テーマ:イギリス

別話§イギリスのEU離脱狂騒曲

1814年、ナポレオン失脚後のヨーロッパの秩序再建と領土分割をテー マに開催されたウィーン会議は“会議は踊る、されど進まず”という 言葉を産んだが、今のイギリスの政治状況こそ、まさにそれである。 順調であれば、明日にもイギリスのEU離脱が実現するはずだったが どうやらそういうことにはなりそうにもなく、離脱強硬派のボリス・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世話§ラグビーワールドカップ・プール戦[3]

10月5日、東京スタジアム(味の素スタジアム)で行われたイングラン ド対アルゼンチンのプール戦は、前半18分に危険なタックルによって アルゼンチンのセカンドローがレッドカード退場したことで、一気に 試合への興味が失われてしまうことになった。 ↓気持ちのいい秋晴れだが最高気温は30度超 ↓プレパフォーマンスは府中の太鼓 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放話§自国第一主義の危うさ

イギリスが2016年の国民投票で“EU離脱(ブレグジット)”すること を賛成過半数で決めたが、そこには離脱を煽りまくった保守党の強硬 派の存在が大きい。 あちこちではびこりつつある“自国第一主義”を声高に叫んで、あた かもそうすることが国の利益につながると言わんばかりなのである。 ところが、国民投票から3年近く経っても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~ブレクジット~

イギリスのEUからの離脱(ブレグジット)交渉には様々な問題が…… ……存在していることが顕著になったが、21世紀の地球上において、 一国だけが何の損をすることなく利益を得続けるなどとは不可能なこ とで、様々なところで他国との関わり合いが相互利益を生み出してい るのが現実なわけで、どうにも偏狭な考えの人間による不健全な反グ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日話§ジャパンタクシー

“ジャパンタクシー”と呼ばれる、ちょっとロンドンのブラックキャ ブに似ているタクシーが走り始めたのは、確か一昨年のことだった。 ↓上がジャパンタクシー、下がブラックキャブ(ウィキペディアより) 走っているのを見た瞬間に、ロンドンのタクシーが輸入されたのかと 思ったが、その後調べてみたらトヨタ製で、上級グレードの“匠”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~さらに5年を要して~

1781年10月19日、アメリカ独立戦争終結。 アメリカ合衆国独立宣言が行われたのは1776年7月4日のことだった が、何と、イギリスが降伏するまでにさらに5年の月日を必要とした のである。 2世紀以上前であっても、いかに独立という行為が大変だったかとい うことを思い知らされるではないか。 独立とはニュアンスが違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英話§ローラ・アシュレイ店舗撤退

イギリスの服飾雑貨ローラ・アシュレイが日本の店舗を全撤退させる というニュースを見て驚いた。 30年以上前には同居人が何枚かの服を買い求めていたし、大規模リフ ォームをした時には、カーテンなどをローラ・アシュレイで誂えたり もしたのである。 イギリスらしく、何とも品のいいデザインが気に入っていたので、何 とも残念な話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[48]ウィスキーは

[承前] しばしば酒の味の良し悪しには不案内と書いているが、それは嘘偽り ないことである。特にウィスキーは頻繁に呑むわけではないので、何 が何やらのまま歳を取ってしまった。 宮仕えをしていた頃、酒を呑んで食事をした後に時々だがバーなる店 に行ったことはあった。2軒も3軒もハシゴすることはなかったし、 バーに行くといっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英話§イギリスのEU離脱~その後~

国民投票から2週間。イギリスのEU離脱“その後”である。離脱が 決まってこのかた、祝賀ムードもどこかへとすっ飛んでしまい、今は “Bregret”という言葉が蔓延している。“Britain”と、後悔を意味 する“Regret”との合成語である。 さらにEU離脱を主導した政治家が、離脱によるメリットが嘘であっ たことを認める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜些事~イギリスのEU脱退~

“Brexit”という新しい言葉はBritishとExitを合体した、イギリスの EU離脱を表す造語である。 あっという間に旧聞ということになってしまったが、イギリスにすら 行ったことのない第三者の感覚的な感慨をまとめておく。 6月23日、国民投票の結果が出た直後のアメリカABCニュースでは 「今頃になって“EU”をグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

告話§ビッグイシュー281号発売中!

ビッグイシュー281号は2月15日から発売されています。お買い求 めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。 180円が販売者の収入に。ウィリアム王子が表紙。 【内容の一部】 表紙&スペシャルインタビュー ウィリアム王子 リレーインタビュー 辰巳琢郎 特集 春への扉 はじまりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流話§一年前の秩父宮ラグビー場は・・・

イングランドで行われたラグビーのワールドカップは、ニュージーラ ンド・オールブラックスが優勝をして閉幕した。 ちょうど一年前に観たのが日本対マウリ・オールブラックスのテスト マッチで、キックオフ前の秩父宮ラグビー場バックスタンドの入りは こんなものだった。 うっすらと日本のラグビーも強くなったのかなと思わせたのが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~エリザベス女王即位~

1953年6月2日、イギリス女王エリザベス2世の戴冠式を挙行。 女王陛下も在位62年となった。昭和天皇の在位期間が62年と2週間ほ どなので、このままでいけば今月の半ばには抜くことになるだろう。 どちらも最長在位というわけではないが、長いことに変わりはない。 何しろ、在位60年超という御方がぞろぞろいらっしゃるのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘇話§スコットランド独立住民投票

日本時間で先週金曜日の午後、スコットランドがイギリスからの分離 独立をという住民投票が否決された。イギリス首相であるキャメロン は辛うじて“独立された時の首相”の不名誉を蒙らずに済んだのだ。 EUというグローバル化の象徴のようなエリアの中で“民族運動”が 煽られて独立運動へと繋がっている……世界がグローバル化している …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英話§不破留寿之太夫~文楽~国立劇場

先週土曜日の19時開演で、国立劇場小劇場で行われた文楽公演『不破 留寿之太夫(ふぁるすのたいふ)』を観てきた。結論から言ってしまえ ば十分に楽しめた。とてもおもしろく秀逸な公演である。 粗筋は、自分にとってなじみのない『ヘンリー四世』を下敷にして、 フォルスタッフと楽しく遊んでいたハル王子が、父の死によって王位 を継承…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜日乗~国立劇場小劇場文楽~

今日は新作文楽を観に行ってくる。シェークスピア作『ウィンザーの 陽気な女房達』を元にした『不破留寿之太夫(ふぁるすのたいふ)』と は、要するに『ファルスタッフ』である。 3週間前には松本で、ヴェルディが作曲した『ファルスタッフ』を観 てきたばかり。偶然とはいえ、シェイクスピア原作を元に異種格闘技 を観るようなものではないだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蹴話§ディヴィッド・モイーズ解任

マンチェスター・ユナイテッドの監督だったディヴィッド・モイーズ が今季の成績不振の責任を取らされ、4試合を残して解任となった。 解任が発表された22日の夕方、ネット空間はモイーズ色に染まった。 シーズン前に不安視されていたモイーズとチームに所属してする選手 とのあれやこれやは結局払拭されないままに、消化不良のシーズンが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜日乗~ボストリッジと~

今年の東京・春・音楽祭も明日が最終日となり、今日の夜はイアン・ボ ストリッジとソプラノのソフィー・ダヌマンを文化会館小ホールで聴 くのだ。 当初はボストリッジとメゾ・ソプラノのアンゲリカ・キルヒシュラー ガーがヴォルフのスペイン歌曲集を歌うことになっていたのだが、キ ルヒシュラーガーにドクターストップがかかって来日できなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悼話§ピーター・オトゥールさん(俳優)

ピーター・オトゥール主演の『アラビアのロレンス』が封切り上映さ れたのは1962年、小学校低学年の頃である。結局、これまで観る機会 がないままなのだ。 彼の出演作品で観ているのは『冬のライオン』と『チップス先生さよ うなら』の2本。どちらも共演した女優がすばらしく、冬のライオン はキャサリン・ヘプバーンと、チップス先生はペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

管話§パイプオルガンあれこれと・・・

フランスのオーケストラが韓国で“オルガン付き”と呼ばれているサ ン=サーンスの交響曲第3番を演奏しようとしたら、コンサートホー ルにオルガンがなく、電子オルガンで代用するという話を聞いた。 日本だって40年近く前まではコンサートホールにオルガンなどなかっ たということを覚えている身にしてみれば、いずれは設置されるだろ うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜雑感~母校のチャペルにて~

我が母校チャペルのパイプオルガンが建造中から完成に近づいたとい うタイミングで、地域校友会の有志と見学に行くことになっている。 日本ではオルガンを聴く機会が極端に少ない。先週までの休暇の間で は、朝方に山の中にある小さな教会の横を歩いていたら、オルガンの 音が聞えた。ちょっとだけと思って会堂に入ると誰もおらず、上階で 一人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寿話§ローヤル・クライアーが誕生告知

Royal Crier ……意訳するなら“王家の伝令”とでもいうところか。 イギリス王室のウィリアム&キャサリンのカップルに男の子が誕生し たのは22日のこと。映像は、誕生したことを伝えるローヤル・クライ アーのがなりたてるような告知の英語は、一言も理解できなかった。 通信手段が人力によるもの以外に何もなかった“…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町話§ピーター・グライムズ[下]新国

[承前] 演出でグっときたのは、礼拝している村人が、聖書と思しき白い紙を 顔を覆うように上げていた場面。まさに無関心を象徴している場面だ が、それまでグライムズのことを気にかけていたエレンが最後の最後 に膝の上に置いていた白い紙を、ためらいながらも他の村人と同じよ うに上げていった場面だった。これこそがこのオペラの“村八分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町話§ピーター・グライムズ[中]新国

[承前] オケピットから湧き起こってくる『ピーター・グライムズ』の音楽は 研ぎ澄まされた凄みでもって客席の我々を攻め立てたり、時には優し く包み込んでみたり、実は無慈悲に残酷な響きだったり。ブリテンが 31歳に作曲したという驚き。 そして、ウィリー・デッカーよる演出(モネ劇場レンタル)と舞台が、 寒々しいイギリスの漁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町話§ピーター・グライムズ[上]新国

[承前] ある意味“観ておくべき”オペラの中では、観る機会も少ないのと、 重い題材に及び腰になっていた筆頭がベンジャミン・ブリテンの手に なる『ピーター・グライムズ』である。 というわけで、今回の新国立劇場公演もチケットを取らないままでい た。それが重い腰を上げたのは、評判がすばらしく良好だという、他 力本願的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倫話§ロンドン・オリンピック終わる

月曜日の朝目覚めた時には、まだロンドン・オリンピックの閉会式が たけなわだったようだが、テレビをつけないままに過ごしてしまった のである。 このブログを初めて2回目の夏季五輪だったが、前回北京大会の時は ドイツ方面に長期旅行していて、時差のある中で、しかも日本選手の 動向が見えぬままに、ドイツ人選手を中心とした競技の映像を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倫話§女王陛下とMr ビーン

ロンドン・オリンピックの開会式をリアルタイムではほとんど見てい ないので何がどうだと論評のしようはないが、さすがにイギリスだと 思った演出を2つ。 主役はエリザベス2世(本物)で、現在007を演じているダニエル・ クレイグを従え、ヘリコプターでオリンピックの開会式会場にパラシ ュート降下(もちろんこちらは偽者)しちゃうとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴話§イギリス王位継承順位・・・

ウィキペディアをうろついていたら、おもしろいものに出くわした。 役に立つとか立たないとかそんなこと関係ない(これマメ知識な!)と いうやつである。 “イギリス王位継承順位”というものである。日本語ページには、主 な王族の名前が大雑把かつ簡潔に紹介されているだけで、一覧を知り たいのだったら別のページがこちらにあるので参照す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§連休呟き~チケット~2011.4.29

連休初日からいいことがあったので気分がいい。 一昨日、大相撲技量審査場所のチケットがはずれたと書いたが、この 日行われた先着順予約で何とか2人分を確保することができた。 しかしなあと腑に落ちないのは、発券手数料だとかシステム手数料と 称して取る額の多さである。それが一枚あたりとかいうのだから、ま とまるとけっこうな額に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衆話§ポピュラーのコンサートに行く

これまでに、どれほどのポピュラー関係のコンサートに行ったかなと 記憶をたどってみたが、これがまあそれなりに出向いていることに思 い至った。ここ30年ほどの外来アーチストに限って列挙すると……。 サイモン&ガーファンクル、ローリングストーンズ、マンタッハン・ トランスファー。シャンソンはけっこう聴いていて、シャルル・アズ ナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more