テーマ:定年

歳話§初めての定年[43]39年が経っていた

[承前] 先週の月曜日は、1978年に入社して39年という日だった。本来であれ ば4月1日入社となるところを、土曜日だったので、我々の入社日は 1978年4月3日だったのである。 そして、およそ40年近い年月を一つの会社で過ごせたというのは、マ ンネリだったこともあったはずだが、幸運だったと思うしかない。 37年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環話§雷乃発声~七十二候~春分

春分の末候“雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)”である。 春分もはや末候となり、明日には3月も終わる。そして4月は本格的 な春になるという手はずなのだ。東京では、3月21日に開花宣言がな されたので、4月になればほどなく桜が満開になってくれるだろう。 ところで明日は年度末……1978年に入社した同期のうち、現役の連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[42]最後の同期が

[承前] 先週の金曜日、同期で残っていた四大卒最後の一人が定年退職した。 同期入社は二浪から現役までと3年にわたっていて、早生まれである 彼女が、社員として一番長く仕事をしていたことになる。 入社したのは一緒だが、退職する時は誕生日の前日なので、一人ずつ 少しずつ会社から去っていくのだ。もちろん、昇進した何人かは、本 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[41]どうやら一年半

[承前] 2015年9月17日の定年退職から1年半が過ぎた。 生活していく目途は、どうやらこうやらついてきたようで、毎日毎日 広い意味で心安らかに過ごしていられるのはありがたいと思うのだ。 経済的な面でというなら、固定して入ってくる現金収入は退職した会 社からの企業年金と厚生年金の2本で、これがなければ生活すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜片々~2月最終日曜日~

はい、昨日に続いて……2月だが、今日を入れても残り3日である。 冗談はこれくらいして、定年退職してから1年5か月が経過したよう だ。もうそんなに経つのかと、ちょっと軽くうろたえているところ。 今年の誕生日がくると63歳となり、年金のフル支給まではあと2年に なった。まだまだ先の話だけれど、そこまでたどり着けばずいぶんと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殖話§博打が打てない人です

ここに至って、博打を打つような大胆さなどはない。そもそも昔から 博打の打てない体質である。 博打打ちだったら、会社に入って5年か10年足らずでフリーランスに なっていただろうが、博打打ちではなかったがゆえに37年半の宮仕え を全うするしかなかったのだ。 株も買ったことはない。生半可な知識でどうにかなるような類などで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[40]会社のOB会

[承前] 会社のOB会組織の手伝いを始めて数か月……少しは役に立っている と思いたい。 それはいいのだけれど、最年少会員でも61歳であるという宿命を、毎 月のように思い知らされることがある。人がお亡くなりになるのだ。 そうであるということが頭ではわかっていたのだけれど、事務局に赴 いたところで、世話役から「○〇さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[39]年金生活者として

[承前] 去年の8月一杯で頼まれ仕事を辞めて以降、どうやら“年金生活者” という存在になってしまったようだ。 現状で支給されているのは、勤務先からの退職年金と、退職直後61歳 支給開始の厚生年金で、厚生年金は65歳から満額支給となる。 狸の皮算用ではないが、定年退職する前から頻繁に計算をしていて、 贅沢こそできな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜片々~早くも下旬~

年末の大掃除をしたと思ったら、もう一月が下旬になっていた。油断 もスキもない、そんな時の速さである。 定年以降の日々は目立った起伏もなく、ある意味では淡々と単調であ るのだけれど、翻って仕事をしていた時代がヴァラエティに富んでい たのかといえば、決してそんなことはなく、ある意味ではルーチンの 繰り返しであったのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[38]リクルートスーツ

[承前] 定年の対極である就職活動について思い出したことを書いておこう。 いわゆるリクルートスーツのことである。 あれが“いつ、どのように”発祥したのか……まさにジャストのタイ ミングだったということなのだ。といっても自分自身はリクルートス ーツを着たことはなく、大学入学の時に親が買ってくれたスーツを着 て面接に臨ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[37]ちょっと手伝い

[承前] 8月一杯で週2日の仕事を辞めてしまった後は、何をするでもなく、 のんべんだらりとした日々を送っていた。 そうしたところに、会社のOB会から催し物の連絡のはがきに近況を 書いたら「それを会報に載せるので、作成した原稿と写真を持参する ように」と言われて、神保町の古巣のビルにあるOB会の事務局に出 かけていった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怠話§髭剃りをさぼることさぼること

いかんいかんと思いつつも、出かけたり、人に会ったりしないのをい いことに髭剃りをさぼりまくっている。先週などは9日間も剃らずに いたことが発覚した。 人に会わないというのはなかなかに説得力ある理由で(え?)、実情を 考えれば、月に一回か二回で事足れりだったりもするが、これは個人 的には“お肌の保護”なる観点からも望ましかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜些事~何もない日常~

定年後の日常がどうなのか、他人様と比較したことがないのでわから ないが、自分のようにぐうたらとしているものなのだろうかと思う。 まあ、要するに呑気な日常になってしまっている。自宅での滞在時間 が長くなって、外出するのは週に2回くらい……スーパーマーケット での買い物はほぼ毎日出かけている。 家事も、朝食と昼食の準備はし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜些事~淡々と10月終わる~

去年の今頃は職安通いを始めていて、10月の間に3回出向いている。 初回が10月13日で離職票を持参、講習なるものを2回受講し、その後 11月に入って、ようやく失業手当が支給されたのだった。 日程をこなしていくのは苦手ではなく、時間通り指定の場所に行けば いいだけのことで、それを続けて、およそ半年失業手当の支給を受け たのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§そして同期の呑み会など

1978年に入社した同期は、4年制と短大を合わせて33名。寿退社やら 中途退社、残念ながら逝去という人たちがちょうど半分ということに 気がついた。 残った同期には、本社や子会社の役員として残った人間もいたりで、 現役続行中も少なくはないが、社員としては4年制の人間が来年度末 で、短大卒があと2年でひとまず定年となる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜些事~秋に向かって~

10月に入って“秋めいてきた”感じがしている。とはいっても、今週 半ばあたりには真夏日になりそうな陽気もあったりするから油断など できないのだけれど。 とはいいながらも、我が家周囲の木々の葉も色づきが顕著になってき ていて、物寂しい秋の様子である。 定年から一年が過ぎ、すっかり隠居生活も板について落ち着いた日常 を送…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜些事~一年前は事務雑務~

自分がやるのであればまだしも、どこかの役所やら事務所の類に出向 いて申請作業をというのは苦手だ。できることならやらずに済ませた いというのが本音なのだ。 そんな面倒なことをコツコツと粘り強くこなしていたのが一年前のこ とだが、それらの一つ一つを片づけていかなければ、定年退職後の生 活が立ちいかなくなるからである。 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜些事~定年退職一周年~

定年退職したのは一年前の今日である。この一年間にどういうことを してきたのかは、ブログをひっくり返してもらえればわかることなの で、いちいち繰り返すことはしないが……。 最初の半年は“事務作業”がふんだんにあって、宮仕えの間は会社が 代わりになって処理してくれたような類のあれこれも、すべて自力で やらなくてはならなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜些事~毎日が日曜日では~

定年退職し、気がついたら7月も最終日。既に10か月が過ぎていた。 何となく感じることだが、日々をそれなりに忙しく過ごしてはいる。 もちろん、月曜日から金曜日までの5日間を自宅と会社の往復、仕事 に明け暮れていた時とはまったく性質の異なる忙しさであるのだが。 忙しいと言うには微妙にニュアンスが違うような気はするけれど…… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移話§土潤溽暑~七十二候~大暑

大暑の次候“土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)”である。 一年前のこの時期の東京は、35度前後の猛暑日を連日記録していた。 気がつくまでもなく、我が会社生活もどんどん最後が近づいていて、 明けて8月一か月間は、残りに残った有給休暇の消化にあてたのだ。 で、会社にいればエアコンの環境下でそれなりに快適な時間を過ごす こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勤話§今日は給料日・・・・・・ではない!

去年退職した会社の給料日は毎月26日だった。普通だったら25日とい うはずが、どうして26日と決まったのだろうか。 それを経理の人間にでも聞こう聞こうと思いながら、それを果たせぬ ままに定年を迎えてしまった……まあ、経理の人間に聞いたとしても 「さあそれは、何しろ大昔に決まっていたことですから」などという そんな答えしか返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角話§クラウス・ヴァレンドルフ定年退職

1980年からベルリン・フィル第3ホルンを吹いていたクラウス・ヴァ レンドルフが35年に及ぶオーケストラ生活から定年退職をしていた。 去年のシーズン終了をもってメンバー表から消えていたが、フェイス ブックに定年退職セレモニーの様子がアップされたのは、6月28日の ことである。 上の映像は、ひっとして一度紹介した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[34]去年の住民税が

[承前] 去年の所得にかかる住民税の納税通知書が届いた。くどいようだが、 ちょっと説明しておくと、今回支払う市民税と都民税は、昨年の1月 から、定年退職した9月までの給与所得に対してのものである。 会社に入って2年目の6月、気がついたら、給料の手取り額が目に見 えて減っていて、それで住民税が課せられ始めたことを知っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜些事~6月最後の週末~

おやおや、今年も半分が過ぎ去ってしまうではありませんか。6月も とうとう最後の週末となってしまった。 定年退職してこのかた、時間の過ぎる速度がまた上がったような気が する。週2日、火曜と金曜に仕事で出勤しているのだが、その合間の 水曜と木曜だが、気がつけばさり気なく、あっという間に過ぎている ように感じるのである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[33]仕事の体力

[承前] 61歳誕生日の前日=60歳満了日に定年退職したわけだ。仕事を続けよ うと思えば、続けられなくもなかっただろうが、まあ“潮時”という 思いも強く持っていて、今のような状況になっているわけである。 ただもちろん、三十代や四十代の時のような無理のきく体力などが残 っているわけなどはなくて、そのあたりも定年以降の嘱託…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[32]家にあって

[承前] 定年後の夫の居場所が家にない……よくある話なのかどうか、それは わからない。 個人的には、定年前の休みだった土日の2日間から5日間と倍以上に 増えたという程度の認識である。そこから考えるならば、これまでの 土日の居場所がそのままの居場所として有効じゃんと思うのである。 ただし家にいるためには、それなりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[31]スーパーバイザー

[承前] Supervisor……“V”だから、スーパーヴァイザーと表記するほうが よさそうだが、広く一般的には“スーパーバイザー”で通っている。 なので、ここでもスーパーバイザーを使わせてもらう。 4月から非常勤で週2日の仕事を始めたことは、何度も書いている。 5月に入って名刺ができあがった。その肩書が“パブリッシン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[30]週に2日の

[承前] 週に2日、火曜と金曜のお仕事は今のところ楽だと感じている。しか も11時にスタートして18時前に終わるというのも、最終的に完全リタ イアを目指している自分にとっては、実にありがたいローテーション である。 そんな仕事をさせてもらっているから、それほど報酬を求めることは しなかった。交通費に出勤した日数に応じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳話§初めての定年[29]再就職一か月

[承前] いわゆる再就職による出勤を始めてから一か月が経過していた。ちょ うど一週間前のことである。 4月の出勤日数は7日……そんな程度でしか出入りしていないが、な かなかに大変な職場であることは、しっかりと理解できたつもりだ。 週に2日、我が家を10時前に出て、最寄り駅から都営新宿線大島まで 50分ほどだが、苦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

養話§ゴールデンウィークが始まる

定年退職して初めてのゴールデンウィークがやって来た。年末年始の 休み以来の大型連休である……とはいえ、要するに既に関係などない 身の上ではある。 世間的には今日から5月5日までの一週間がゴールデンウィークだろ う……会社によっては、2日と6日を休むことで8日までの10連休を 実施するところも少なくないと思われるが、今の自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more