テーマ:中国

呟話§一言つぶやき~香港を孤立させるな~

香港の民主化運動が風雲急を告げていて、週末に大規模なデモが…… ……繰り広げられているのは報道のとおりだが、これまま中国政府の 意のままになってしまうなら“一国二制度”は有名無実のものとなっ て、大陸と同じ中身になってしまい、人権弾圧はこの先苛烈を極めて いくに違いなく、それをわかっているから香港市民は抵抗運動を続け てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環話§雪下出麦~七十二候~冬至

冬至の末候“雪下出麦(ゆきわたりてむぎいずる)”である。 今年最後の候である。ここに改めて申し上げておきたいのだが、七十 二候も二十四節気も古代中国が発祥である。少なからぬ人が、これら を日本由来だと思っているようだ。 言うまでもないが、四季は日本だけのものではないのだから、中国の 古人が考え出しても不思議などはないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蒙話§ヨーロッパからモンゴル上空航路

下の写真はルフトハンザ716便、フランクフルト発羽田行きの飛行 経路である。ところどころ点線になっているのはレーダーの捕捉範囲 外という意味である。 1998年、一度だけだがモンゴルを上空を経由した帰国便に乗ったこと がある。その時はウィーン発成田行きのオーストリア航空の飛行機。 当然ながら通常のシベリア上空経由だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抑話§天安門事件から25年・・・

今から25年前の1989年6月4日に、中国は北京の天安門広場で民主化 を推進しようとした学生、市民に向かい“人民解放軍”が発砲などの 弾圧行為を行い、多数の死傷者を出した。解放軍による人民弾圧…… 天安門事件 ……である。当然というか、当局は25年だからといって何をするわけ でもなく、口を閉ざして沈黙を貫いているのだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[10]紹興酒の件

[承前] どうってこのとない中華定食屋にだって紹興酒は置かれているので、 生ビールの後に二合ほど呑んだりする。アルコール度数は、日本酒と ほぼ同じだろうか。 最初に呑んだのは、就職して2年目くらいだっただろうか。この時は 見事に悪酔いをした。大した量を呑んだわけでもなかったのに理由は 不明。それで苦手意識を持ってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拙話§万里の長城トレッキング遭難始末

2009年7月に、北海道大雪山系トムラウシ山で8人が死亡する遭難事 故を引き起こした山岳専門ツアー会社が再び、今度は中国万里の長城 で死亡事故を起こした。 “万里の長城9日間100kmトレッキング”なる企画がどのようなも のか、詳しくはわからないが、遭難の常で季節はずれの大雪に対処で きる装備ではなかったということは間違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~長崎ちゃんぽん~

我々の知らない間に、某国々で松阪牛やコシヒカリという名称が…… ……商標登録されて、元々ある日本産の産品が輸出できないであると か様々な支障が起きているということだが、いったい何を考えている のか、目敏いというか油断も隙もないと思っていたら、今度は某国2 で、長崎ちゃんぽんが商標登録されようとしているらしい。 《つぶや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視話§科挙の華麗なるカンニング

人類が人類らしくなり、政(まつりごと)が始まることで、その能力あ る者を選抜するにあたって“試験”が考案された。そして、それと同 時に“カンニング”も行なわれるようになったのは間違いないこと。 というわけで、中国に発祥する“科挙”という役人になるための試験 では、それこそ盛大にカンニングが行なわれていた。そのことを知っ た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E話§エキスポ~万国博覧会~

上海万博が閉幕した。1970年大阪万博を超える入場者数を記録した。 人口比を考えれば当たり前だと思ってはいけないのかな。 まさに40年前、1970年の8月に大阪万博に行ってきた。正確に言えば 連れて行ってもらったということになるが……。夜の田舎町を、知り 合いの車に同乗させてもらって東名~名神を徹夜で走り、午前に会場 到着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酔話§壺中天酔歩~酒にまつわる漢詩~

酒にまつわる漢詩集などないかと探していたところ、大修館書店刊の 『壺中天酔歩』という一冊を見つけたので、そそくさと購入した。 できれば文庫版で軽快にというわがままだが、こういう本の存在は、 ぐうたら者にはありがたい。 項目は、古代『詩経』から始まって、お約束の陶淵明、李白、杜甫を 経て現代に近いところまで続くのである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悼話§王登美さん

言うまでもなく王貞治氏、そして既に故人である王鉄城氏(医師)の母 親である。 御存命だったということも知らなかったが、108歳での大往生とい うことに驚いている。 あの当時に中国の人と結婚して、相当な苦労を経たことだっただろう が、その苦労は十分過ぎるほどに報われたと思うのだ。 108という数字は除夜の鐘で打たれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刻話§某S社のソーラー電波時計・・・

愛用している腕時計は、2006年夏に購入したS社のソーラー電波時計 である。日本以外にアメリカとドイツの電波を受信して時刻修正でき るようになっている。 月に一度だとか頻繁に出張するビジネスマンならばもっと活用される ような機能だが、年に一度の海外旅行程度に必要なものかというと、 まあそういう機能とかが好きだからいいじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平話§天安門事件から20年

いかなる体制も程度の差こそあれ、現体制を守るべく反体制の人間に 理不尽なプレッシャーをかけるなど珍しいことではない。 そんな反体制側の力が、特に社会主義国家の中で強まったのが20年前 の1989年のことだった。既に衰退していた東ヨーロッパの国々の国家 体制が、この年に崩壊している。 そして中国もまたそんな潮流の中にあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more