テーマ:枝豆

変話§蒙霧升降~七十二候~立秋

立秋の末候“蒙霧升降(ふかききりまとう)”である。 立秋も末候となったが、まだまだ一か月以上真夏のような日々が続く と決まっている。 朝夕だってまだまだ暑く、エアコンなしでは寝苦しくていかんともし がたいのは言うを待たない。 そうして、枝豆のシーズンはこの先一か月以上続いてくれる。空豆の 旬は本当に短いけれど、昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

便話§枝豆とお通じ

夏の夕べのお楽しみはビールと枝豆である。週三日のお休肝日以外に 家呑みをする時、枝豆を茹でては食卓に出すことは欠かさないのだ。 枝豆は、良質な蛋白質の供給源でもあるし、シジミ以上にオルチニン を含有しているから、二日酔いの緩和にもなる……最近は二日酔いす るまで呑まないけれど。 そして、我が身にとって一番の効能はお通じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食話§皐月五月もさようなら~枝豆へ~

5月最終日である。 気温も湿度もほどほどに気持ちのいい季節だったが、間もなく終わり となってしまう。この先は、気温も湿度もどんどん上がって、鬱陶し く汗が噴き出る季節がやって来るのだ。 6月からのお楽しみといえば、何といっても枝豆である。6月中は、 まだまだ走りの時季で、味もちょっと物足りなかったりするが、それ も徐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2018年11月2日付~

10月13日……長袖シャツを着た。朝方の外気温は17度と肌寒く、さす がにもう半袖は納めであろうと思いながら、クリアケースを開けて長 袖シャツを何枚か取り出し、その一枚に袖を通した。 先々も最高気温が20度に達することはほとんどなさそうで、このタイ ミングで半袖と長袖を入れ替えても問題はなさそうだったのである。 10月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2018年10月4日付~

9月22日……今シーズンの鍋初めをした。ぐずついた天気続きで気温 も低空飛行。宅配野菜の中には、水菜、えのきだけといった“みわく の鍋グッズ”がさり気なく入っていて、鍋シーズンの始まりを告げて いた(ぇ というわけで、水菜というそれだけの理由でもって胡麻豆乳鍋と決め その他の具材を買ってきて、例によって鍋にそれらを放り込ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜消息~今日もビール明日も~

夏だ! ビールだ! 枝豆だ! 今さら何を仰々しくである。だが、やはりビールは夏の存在なのだ。 四季を問わずのビール呑みなれど、夏のビールこそがビールの醍醐味 だと、40年を超える――何と長きに亘って――飲酒歴の中でしみじみ 痛感するのである。 もっとも、最初の一缶は味などどこへやらで、とにもかくにも喉を潤 すとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2018年6月26日付~

6月5日……今年初めて枝豆を茹でた。だが初枝豆というわけではな い。腸の動きをよくする“おまじない”として、マーケットの総菜売 り場にある茹で枝豆を買って食べていたのだ。 というわけで、ここ3年来のとおりで水にお定まりの塩を入れ、莢の 両端を切った枝豆を3分ちょっと茹でて、ザルにあけて水分を切り、 しばし粗熱をとって食卓へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜消息~梅雨空を見上げて~

今年も梅雨の季節である。猛暑の夏を前にした、およそ一か月の序章 ということだが、戸外の湿気の高さには改めてうんざりさせられる。 家の中は、必要があればエアコンで除湿してそれなりの快適さで過ご すことができるけれど、表については……諦めるしかない。 ともあれ“明けない梅雨はない”と思い定め、このジメジメの日々を やり過ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2017年10月4日付~

【備忘録】 9月18日……我が家のベランダに設置している外気温計が、37.4度を 記録した。 夏の最後っ屁ともいうべきか、台風18号(タリム)が通過していった後 のフェーン現象のようなもので、にわかには信じられない気温だった 表示にあると湿度“Lo”は10%以下ということだから、そこそこ爽や かといえなくもないが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2017年9月6日付~

【備忘録】 8月23日……だだちゃ豆を今年初めて茹でて食べた。このところ天狗 枝豆の出来が悪いので、他の産地を試しているのだ。 そして残念ながら、だだちゃ豆も今ひとつの味でしかなかったのは、 いずこも同じ日照不足ということであろうか。だだちゃ豆は天狗枝豆 と比べてつつましい実入りだから、豆の味わいに力強さがないので、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2017年8月31日付~

【備忘録】 8月20日……スーパーマーケットで枝豆を買おうと、天狗枝豆に手を 伸ばしたが、よく見ると実入りが貧弱になっていることに気づいた。 陽の光を一杯浴びてこその枝豆なのに、8月に入ってこのかた不順が 続いて、日照不足の結果が農産物の不出来に繋がっているようだ。 天狗以外にも3種類ほど並んでいた中から、実入りがよさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜片々~枝豆な日々~

夏の期間、自宅で酒を呑む日には必ず枝豆を茹でているとは、何度も 書いていること。 ↓この時期、山チーズと枝豆を合わせるのも風物詩 そんな枝豆な日々も、そろそろ後半戦を迎えつつある。ちなみに、去 年の“枝豆納め”は10月下旬で、今年の“枝豆初め”は6月1日と記 録に残っている、さすがに10月末の枝豆は実入りも悪く、枝豆と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜片々~早くも下旬~

さて、8月も下旬である。 いい加減外気温30度超の世界から逃れたいものだと思ってしまうが、 せいぜいエアコンを動かして熱気を鎮ませるしかない。 8月に入って枝豆も真っ盛りなはずだが、個人的には実入りがいまひ とつと感じられてしまう。たぶん、ぐずついた天気が続いて、日照時 間が不足しているのではないか……そんな見立てであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連話§ワタシの酒肴[121]天狗枝豆ザ・ベスト!

[承前] このところ酒の肴はもっぱら枝豆中心に推移している。自宅で夕食を というのであれば、週3日のお休肝日を除いた4日間は枝豆を茹でて 食卓にのぼらせている。 スーパーマーケットで選ぶのも、迷うことなく群馬産の天狗枝豆を買 っている。茶豆の類をほめる人が多いことは承知しているが、茶豆の 実入りのちょいとばかり貧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2017年7月14日付~

【備忘録】 7月5日……スーパーマーケットに天狗枝豆が入荷していたので、迷 わず購入した。今年初である。だだちゃ豆も嫌いではないが、天狗の ほうがむっちりとグラマラスなボディで、甘みも天狗のほうが好みな のだ。 さらに上州ぐんまー!特産というのも積極的に食べる理由なのだが、 我が身にとって枝豆は、便通を良好にしてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環話§鷹乃学習~七十二候~小暑

小暑の末候“鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)”である。 小暑と大暑が一か月続いた直後、二十四節気は立秋……あっさり秋が 立つのだ。 もちろん引き続き暑い日々で、猛暑日になることだって珍しくはない のだから、秋という看板はどこかにしまっておいたほうがよかろう。 考えてみたら、夏のこの時季の酒肴をどうするのかは簡単な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2017年7月5日付~

【備忘録】 6月12日……我が母校が六大学野球春のリーグ戦で、今世紀における 初優勝を果たした。ちなみに春のリーグ戦優勝は59年ぶりとのこと。 さらに、12日に行われた全日本大学野球決勝戦では、国際武道大学を 9対2で下して優勝。これもまた59年ぶりとのことである。 この日の夕方、池袋ウエストゲートパーク(西口公園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2017年6月12日付~

【備忘録】 5月28日……バーミックスが壊れた。2007年に購入したからちょうど 10年である。毎朝のバナナミルクを作っていたタイミングでモーター が不調になって回転しなくなってしまったのだ。 この日、たまたま新宿まで買い物に行くことにしていたので、取り扱 いをしている店に行って新しいバーミックスを買って事なきを得た。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去話§皐月五月が過ぎ往きぬ

ついこの間ゴールデンウィークの道路渋滞をテレビで見ていたと思っ たら、今日は5月の最終日である。 ゴールデンウィークのことが爽やかな皐月晴れだったのに、中旬頃は 雨がちだったり曇りだったりと、5月らしからぬ日々が続いていた。 スーパーマーケットで野菜の陳列棚を眺めながら“枝豆はまだかな” と口の中でつぶやいていたら、沖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2016年10月の天気模様を振り返る

10月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認 して、より詳細な気象状況をチェックすることができる。 9月ほどひどくはなかったが、それでも晴れの日が続いたという実感 はなかった。それにしても目まぐるしく天気が変わるのには参った。 上旬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移話§霎時施~七十二候~霜降

霜降の次候“霎時施(こさめときどきふる)”である。 順調に気温が下がっていくかといえばそんなことはなく、先週末には 本州で夏日が記録された。我が家あたりでも外気温が28度に達して、 外出するにもTシャツでうろうろする有様だったのである。 ところが北海道では初雪到来というニュースに目を丸くしてみていた のだ。南北に長い日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旬話§枝豆~また来年~

この夏は、週に2回、3回と枝豆を茹でて食べた。自宅で夕食をとい う日には忘れることなく茹でたのだ。 枝豆にビールという組み合わせが夏の定番であるということは疑いよ うもないことで、ビールと組み合わせる多くの肴の中でも間違いなく ベスト5に入るのは確実である。 それで、一年中枝豆をつまみにビールを呑みたいかというと、そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩話§一日一句~既に日本恋しくて~

季語は・・・枝豆 ビール呑む 枝豆肴 欲しくなり 旅行もとっくに10日が過ぎていた。滞在一週間足らずで日本の食事が 恋しくなる……目覚めた瞬間に出汁も芳しき蕎麦つゆの香りが鼻先に 漂うなんて錯覚に陥ることも珍しくはない。 だからああ、茹でたての枝豆でビールを呑みたいと切実に思うのだ。 それ以外にも、ちょこちょこっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移話§大雨時行~七十二候~大暑

大暑の末候“大雨時行(たいうときどきにふる)”である。 8月最初が大暑の末候で、次は立秋ということを割り切れない思いで 過ごす人はたくさんいることだろう。 ところで“毎日が枝豆”状態である……というのは大げさであるが、 自宅で晩酌と晩ご飯をする時は、ほぼ日欠かさずに茹でている。 そして今年になってだが、ようやく枝豆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜些事~そろそろ枝豆~

夏は枝豆! 6月中に枝豆をフライングすることは少ない。やはし、実がむっちり しっかり入ってきた枝豆のほうが食べる甲斐はあると思っているので 食卓に上らせるのは7月に入ってからという呑み助なのだ。 毎年書いているように、上州は群馬の天狗枝豆のグラマラスな様子を 好みとしているので、マーケットにあれば迷わず天狗を手にするが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more