で、元の形がわからなくなって しまったものもあったのである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環話§金盞香~七十二候~立冬

立冬の末候“金盞香(きんせんかさく)”である。 立冬は早くも末候となり、次は雪がちらつく小雪が待ち構えている。 さすがに11月中旬に雪が降ることはなかろうと思っていたら大間違い で、東京都心は去年11月24日に観測史上初の降雪に見舞われたのだ。 証拠写真もあるので下に貼っておきますね。 つい一年前のことなので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移話§鶏始乳~七十二候~大寒

大寒の末候“鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)”である。 二十四節気という暦では一年の最後にあたる、その候がやって来た。 次は立春ということだ。 このところ山陰から北海道にかけての積雪がすごい。ちょっと想像を 超えるような降り方で、だから国道の車が長く連なって動きが取れな くなってしまい、地域の人たちが炊き出しをした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2016年11月の天気模様を振り返る

11月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認 して、より詳細な気象状況をチェックすることができる。 意外と冬到来が早かったと感じさせる11月だった。11月頃は乾燥月と いう印象だが、10日間以上雨が降ったし、24日は雪まで降った。その …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純話§11月の雪

昨日は“11月の雪”だった。 朝6時過ぎに目覚めたところでは雨だったのが、6時半前には雪に変 わり、一時間で屋根は真っ白に、車もフロントガラスが雪で覆われて しまうほどの勢いである。 ↓あっという間にモノクロの世界 東京で11月の降雪は、1962年11月22日以来54年ぶりということだが、 その当時は群馬の実家暮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移話§霎時施~七十二候~霜降

霜降の次候“霎時施(こさめときどきふる)”である。 順調に気温が下がっていくかといえばそんなことはなく、先週末には 本州で夏日が記録された。我が家あたりでも外気温が28度に達して、 外出するにもTシャツでうろうろする有様だったのである。 ところが北海道では初雪到来というニュースに目を丸くしてみていた のだ。南北に長い日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more