テーマ:アメリカ

顧話§今日の歴史~トランプもそうなれ~

1973年5月17日、ウォーターゲート事件上院公聴会開始。 ワシントンの民主党本部があるウォーターゲート・ビルに何者かが盗 聴器を仕掛けた。その何者がホワイトハウスの関係者であると発覚。 大統領だったニクソンの関与もあり、最終的には大統領辞任に追い込 まれた一大スキャンダルなのだった。 月日は巡り、トランプ大統領のロシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放話§自国第一主義の危うさ

イギリスが2016年の国民投票で“EU離脱(ブレグジット)”すること を賛成過半数で決めたが、そこには離脱を煽りまくった保守党の強硬 派の存在が大きい。 あちこちではびこりつつある“自国第一主義”を声高に叫んで、あた かもそうすることが国の利益につながると言わんばかりなのである。 ところが、国民投票から3年近く経っても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~敗戦から13年~

1958年2月8日、日本本土からアメリカ占領軍の撤退完了。 1945年8月、日本が第二次世界大戦に敗北して以来続いていた、アメ リカ占領軍の駐留は13年に及んでいたと知る。先立つ1956年には国際 連合の加盟が認められたが、国内的には“占領状態”にあったのだ。 さらに21世紀になった今でも、沖縄の基地問題は解決していない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~酒は呑め呑め~

1919年1月16日、禁酒法がアメリカ議会を通過。 時に強烈な原理的道徳心が力を持つ。清教徒(ピューリタン)の力が強 かったアメリカにおいて、彼らの力が禁酒法を成立させたのだ。 何事もほどほどにという人間が圧倒的に多いはずなのに、極端に走る 人間を基準にして、それをもって“酒は悪”と認定し、酒を禁止して 取り締まるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~アメリカ奴隷制度廃止~

1865年12月18日、アメリカ合衆国憲法修正第13条。 アメリカで南北戦争があったのは1861年から65年にかけてのことで、 奴隷制度に反対していた北軍が勝利したことで、戦争の直後から奴隷 制度廃止に向けて具体的な施策が講じられることになった。 以来2世紀半が経過した。法制度上は奴隷制度は存在しないが、黒人 あるいは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2018年11月20日付~

11月4日……就寝中の気温が下がってきているので、この日に羽毛布 団を出した。とは言っても、足元に掛けるだけで全身は毛布である。 本格的に羽毛布団のお世話になるのは、たぶん12月に入る頃ではない かと思われるが、毎年そんなものかどうかは記録していない。今年は そのあたりを注意して、備忘録に記載しようと思う。 11月6日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~さらに5年を要して~

1781年10月19日、アメリカ独立戦争終結。 アメリカ合衆国独立宣言が行われたのは1776年7月4日のことだった が、何と、イギリスが降伏するまでにさらに5年の月日を必要とした のである。 2世紀以上前であっても、いかに独立という行為が大変だったかとい うことを思い知らされるではないか。 独立とはニュアンスが違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~ボニー&クライド~

1934年5月23日、銀行強盗クライドとボニーが射殺される。 アメリカ映画『俺たちに明日はない(原題:Bonnie and Clyde)』を観 たのは中学生くらいの頃だった。 要するに“ワル”の男と女が、悪行の果てに警官の一斉発砲で絶命す るという結末だったが、フェイ・ダナウェイのボニーとウォーレン・ ベイティのクライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪話§横田空域という“壁”

日頃から頻繁に飛行機を利用する人はもちろん、日本人のほとんどが 知らないこととして“横田空域”なる存在がある。東日本と西日本を 隔てる空の壁である。 現状は上図のとおりで、東西日本の空の往来を大きく阻害している。 徐々に空域は返還されつつあるとはいっても、この先根幹となるエリ アが返ってくるのは、よほど日本政府が断固と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~繰り返す過ちの数々~

1965年2月7日、アメリカが北ヴェトナム爆撃(北爆)開始。 第二次世界大戦以降に起こった紛争や戦争に、アメリカが軍事介入を して失敗した最大のものがヴェトナム戦争であろう。 奥深く奥深くと、どんどん深入りしていった結果が、無意味な戦死者 の増加と、ヴェトナム国土の破壊と荒廃だった。 こうした失敗に懲りた様子はない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~アメリカ合衆国大統領~

大統領に就任して一年は過ぎたが、任期を3年も残しているのが…… ……歯痒くてならず、日々相変わらず馬鹿な発言や、俺はそんなこと 言ってないの繰り返しには、当のアメリカ国民こそうんざりしている ことと慮るが、何よりも“あの馬鹿”の不用意な発言が端緒となって 世界中が困った状況に陥りはしないかと、それが心配でならない。 《…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~トランプ大統領~

2016年11月8日、ドナルド・トランプが初当選。 悪夢の始まりは、ちょうど一年前のことであった。 そんなにもヒラリー・クリントンは嫌われていたのかと溜息をついた が、それでも渋々ながら当選できるだろうと思っていたのは間違いだ ったのである。 だが、さらにひどい大統領をアメリカ国民は選んでしまったではない か………
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~奴隷解放の立役者~

1865年4月14日、リンカーン大統領暗殺。 正式な布告によれば南北戦争が終結したのは1865年5月9日だった。 戦争状態が終わったのは4月9日ということで、リンカーンがワシン トンの劇場で観劇中に暗殺された5日前ということになる。 黒人奴隷を解放することを目的として起こった南北戦争は、解放を推 す北側の勝利で終わった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~アメリカ大統領~

第四十五代アメリカ大統領なる存在は、アメリカ合衆国における…… ……最悪の品位であり、それは個人的には最も嫌いな類として、その 醜い顔も見たくないし、早く表舞台から消えてほしいと思っているわ けだが、我が国の首相もまた、彼と同類に属する悪質さであることを 忘れてはならないのだ。 《つぶやきのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~早くも閣僚辞任~

トランプ大統領の主要閣僚の一人であるフリン国家安全保障問題…… ……担当大統領補佐官が、就任以前の民間人時代にロシア駐米大使と 接触したとして2月13日に辞任を表明したが、トランプ個人の問題も 含めて、早くも新政権内に綻びが出てきて、個人的にはトランプ政権 本体そのものも、アメリカ国内は言うまでもなく、他国にも迷惑をか け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~大統領就任~

アメリカ合衆国第45代大統領についてだが、自分にとっては最も…… ……忌み嫌うタイプの人間であると最初から感じていて、早く4年と いう時間が過ぎ去って、二期などは言うまでもなく論外で、さっさと 元の実業界に帰ってほしいというのが偽らざる心情なのだが、嗚呼。 《つぶやきのトピックス一覧》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~ジョン・F・ケネディ~

1963年11月24日、ケネディ暗殺容疑者オズワルド射殺される。 1963年11月22日、テキサス州ダラスで、アメリカ合衆国第35代大統領 ジョン・F・ケネディが暗殺された。その様子は日米初の衛星中継―― 当時は宇宙中継と呼ばれた――で伝えられた時のことは、あまりにも 衝撃的だったのでよく覚えている。 その時、容疑者と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~翻って我が国だって~

事はアメリカ一国だけのことではなく、世界中のすべての国家に…… ……影響が及ぶことは確実で、では“なぜ、彼を大統領に選んだ?” と問いかけても、決まってしまったことは覆ることはなく、あらゆる 意味で差別主義者であることが明らかな人間が、最低でも4年間は、 ホワイトハウスの世帯主で居続けることを受け入れるしかないのだが だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米話§アメリカの銃砲所持を考える

アメリカの銃規制派と所持派のせめぎ合いを取材したドキュメンタリ ーを見た。 現大統領のオバマは銃規制派である。アメリカ国内で頻繁に起こる銃 乱射事件を引き合いに出して――それだけではないだろうが――銃砲 売買に一定のルールを設けようと腐心している。 ところが銃所持賛成派は、銃の所持はアメリカ建国以来のもので、憲 法に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~7月4日に生まれて~

1776年7月4日、アメリカ独立宣言。 アメリカがイギリスとの独立戦争の末に独立宣言を出したのは1776年 で、独立が認められたのは1783年のことだった。 1776年といえばモーツァルトはちょうど二十歳、ハフナー・セレナー デを作曲していた頃で、ザルツブルク司教のお抱え作曲家である。そ んなモーツァルトはアメリカとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜些事~沖縄返還四十四年~

1972年の今日、沖縄がアメリカから日本に返還された……基地問題は いまだ解決の糸口すら見いだせていない。 中学生の頃の事である。県内だったか市内だったか記憶にないのだけ れど、本土から沖縄へ、沖縄から本土へと、選抜された生徒が“交換 大使”として派遣されていたことを思い出した。 そして、沖縄に行くためにはパスポートが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~ぃよっ 大統領!~

1月20日、アメリカ合衆国大統領就任式。 このエントリーを書くのに利用しているのはウィキペディアで、その 日の出来事、生まれた人、亡くなった人を調べることができる。 それで出来事を眺めていたら、1937年のフランクリン・ルーズベルト から、2009年のバラク・オバマまで、10人の大統領がこの日に就任式 を行っていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~コカ・コーラ発売~

新連載ネタを思いついた。特に自分にとって興味ある過去の出来事を エントリーとしてアップしようと思う。それで1886年5月8日は…… 薬剤師ジョン・ペンバートンがコカ・コーラの発売を開始 ……したのだそうだ。コカ・コーラの歴史は、既に100年を超えて150 年に近ずこうとしている。そんなコークを初めて口にしたのはいつの …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米話§テイクアウト・コーヒーの蓋

チェーン系コーヒーショップでテイクアウトすると、写真のような蓋 付きでドリンクが出てくる。 実はも何も、これが苦手なのだ。保温のためであるとか、カプチーノ やラテのように、コーヒーとミルクが分かれているのを、うまいこと ミックスさせることができるというのが、穴から飲むのを推奨してい る理由らしいのだが、コーヒーはストレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐話§昭和三十年代~FEN(極東放送)~

[承前] 日本語だと極東放送と呼ばれていたFEN(Far East Network)を聴い たのは、英語の勉強を始めた中学以降だから、厳密には昭和三十年代 の話ではないけれど、気にしないで書き進めてみる。 そんな英語放送の存在を知ったのは、中学入学よりは前だったのかも しれない。ラジオを聴くのが好きだったことが一番の理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生話§マンハッタン・トランスファーLIVE

三連休二日目の日曜日、六本木は東京ミッドタウンという、我々には 何とも不似合いな一角にあるビルボード東京で、マンハッタン・トラ ンスファーのライブを楽しんできた。メンバーは以下の通りである。 トリスト・カーレス(Vocals) ジャニス・シーゲル(Vocals) アラン・ポール(Vocals) シェリル・ベンティーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悼話§マイク・ニコルズさん(映画監督)

映画監督のマイク・ニコルズが逝去した……83歳。 代表作かつ最大のヒット作の一つ、ダスティン・ホフマンが主演した 『卒業』の封切を観たのは中学2年の時である。 ストーリーは何ともなものだったが、サウンドトランクとして使われ ていたサイモン&ガーファンクルの音楽がすばらしくて、むしろそっ ちばかり聴いていたという記憶なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜日乗~ビルボード東京へ~

今日は六本木のビルボード東京に行く。初めてなのだ。 マンハッタン・トランスファーの公演なのだが、リーダーのティム・ ハウザーが先月逝去。ティムに代わってグループのメンバーとして、 アカペラ・コーラスグループ“M-Pact”のトリスト・カーレスが参加 して、いわば追悼公演という形になってしまった。 この先、マンハッタン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悼話§ティム・ハウザーさん(歌手)

マンハッタン・トランスファー(マントラ)の創設者であるティム・ハ ウザーが亡くなった……72歳。 マンハッタン・トランスファーのライブを聴いたのは数度。いずれも 完成度の高いショーを堪能した。それを形作っているベースは、彼ら の卓越した歌唱である。純度の高いハーモニーはもちろん、切れ切れ に切れまくるリズムと卓抜し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭話§錦織圭~テニス全米準優勝~

御多分に洩れず、テニスをやっていたことがある……ちっともうまく などなりはしなかったけれど。 30年以上も前、コナーズ、マッケンロー、といったあたりが活躍して いた頃、ボルグが使っていたドネイのラケットを買った。デザインが 気にいったというだけの話である。もう手元にはない。 そんなわけで、まあ人並に4大大会――とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more