テーマ:

継話§鴻鴈北~七十二候~清明

清明の次候“鴻鴈北(こうがんかえる)”である。 すっかり桜は散ってしまって、既に葉桜の季節へと移りつつある。 あれほど“桜!桜!”と浮かれて人たちはどこに行ってしまったのだ ろうか。それに……わざわざ桜の名所に繰り出すという、その意味が いよいよ理解できないのだ。 そして言うまでもないが、そうした人たちは桜花にしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜消息~桜の日々~

例年であれば桜の入学式であるのが、この春は桜の卒業式になってし まったのも珍なるかな。 開花してから散りゆくまでの2週間ほど、日本人は熱に浮かれるかの ように桜だ桜だとうわごとを繰り返すのである。 そして、わざわざ桜の名所とやらに繰り出して混雑を助長するという 不思議。それほど自分の住まいの周辺に桜が咲いていないのかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2018年4月4日付~

3月21日……我が家がある団地敷地内の桜が開花した。東京都内から 遅れること4日、我が家前の辛夷(コブシ)並木の開花から2週間後の ことである。 3月21日……同じ日、東京都下多摩丘陵は降雪に見舞われた。東京都 内はみぞれという記録になるが、例によって“豪雪地帯”の誉れ高い 地域なので、驚くにはあたらない。 驚きだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2018年4月3日付~

3月17日……東京の桜が開花した。 平年より9日早く、2002年と2013年に記録した3月16日に次ぐ早さで ある。1月の寒さが例年よりも厳しかったので、開花が遅いのではな いかと思っていたが、2月以降は寒さが緩んできたようで、あっとい う間の開花宣言である。 開花予想するための目安として、1月からの最高気温を日々積み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継話§桜始開~七十二候~春分

春分の次候“桜始開(さくらはじめてひらく)”である。 桜と一年ぶりの対面である。平均寿命から考えるなら、この先に桜と の対面が叶うのは20回かそんなものであろう。 ねがはくは 花のもとにて 春死なむ その如月の 望月のころ……西行 が詠んだ一首である。 六代目中村歌右衛門が亡くなったのは2001年3月31日のことだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜消息~速い速い~

3月も来週の土曜日でおしまい……世間はすっかり春である。 ほんの2週間ほどの桜の季節の間は、日本人が最も屋外に出て歩き回 る時季にもあたっていて、人々の顔も何となく和らいでいるように感 じるのだ。 だから、思わず浮かれて羽目を外す輩が出てくるのもむべなるかな。 そんな年齢などとうの昔に過ぎてしまっていて、もう何年も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜消息~春はそこまで3月半ば~

桜の候までは、もう一息だ。外気温も15度を割ることがなくなり、ま ずまず穏やかな陽気となって気分もよろしい。 季節は白い辛夷(コブシ)を経て、我が家周りでも来週半ば過ぎには、 桜の開花を迎えることになるだろう。 ここまで来ればしめたもので、春はもうそこまでである。 《日常のトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継話§菜虫化蝶~七十二候~啓蟄

啓蟄の末候“菜虫化蝶(なむしちょうとなる)”である。 さてさて、次は春分である。いよいよ春がやって来る。 今日の日の出は5時51分、日没は17時49分で、昼と夜がほぼ同じ時間 となる。数日後の春分の日の日の出は5時44分、日没は17時54分とな って、昼の時間のほうが長くなってしまっている。これは、何度か書 いているこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環話§雉始なく~七十二候~小寒

小寒の末候“雉始雊(きじはじめてなく)”である。 小寒なれど十分に寒い。この冬は既に12月から寒かったが、いよいよ 寒さの底に突入である。 寒さは厳しいが、あと2か月ちょっとで桜が咲くのだということまで 思いが至らないのは人間の常であろう。今の寒さばかりに眼がいって ほんの2か月先の大きな喜びについては気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無話§十月終了のお知らせ~桜を考える~

毎年この頃になると気がつくことがあって、桜が咲いていた今年の時 期より、来春の桜のほうが近づいているということなのだ。要するに 5か月足らず先には桜が花開くのである。 散ってしまった直後に“桜が咲くのはいつかなあ”と考えるのは、ま あ普通の感覚だが、人間は半年も経つと桜のことは忘れてしまうよう で、こうして10月最終日に桜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2017年4月の天気模様を振り返る

4月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認 して、より詳細な気象状況をチェックできる。 何とも体感的には寒い4月だった。振り返ってみれば、雨がちの日が 13日あって半分近くがぐずついていた。桜が咲いた盛りの頃に曇りや 雨の日が多かったせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2017年3月の天気模様を振り返る

3月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認 して、より詳細な気象状況をチェックできる。 平年より早く桜の開花はあったけれど、寒い3月だった。最低気温が 2ケタ10度台になった日は一度もなく“春は名のみの”の寒い月にな ってしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜片々~4月だ4月~

東京の桜も満開のようである。体感的には四半世紀前よりも一週間く らい満開のタイミングも早まっているような気がしている。 ともあれ4月がやってきた。恒例により、東京の日の出と日没時刻を お知らせしておこう。月末、日の出は4時台に入る。そして日没は、 18時半に近ずいていて、陽が伸びたことをさらに実感できるだろう。 た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環話§雷乃発声~七十二候~春分

春分の末候“雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)”である。 春分もはや末候となり、明日には3月も終わる。そして4月は本格的 な春になるという手はずなのだ。東京では、3月21日に開花宣言がな されたので、4月になればほどなく桜が満開になってくれるだろう。 ところで明日は年度末……1978年に入社した同期のうち、現役の連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more