テーマ:

気話§八月も既に下旬

立秋が間もなく終わり、処暑が近づいているのにもかかわらず、暑さ が依然として続いている。 一昨日は歌舞伎座で納涼歌舞伎第三部『雪之丞変化』を観てきた…… 感想は別項で。今日は第一部と第二部を続けて観るのだ。納涼と銘打 っていながら、ちっとも涼しくはないけれど。 などと文句をつぶやきながらも、特に夕方は何がなし秋めてきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2018年10月の天気模様を振り返る

10月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認 して、より詳細な気象状況をチェックできる。 10月1日には台風24号“チャーミー”が、本州を縦断、我が団地でも 屋根瓦が吹き飛ばされるなどの被害が出たことは既報したことだが、 さらに翌週には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継話§楓蔦黄~七十二候~霜降

霜降の末候“楓蔦黄(もみじつたきばむ)”である。 ようやく晴れの日が続くようになった。夏の間には見えなかった西行 きの飛行機の姿もくっきりはっきり見えて、その行き先に思いを馳せ てみたりする。 我が家から見える飛行機の高度は様々で、おおよそ数千mからさらに 上昇を続けている。ただ、地上からだと三次元的に飛行機の姿を捉え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2018年11月2日付~

10月13日……長袖シャツを着た。朝方の外気温は17度と肌寒く、さす がにもう半袖は納めであろうと思いながら、クリアケースを開けて長 袖シャツを何枚か取り出し、その一枚に袖を通した。 先々も最高気温が20度に達することはほとんどなさそうで、このタイ ミングで半袖と長袖を入れ替えても問題はなさそうだったのである。 10月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継話§霎時施~七十二候~霜降

霜降の次候“霎時施(こさめときどきふる)”である。 さすがに夏物の姿は消えた。この時期は一番中途半端な頃で、着るの は長袖の綿シャツをメインに、気温が下がると上にカーディガンのよ うなものを羽織って済ませる。マメな同居人がせっせとシャツにアイ ロンを掛けてくれるが、それがどうも申し訳ない。 11月へと暦が変わればセータ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜消息~ありゃりゃ10月が~

そして10月も、雨降り多めでぐずついた天気の一か月だったと思う。 10月最初の土曜日の朝、車で通りかかった小学校では運動会が始まっ ていた……と思ったら雨が降り出して、あっという間に中止になって しまったらしい。 5月や10月は好天続きだと思い込んでいて、自分たちが小学生だった 頃はそんな確かな記憶があるわけだが、かく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more