テーマ:ベルリン

徨話§ベルリンとアルプス[16]さらばベルリン

[承前] 明けて土曜日、7泊滞在したベルリンとお別れの日である。コーヒー 1杯を飲んだ後は荷詰め。8時過ぎには何とか詰め込み完了して9時 前にはチェックアウト。 ↓忘れ物は……ありませんよ ホテルの目の前がタクシー乗り場なので、レセプションで呼んでもら う必要もなくさっさとピックアップすれば、空港まで20分というのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[15]落穂拾い

[承前] さて、日付が変わればベルリンともお別れとなり、ミュンヘンに飛ん でレンタカーをピックアップして変わらぬアルプスへとドライブする のだ。 あまりの暑さにホテルの部屋滞在が多かったのは、キッチン付きのア パートメントタイプだったことも大きかったと思われる。それに何よ り、わざわざ食事をするために外に出ていくこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[14]お招ばれ

[承前] 夜にベルリンフィルの演奏会があった日の昼間、ベルリンのちょっと した知り合いから昼食に招かれた。この日もけっこうな猛暑だったが こうもしないと外出すらせずホテルの一室に籠ってしまうので、暑さ を怨みながら出かけたのである。 ベルリン中心部からSバーンで20分ほども走ると、そこはもうすっか り郊外である。あれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[13]ベルリンフィル

[承前] 一週間はあっという間、ベルリン滞在も最終日となってしまった。明 日は移動日で、ミュンヘンに飛び、レンタカーをピックアップして、 いつものアルプス端っこに向かう。 そんな最終日、ベルリンフィルの定期演奏会に行ってきた。プログラ ムは以下のようなもの。2曲とも好物とは言えない、はっきり苦手な 作曲家の、しかも未…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[11]バレエですが

[承前] 5月にプレミエ上演したばかりの『バランシン/フォーサイス/シー ガル』と題された、いわゆる“トリプル・ビル(三部作)”を観たのは ベルリン滞在も中日を過ぎた水曜日のこと。 かつては3つのオペラハウスそれぞれがバレエ団を抱えていたが、そ れを統合してベルリン国立バレエ団とし、各劇場のレパートリーを踊 るという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[10]ばらの騎士

[承前] この日から金曜日までが怒涛の四連荘で、オペラ、バレエ、オペラ、 オーケストラ・コンサートと続くのだ。日本にいる時はすっかり早寝 になってしまった身だが、こちらに来ると劇場の終演時刻は22時を過 ぎるのが辛い。せめて21時過ぎならありがたいのだけれど。 ↓すぐそこに見えるコーミッシェオパー ↓隣のホテルの前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[8]書店巡りなど

[承前] 相変わらず観光地や名所旧蹟とは無縁の旅行を続けている。この日は 同居人の提案で書店巡りをしようということになった。 ↓この日の街歩きのネタ本がこちら 去年、インスブルックで買った上の本の中にあったベルリンの書店を 何軒か回ってみようという企画である。この日は夜にベルリン在住の 知人一家と会食する以外に予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[6]停電は唐突に

[承前] ベルリン・ドイツ・オペラ『マノン・レスコー』からホテルに戻った のは23時前。シャワーを浴びて軽く夜食でもと準備にとりかかった。 キッチンにあるのは電子レンジ、湯沸かしポット、それにネスプレッ ソのコーヒーメーカーである。ビールを呑みつつ何かつまんで、後は 軽く雑炊でもとポットに水を入れ、コンセントを差し込ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徨話§ベルリンとアルプス[4]ベルリン到着

[承前] ベルリンを訪れるのは2013年以来のことである……時差ぼけのおかげ で、けっこう早く目が覚めてしまい、11時発のフライトを前に、部屋 でぐだぐだすることになったが、2時間前にはさっさとチェックイン して、後は離陸を待つのみである。 ↓ミュンヘン空港で搭乗客を待つルフトハンザAirbus320 ベルリンまでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留話§一日一句~最終日はベルリンフィル~

季語は・・・ソーダ水 ベルリンの 風もグラスに ソーダ水 フィルハーモニーでベルリンフィルを聴くのは2003年の大晦日以来と いうことになるようだ。その後、2013年にはベルリン音楽祭の一環で コンセルトヘボウ管弦楽団とバイエルン放送響は聴いているけれど、 ここはやはり本拠地でベルリンフィルを聴いておきたいものである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留話§一日一句~滞在5日目~

季語は・・・結び葉 ベルリンの壁 結び葉の奥の過去 青葉が繁るウンター・デン・リンデン通りが果てる先にブランデンブ ルク門がある。かつて、門をくぐったその先に築かれたベルリンの壁 が、旧東ベルリンと旧西ベルリンを隔てていたのだ。 ↓1961年完成直後の壁とブランデンブルク門(ウィキペディアより) 1989年に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伯話§ベルリンの壁時代と崩壊以降

旧東独政府がベルリンの壁を構築して、西ベルリンを陸の孤島状態に 仕立て上げたのは1961年夏のことで小学校1年のことである。 そんな壁の存在を知ったのはいつの頃のことだったか、記憶をたどっ てみたが、かっきりとした記憶はない。長じて、壁の存在は未来永劫 続くのではないかと思ったのだ。 それが、東欧ドミノ革命の中で壁が崩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~空の架け橋作戦~

1948年6月24日、ソ連がベルリン封鎖を開始。 第二次世界大戦後、ドイツは東西に分断され、ベルリンも東をソ連、 西をアメリカ、イギリス、フランスの4か国統治体制となった。 西ベルリンは、東ドイツの中にあって孤島状態だったから、ソ連は、 西ベルリンを兵糧攻めして、西側3か国にベルリンを放棄させようと 目論んでのベルリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜草々~ベルリンの知人と~

この1月に第一子を授かったベルリン在住でフリーランスのライター として活躍している知人と会うことになっている。 2年前、ベルリンに行った時に久々の再会を果たし、ベルリンで1番 か2番にうまいラーメン屋で食事をしたということは、その折に書い たことなので読んでいただければと思う。 生まれてから数か月で10時間ほどを要する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伯話§ベルリン・フィル次期芸術監督未定

5月11日にベルリンフィル団員による会議が行われたが、サー・サイ モン・ラトルの後、2018年からの首席指揮者兼芸術監督人事は決定ま でには至らず、先へと持ち越しになった。 それを報じるベルリン・フィルのホームページには、わかりやすくも 空白の指揮台の写真が置かれていたのである。 Noch keine Entsch…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独話§ベルリンの壁崩壊から25年

ベルリンの壁が崩壊したのは、1989年11月9日なのか10日なのか…… 説が分かれているのは、このような事情ということのようだ。そうで なくても25周年記念式典は、両日にまたがって行われたのであった。 1989年といえば1月7日に昭和天皇が死を迎え、元号が昭和から平成 へと移行し、年末にはバブル景気破綻のきっかけとなる、大幅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§休暇蛇足~ベルリン王宮再建中~

[承前] リンデンオパーから数分ほど歩くと、かつての宮廷跡で旧東独時代に は共和国宮殿という、東独人民議会などが入っていた、いかにもな建 物があった……下の写真は2003年に撮影したもの。 東ドイツが崩壊してしばらくは放置状態にあったが、大量のアスベス ト処理をした後、2006年から解体工事が始まった。そして現在の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~名残りのビールを~

[承前] 終演後は、前日ラーメンを食べた知り合いと待ち合わせて、我々の休 暇打上げに付き合ってもらった。地下鉄でホテルの最寄り駅まで乗っ て、アウグスティナーに繰り込んだ。 週末金曜日のこととて店内は盛況……何とかテーブルを見つけ、名残 りに頼んだのは、もちろん!エーデルシュトフの1リットルジョッキ 一本槍である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~バイエルン放送響~

[承前] というわけで帰国前日、休暇スケジュール最後となるコンサートに向 かった。3日間のベルリン滞在で、ポツダム広場往復は3度を数えた ことになる。おかげで、駅からフィルハーモニーのルートも把握する ことができた。 この日はマリス・ヤンソンス指揮、バイエルン放送響による演奏会で プログラムは以下の2曲である。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~チョコレート!~

[承前] 無事に銅版画の都市図も手に入れると、ベルリン滞在最終日の予定は 20時開演のコンサートのみとなってしまった。 まだ陽の高いニコライ地区から、さてとホテルへの戻り道を考えてみ たが、適当な交通機関が手近にない。歩いても20分くらいだろうから と、シュプレー河に沿って共和国宮殿再建工事現場の横を通り、ジャ ンダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~17世紀銅版画都市図~

[承前] 目的の駅で下車すると、タイル貼りの壁面はベルリンの地下鉄車両が 年代順に展示されていて、これもまたギャラリーのようではないか。 それで、地上に出る階段を半分ほども上がったところで、アレキサン ダー広場に聳え立っているテレビ塔が見えてきた。確かに、見えても おかしくない地理関係にはなっている。歩くこと数分ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~アジア風ランチなど~

[承前] 絵画館を出ると、なかなかに陽射しが強くて文句を言いながらポツダ ム広場の一角にあるショッピングセンターのアルカーデンにたどり着 いた。ここで昼飯を食べようという心づもりなのだ。 地下に食堂街があるので、ぶらぶらと店選びをしていたら下の写真の 店に行きあたった。 アジア料理があれこれ交じり合っていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~ベルリン国立絵画館~

[承前] ベルリン滞在も最終日となりにけり。いつものとおりに重い腰を上げ て国立絵画館に行く。この日も気温が高めで、ポツダム広場からフィ ルハーモニーを経由しての道のりは日陰という逃げ場がなく、やるせ ないとはこのことである。 何とか汗をかかずに10分ほどで到着。まずは手荷物を貸しロッカーに 預け入れて御一人様10オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~夜はケルシュ[下]~

[承前] カウンターの中で仕事をしているお兄さんにケルシュをちょうだいと お願いする。無造作に厚紙でできたコースターをカウンターに置き、 しばしあってガッフェルという銘柄のケルシュビールがやってくる。 1杯200mlという“一口サイズ”のケルシュは、写真のような“お 盆”で運ばれる。日本人的には“わんこビール”とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~夜はケルシュ[上]~

[承前] KaDeWeには行ってみたものの、見るべきものは上階にある食料品街く らいで、その他のフロアの品揃えに元気さが感じられなかった。そん な様子に拍子抜け。さっさと店を出て戻ることにしたが、街の景色で も眺めながらと100番のバスに乗ったら、これが大渋滞に巻き込ま れてしまった。 ウンター・デン・リンデンで降り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~地下鉄で検札初遭遇~

[承前] 知り合いと別れて地下鉄の駅に戻った。地下鉄の駅といっても高架に なっている。ベルリンの地下鉄はあちらこちらで地上に出て、時には 高架を走ったりするのだ。 この日は丸一日予定がないので、短い滞在のうちにクーダムのKaDeWe でも冷やかそうと考えた。KaDeWeの最寄り駅までは乗換えなしで行け るので世話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~ベルリンのラーメン~

[承前] ベルリンでも知り合いと会うことになっていた。今時は、旅行中でも メイルのやり取りをして予定を決めることができるのは、ネット時代 のありがたさかな。 3日間のうちでは、中日が完全フリーだったのでどうしようかと思っ ていたら「ベルリンのラーメンでも食べませんか?」という提案に、 望むところと一も二もなくOKした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜話§夏季休暇~コンセルトヘボウ[上]~

[承前] この日は20時開演で、2013年ベルリン音楽祭の一環、ダニエレ・ガッ ティ指揮、アムステルダム・コンセルトヘボウの演奏会を聴くのだ。 音楽祭のチケットもゼンパーオパーと同様にオンライン予約したもの を自宅でプリントアウト。座席は3階席最後列という気楽なところ。 味気はないが、これで雀の涙程度にしても手数料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more