テーマ:憲法

化話§禾乃登~七十二候~処暑

処暑の末候“禾乃登(こくものすなわちみのる)”である。 天気がぐずついている。8月最終週は、ほとんど曇りか雨の日々で、 おかげで8・30国会前アクションは、雨こそ降ったものの涼しい陽気。 暑くなくて大助かりだった。 すっかりデモ&集会慣れして、デイパックに入れる“装備”も、プラ カードに始まって、雨具、ペットボトル、軽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜草々~今日は国会包囲だ!~

いよいよ8月30日がやってきた。 これまで培ってきた運動を、大きな実りあるものにする日なのだ。 政権党は、どうやらこの日のアクションを相当に気にしているようで 先々の国会審議日程と合わせて、少しだけだが状況は押し気味という 見立てではあるが、どうなるかはわからない。 戦争法案に反対する勢力が国会前に10万人、全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜草々~明日は国会包囲だ!~

26日の水曜日は下の集会に行ってきた。日比谷野外音楽堂は、平日の 夜であるにもかかわらず、弁護士、学者の会、一般市民で満席の盛況 となり、集会後デモパレードは4000人超の規模で行われたのである。 野音の集会では、錚々たる憲法学者、元内閣法制局長官に加えて“安 全保障関連法案に反対する創価大学・創価女子短期大学関係者有志…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[9]家が職場に?

[承前] これまで週5日40時間という勤務時間、それに10時間ほどの通勤時間 を加えると、一週間に50時間は家庭にいなかった。それが定年後は、 事実上50時間がまるまる“余って”しまうのだ。 時給1000円のアルバイトをするなら、週5万円ほどになる……という ことは一か月20万円ということなのだ。ふーんと思ったりはする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潰話§8月30日 10万人国会包囲 全国100万人

自公政権は既に“憲法を遵守する”という、最も基本的な為政者の義 務を無視し、放棄しているとしか思えない。 そんな政府には、戦争法案なる明確な憲法違反の法案を即刻廃案にし つつ、政権から退場していただきたいのである。 8月30日、国会前と全国規模で展開する戦争法案廃案&安倍内閣退陣 の集いが行われる。この先“戦争法案…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若話§高校生デモに参加して

都心の最高気温が33度を超えていた16時……我々夫婦は代々木公園を スタートした、高校生主催“戦争法案に反対する高校生渋谷デモ”に 参加した。少し遅れていったので公園坂中ほどで合流したのである。 T-ns Sowl~私達は戦争法案に反対するため立ち上がった~ 想像力の欠如した推進派の中には、高校生のデモということに対して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~岸内閣総辞職~

1960年7月15日、岸信介内閣が総辞職。 1960年6月、日米安保条約を強引に成立させた岸信介と彼の内閣は、 この日に総辞職をした。 時あたかも、もはや違憲が明らかな“戦争法案”が衆議院において、 岸の孫である愚者によって強行採決されようかという日にあたってい るが、違憲である法律を抜け抜けと立法府に提出して通させて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~戦争法案断固反対~

ほとんどすべての憲法学者が憲法違反であると断じている法案を…… ……無謀にも成立させるという、その裏にどういうことがあるものか 何とも不気味な状況と感じつつも、我々は、そのようにいい加減かつ 強引な手法に断固反対し、廃案へと葬り去らなくてはならないのだ! 《つぶやきのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~憲法違反確定~

衆議院憲法審査会に招聘された憲法学者3人の全員がことごとく…… ……集団的自衛権の行使は違憲であると述べたことで、政治家の多く が嘘つきを生業としていることがわかり、たとえ自民党に声をかけら れた学者であっても、間違いは間違いだし、だめなものはだめと、は っきり意見を表明したことに対して、我々国民も真摯に受け留めて、 現政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW話§黄金週間草枕~2015.05.03~憲法

[承前] 6時過ぎに起きた。外気温は17.1度、気持ちのいい五月晴れである。 憲法記念日の午後、横浜臨港パークで行われた“5・3 憲法集会”に 夫婦二人して参加してきた…… ↓大江健三郎のスピーチ。主催者発表で3万人が参加した 憲法を 尊重し 守り 育てる ……この基本の道筋から日本人ははずれてはならない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜草々~不[安倍]増~

自分と同い年――数日年下――の人間がこともあろうに、我々が愛し てやまない日本の国の首相になってしまってこのかた、あれやこれや とやりたい放題な動きに、不安ばかりが増長されているかのようだ。 不安倍増 そうしていたら“不安倍増”という単語の中に愚なる首相の名前が隠 れていることに気がついた人がいたのだ……ただでさえ不安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~憲法を護りぬく~

憲法は、愚かな権力者が現れることを前提として、愚かな権力者…… ……の暴走を止めるために存在しているのだが、この国ではその愚か な権力者――憲法をみっともないと言い放つバカ者――が、破壊しよ うとしている。 《つぶやきのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悼話§土井たか子さん(護憲派)

何とも政情不安定な状況の中、土井たか子が亡くなった。享年八十五 今の憲法がどれほどの恩恵を日本に、そして日本人に与え続けてきた ことか、そんなことなど知らぬが仏のごとくに憲法を改正しようだな どと、口を開けば愛国心愛国心と、表面ばかりで中身空っぽの偽愛国 者が目論んでいるが、とっくに彼らの化けの皮は剥がされつつあり、 日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§黄金週間徒然草~2014.05.03~

起きたのは7時過ぎ、外気温は17.7度だった。着替えたのはもちろん 半袖のポロシャツ。世間は暖かいのだ。 そして憲法記念日。どこかの馬鹿な首相が“みっともない”と評した 日本国憲法前文の一節にこういう箇所がある。 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

護話§日本国憲法前文を読む

なぜ、この憲法を変えようと目論むのか。世界に向かって日本の国が 誇れる最も価値のある存在、それが日本国憲法である。 その前文をここに掲げよう。 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~ノーベル平和賞に~

我が愛する日本国が誇る憲法第9条をノーベル平和賞にしようと…… ……考えた人達がそれを実行に移し、ノーベル平和賞委員会に提出し たところ、278件ある今年の平和賞候補の一つに選ばれるという、 これは本当に意義のある話で、我々は持っている平和憲法を広く知ら しめる絶好の機会ではないか。 《つぶやきのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~憲法は国民の~

政治家が間違ったこと、勝手なことをしないように、歴史の中で…… ……先人達が知恵を絞って行き着いた政治システムが憲法に支えられ ての民主主義であるにもかかわらず、自分を最高責任者であると強弁 して、憲法解釈を曲げていく馬鹿者を我々は何としても食い止めなけ れば、大きな悔いを後世に残してしまいかねないのだ。 《つぶやきの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悼話§堤清二[辻井喬]さん(西武パルコ)

大学時代に池袋西武上階の本屋“リブロ西武”の奥にあったカフェで ギャルソンのアルバイトを2年間ほどしたことがある。 カフェ厨房奥の突き当たりに従業員用の階段があり、そこを何人かの 秘書を従えた堤清二が、駆け上がったり駆け下りたりする姿を何度か 目撃したことがあって、何ともエネルギッシュな人だと思っていた。 1970年代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§黄金週間雑感~2013.05.03~

ゴールデンウィークも後半戦に入った。早朝に残っていた雲も切れ、 寒さは感じるが爽やかな青空が広がった。 それにしてもこの寒さである。例年の陽気であったら、5月に入った 頃合いで半袖を取り出して長袖を片付けるという作業をしていたはず なのに、長袖をしまうというイメージが湧いてこない。 それどころか寝床の羽毛布団が片付かな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§連休閑居~2012.5.3~憲法記念日

夜中に何度か目が覚めたのは、大きな雨音のせいである。本当によく 降った。箱根周辺では一時間に400ミリという集中豪雨で、登山鉄 道が一時運行中止になったという。 5月3日は憲法記念日である。日常に生きる我々が憲法を意識するこ とは多いとは言えない。言えないからといって無関心であるかといえ ば、そんなことはなく、我々の日常は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚話§金がねえなら結婚しない方がいい

なる、日本国某阿呆総理大臣の発言である。それに続いて…… おれもそう思う。うかつにそんなことしないほうがいい ……とお言葉が続くのだった。そんな明らかな失言のフォローが…… 「むしろ若者の就職対策を進めなくてはいかん という思いが出たのではないか」 ……というのはいかにも苦しいというか、フォローにも何もなってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

希話§平和を求める以外の選択が・・・

想像力があろうがなかろうが、体験をしていなかろうが、戦争という 状況は悲惨なものなのである。だから、歴史を謙虚に学ぼうとしない 人間は政治を司る資格などないのだ。 他者の痛みを感じ取ろうとしないから、世界のどこかで現実に起きて いる戦争、あるいは内戦状態の報道に接しても、鈍感な人間の少なく ないことに呆然とする。 少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

判話§裁判員はじめました

第一号に選ばれてしまった人達の気苦労や思うべしである。 ともあれスタートした裁判員制度だが、この先様々な不備や想定外の 事態が起こってきても不思議ではない。そうしたことには、きちんと 対応して少しずつ充実した制度に改善されることを希望するのだ…… 人が人を裁くという難しさ ……誰も好き好んでしたいと思っていないのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§気まぐれ連休~09.05.03~憲法

憲法記念日だった。もちろん基本的なスタンスは…… 護憲 である。このような状況であるからこそ、我が憲法を最善と思わずし て何があろうかと思う。護憲であることの矛盾と困難さもおぼろげに ではあるが知っているつもりである。我々の基本的な最低限の生活と 人権を維持させる力を現行憲法に与えるのも、我々自身の日々の努力 が必要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利話§政治家の世襲・・・なるもの

職業選択の自由であるとか色々と理由をつけていらっしゃるようだが 百歩譲って“世襲”を認めるにしても、国替えを義務づければいいだ ろう。 少なくとも親の選挙区がある当該都道府県と隣接する都道府県からの 立候補は禁止である――東京が地元だったら、千葉、埼玉、神奈川、 山梨――ということでどうだろうか。 そうしたらそうした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more